Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー小林智樹(アニメーション監督) - 「ぼくたちのリメイク」当たり前の物語にしたくなかったんです

「ぼくたちのリメイク」当たり前の物語にしたくなかったんです

2021.07.04

 誰しもが1度は考える過去に戻ってのやり直し。そのドラマを丁寧に描いた群像劇『ぼくたちのリメイク』がTVアニメ化。『ぼくリメ』チームを率い、アニメでは難しいとされるリアルな心理描写に果敢に挑戦している小林智樹監督に作品に対する思いを伺いました。[interview:柏木 聡(LOFT/PLUS ONE)]

丁寧に描かないとドラマを支えきれない

──『ぼくたちのリメイク(以下、ぼくリメ)』はラノベっぽくない作品だなと思いました。実写でも通用しそうなドラマですね。

小林:おっしゃる通り、実写化も出来る作品です。アニメ化するにあたり、企画当初から「今はノンストレスな作品が多いので、差別化をするためにドラマを重視した作品にしたい」という思いもあったそうです。

──確かにノンストレスな作品は飽和状態ですからね。タイムリープがあるので異世界転生のようではありつつ、実際はかなり薄めなのでいわゆる“なろう”系とは違いますし。

小林:そうですね。タイムリープの利点を生かして問題解決していくという物語ではないですね。

──(橋場)恭也に社会人経験があるくらいで、特別な能力があるわけではないですからね。

小林:そうなんです。

──原作を最初に読まれた時はどうでしたか。

小林:面白かったです。ただ、監督目線で言うと難しい作品だなと思いました。読み物として面白い作品とアニメーションとして面白い作品は違うんです。

──違うというのは。

小林:『ぼくリメ』はアクションやギャグといった場を持たせられるものが無いので、画としては地味になってしまうんです。こういった作品だととにかくドラマをしっかり描かなければいけない。そこを支えていくには地味な作業が必要になりますが、作画や背景・小物含めて地味でも丁寧に描かないとドラマを支えきれないんです。

──日常芝居は誤魔化しが効かないですからね。

小林:そういう意味でのハードルの高さを感じました。アクションとは違った難しさ・エネルギーが必要になりますね。

──そうなるとキャラクターの力・魅力もより必要になりますね。

小林:そうですね。feel.の瀧ヶ崎(誠)さんも制作会社feel.の強みは、アクションより魅力的で可愛い女の子を描くことだと考えているそうです。

──確かにfeel.の作品は女の子が可愛いイメージあります。

小林:feel.は社長である瀧ヶ崎さん自身が現場に出てリテイク出しする珍しい会社なんです。普通は代表になると現場に任せる人が多くなるんですが、瀧ヶ崎さん自身がfeel.の売りを気にしながら作品を観ているんだと思います。

──代表自ら指揮を執るというのは凄いですね。

小林:そういう意見をいただけるのは、ありがたいです。ともすると制作の人たちは作品を完成させることが目的になってしまって、出来るだけ負担をなくそうとリテイクを避けたがるんです。もちろん絶対に直さないといけない部分はちゃんとリテイク指示が出来ますが、大丈夫な部分を流すことが多くなる。そこをfeel.は妥協せずに言ってきてもらえるのでありがたいです。

──そこは『ぼくリメ』の恭也たちの関係性に近いですね。

小林:そうですね。ビジネスとしての妥協とクリエイターとしての理想という意味ものは常に悩ましいところですね。ほんとのところは、プロの世界ではあそこまでわがまま言えないなと『ぼくリメ』を見ていて羨ましさもあります。

──学生時代だからこそ出来る部分ではありますよね。

小林:プロ・アマ関係なく葛藤・ぶつかり合いはあってしかりです。このぶつかり合いは、アニメ業界でも多いですよ。監督の立場としてはこだわって欲しいと思うけど、制作の立場からすると予算のこともあるので、難しいところです。その判断はいつも悩ましいところですね。

──恭也の思考の面でタイムパラドックス要素が出ていますね。その葛藤に繋がる面でも第1話で描かれている恭也の姿・ドラマはかなり重たい話でした。

小林:木緒(なち)さんからいただいたアイデアでもあるんですが、当たり前の物語にしたくなかったんです。そこを意識したからこその第1話になっています。不安に感じることもありましたが、あれで正解だったと思っています。

──あの構成があったからこそ、恭也だけでなく河瀬川(英子)も生きているんだと感じました。

小林:そうですね。あの第1話があるから河瀬川も立ったと作っていて感じています。

──アニメだと河瀬川が立ちすぎていて、ヒロインに見えてしまうなとも感じました。

小林:恭也との関わりという面では河瀬川は大きいですね。でも僕は『ぼくリメ』のヒロインは志野亜貴(以下、シノアキ)だと考えています。恭也を支えていたのはシノアキの絵ですから。

──スマホの待ち受け画面にもしてますもんね。

小林:バックグラウンドの描き方もシノアキだけ違うんです。

──確かにシノアキの描き方は他のみんなと違って特別な感じはします。

小林:原作者の木緒さんとしても中心にいるのはシノアキなんだと思います。

ドラマを丁寧に描くということを意識

──木緒さんとはアニメ化に際してどういった話をされたのですか。

小林:木緒さんにはアニメの脚本チームにも入っていただいています。今回は特に冒頭のドラマを濃くしているので、その部分を含め木緒さんには物語全体を支えていただいてます。半分くらい木緒さんに脚本を書いていただけていて、僕たちが作品に対して感じた疑問も細かくお答えいただけていけるので本当に助けていただいてます。

──原作・アニメともに1つのチームとしてアニメ制作されているんですね。

小林:木緒さんは色々な仕事をされていてアニメ化で必要な事を解っていらっしゃるので、そこも大きいですね。

──木緒さんはアニメの脚本もされていますから本当に頼もしい限りですね。木緒さんとお話しされたなかで印象的なことはありますか。

小林:ドラマを丁寧に描くということを意識されていて、脚本を読んでいてもその点は強く感じています。木緒さん自身の経験を反映されているのかもしれませんね。

──だからこそ、ドラマをよりリアルに感じられるんですね。キャラクターデザインに関してはいかがでしょうか。

小林:えれっとさんも作品愛が強くコダワリを持っている方なので、可能な限り作品に落とし込んでいきましたね。そこはキャラクターデザインの川村(幸祐)さんに本当に頑張っていただきました。

──キャスティングで大変だったことはありましたか。

小林:恭也は主人公で作品の中心になるのでもちろんですが、奈々子には歌があるのでその点も重視しないといけませんでした。

──奈々子は下手に歌うシーンがちゃんとそうなっていたので、ビックリしました。

小林:そこはあえて下手に歌ってもらいました。随所に小説だといけるけど、アニメにすると難しいシーンがあるので大変でした。

──想像してもらう小説と実際に表現しないといけないアニメでは、そのギャップを埋めるのは大変ですよね。

小林:そこは映像化することの宿命ですね。

──メインの5人は年も近いですが、そこは狙ってという事なんでしょうか。

小林:大学での話という事で同世代感を出したかったので、キャスティングするときに気にしたことの1つです。この中で一番キャリアが若いのは恭也役の伊藤くんなので、この作品を切っ掛けにしてもっと人気が出てくれればなと思います。

──実際のアフレコはいかがでしたか。伊藤さんは特にキャリアが若い中でも主人公として作品を引っ張っていかないといけないので大変なのかなと思いますが。

小林:『ぼくリメ』世界の理のなかで生きているのは恭也だけなんです。なので、恭也の感情を上手く出さないと物語として成り立たないので頑張ってもらってます。この作品のドラマはやはり恭也の視点になるんです。

──ドラマ重視の作品なのでセリフやモノローグも多いですよね。そこを感じさせない演出バランスも凄いと感じています。

小林:感情を表現するには多くならざる負えないので、そこが観ていて負担にならないようにということは気を付けています。

「ぼくたちのリメイク」(MF文庫J)
木緒なち(著) えれっと(イラスト)  

出版社:KADOKAWA
1巻~第3巻 価格:580円+税
第4巻・第5巻 価格:600円+税
第6巻・第7巻 価格:620円+税
第8巻 価格:660円+税

amazonで購入

「ぼくたちのリメイク Ver.β」(MF文庫J)第1巻~第3巻
木緒なち(著) えれっと(イラスト)  

出版社:KADOKAWA
第1巻 価格:620円+税
第2巻 価格:680円+税
第3巻 価格:700円+税

amazonで購入

コミカライズ
「ぼくたちのリメイク」(シリウスKC) 第1巻~第4巻
閃凡人(漫画) 木緒なち(原作) えれっと(キャラクター原案)  

出版社:講談社
第1巻・第2巻 価格:630円+税
第3巻・第4巻 価格:680円+税

amazonで購入

LIVE INFOライブ情報

TVアニメ「ぼくたちのリメイク」
 
7月3日(土)より順次放送開始!
TOKYO MX・サンテレビ・KBS 京都・BS日テレ・北海道テレビ・静岡放送・AT-X ほか
ABEMA・dアニメストア・Hulu・バンダイチャンネル ほか
 
-staff-
原作:木緒なち
キャラクター原案:えれっと
監督:小林智樹
シリーズ構成:木緒なち
キャラクターデザイン:川村幸祐
音響監督:納谷僚介
音響制作:スタジオマウス
音楽:Elements Garden
音楽制作:ブシロードミュージック
プロデュース:フロントウイング
アニメーション制作:feel.
 
-Cast-
橋場恭也:伊藤昌弘
志野亜貴:古賀葵
小暮奈々子:愛美
河瀬川英子:東山奈央
鹿苑寺貫之:石谷春貴
加納美早紀:沢城みゆき
火川元気郎:高橋英則
桐生孝史:田丸篤志
樋山友梨佳:大塚紗英
杉本ミキオ:落合福嗣
柿原将:中島ヨシキ
橋場美世子:反田葉月 ほか
 
 
©木緒なち・KADOKAWA/ぼくたちのリメイク製作委員会

RECENT NEWS最新ニュース

6th
ロフトチャンネル
平野悠
ロフトオリジナルコーヒー
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻