Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビューいまおかしんじ(映画監督)×小槙まこ(女優)「葵ちゃんはやらせてくれない」- テーマは高尚に、やることはくだらなく

「葵ちゃんはやらせてくれない」 テーマは高尚に、やることはくだらなく

2021.06.07

テーマは高尚に、やることはくだらなく

──葵ちゃんは軽音部に所属していて音楽活動をしているキャラクターですが、小槙さん自身は以前からギターはされていたのですか。

小槙:全くしていなかったです。役が決まってから練習しました。

──オーディションの段階で歌を歌うということはお話しされていたのですか。

いまおか:そうですね。オーディションでは音楽をやっているという人もいましたが、そこはあまりこだわらなかった。振りでもいいかなと。それでも小槙さんにはかなり練習をしてもらいました。

小槙:オーディションで歌はなかったので大丈夫かなと思いました。色々とフォローしていただいて、何とかやりきることができました。

いまおか:何とかなるだろうと。小槙さんを信用してました。

──作詞をいまおか監督が担当されていますが、監督兼作詞家が目の前に居るというのは緊張しませんでしたか。

小槙:そういう面での緊張はなかったです。葵自身の思い出を歌にした楽曲だと感じたので、撮影での思い出を投影することを意識しました。

──いまおか監督は小槙さんの歌を聞かれていかがでしたか。

いまおか:いい歌だなと思いました。ストリートミュージシャンに見えましたよ。

小槙:ほんとですか。

いまおか:ゾンビにならなければいけないし、歌をやらなければいけないし、いろいろ要素が多いですけど頑張ってくれていました。

小槙:初めての経験が多くて楽しかったです。

いまおか:振り付けも現場で森岡君と二人で考えてもらったんです。急にその場でお願いしたら二人とも驚いてましたけどね。

小槙:そうなんです。いまおか監督にもアイデアをいただいて作っていきました。

imaoka.JPG  komaki.JPG

──撮影現場で言われたことで印象に残っていることはありますか。

小槙:カニです(笑)。

いまおか:そんなに印象に残ってるんだ。

小槙:川下さんと意味深な会話をした中で、カニの真似をするんです。「悲しい部分でお茶らけると悲しみがグッと上がってくる」という事を伺ってそうかもしれないと思いましたが、最初にやった時は大丈夫か不安でした。O.K.をいただけたので安心しました。

──そうですね。現実でも緊張感がある時や不安な時にお茶らけてしまうことがあるので、その気持ちをリアルに表現されているいいシーンでした。

小槙:ありがとうございます。

──本当に今作はいまおか監督の思いが込められた作品だなと、お話を伺い改めて感じました。

いまおか:僕は本当に個人的な趣味で作っちゃったなと試写で観直して改めて思いました。

──個人的な趣味というのは。

いまおか:現場で川下先輩が信吾の事を「シンちゃん、シンちゃん」と呼びますが、僕も実際にシンちゃんと呼ばれていたので、ただその言葉を聞きたいがためにそういう設定にしました。

──信吾の名前はいまおか監督のお名前からなんですね。

いまおか:映画を撮るということはどんな作品でも理由があると思うんです。僕はその理由の一つに“いろんな制約の中で、少しでも好きなことをやれたらいい”というのがあります。僕とモデルの先輩の思い出があって、それを自分だけが持っているのはもったいない、嫌だなと思っていたので、その思いを今回の映画には反映しました。物事を残していくということは伝えていくという事だと思うんです。体験した人だけじゃなくて、伝えることで追体験してもらえると世の中が豊かになるのかなと思っています。

──そうですね。お話しを伺って作中でもある「結局未来は変わらない」という部分にいまおか監督の悲しさが投影されているなと感じて、今作がコメディである理由が何となくわかった気がします。

いまおか:深刻にやると観るのも創るのも辛くなりますから、観る敷居は下げたかったんです。「真実は直接目にすると太陽を見るのと一緒で目が焼けてしまう」と誰かが言っていたんですけど、だからこそユーモアでくるんで出す。それがフィクションの良さで、それだからこそ本当のことが言えるんだと思います。テーマは高尚に、やることはくだらなく、それはずっと心がけています。

──川上先輩と葵ちゃんの恋愛はもっと上手くいく展開にしてもいいのではと思ったのですが、あの結末にしたのは何故ですか。

いまおか:タイムリープして簡単にうまくいったら面白くないですし、人生はやり直しても上手くいかないという思いからですね。上手くいかなくても何か別のことを得ることが出来るとは考えています。願いが叶うという事も大事だけど、それ以外の事で世の中はいっぱいできているから大丈夫だよという事ですね。

──精神的なつながりという意味では強くなっていますからね。小槙さんはあの結末をどう感じられましたか。

小槙:葵ちゃんの中での川下先輩の存在が大きくなったというのと、川下先輩の中でも後悔はないのかなと思います。気持ちは凄く繋がってお互いの存在感が変わったので、可哀想や残念だったなというマイナスな感情はないです。

──最初に願っていた以上のものが叶っていますよね。

小槙:そうですよね。

いまおか:最後に信吾が「俺が代わりにやる」となるじゃないですか。それは意味ないと他の人から見たらなるかもしれないですけど、亡くなった人がやれなかったことを代わりにやるというのはあるなと思ってこのシーンに入れました。お父さんが志半ばで倒れたら息子が後を継いでとか、生き残った人が亡くなった人の意思を継ぐという気持ちは解ります。

──そうですね。近い人だと余計にその思いを繋いでいきたいという気持ちになりますから。

小槙:そういう気持ちが生まれるものなんですね。

──熱い話をありがとうございます。それを伺うと映画の見方も変わってきますね。

いまおか:僕の個人的な思いを盛り込んでいますが、楽しんで観ていただけると嬉しいですね。

22.jpg

このアーティストの関連記事

LIVE INFOライブ情報

 

 
映画『葵ちゃんはやらせてくれない』
 
「葵ちゃんはやらせてくれない」ポスタービジュアル.jpg
 
6月11日[金]より6月17日[木]までシネマート新宿にて1週間限定上映
大阪シアターセブンでも順次公開
 
「ずっとしたかったよ、川下さん」1年前に自殺した映画研究部の先輩・川下さんの幽霊が彼の命日に突然現れる。片思いをしていた後輩・葵ちゃんとセックスがしたくて蘇ってきたのだという――映画監督志望の男・信吾の前に、1年前に自殺した大学時代映画研究部の先輩だった川下さんの幽霊が彼の命日に突然現れる。川下さんが語るには、片思いをしていた大学時代の後輩・葵ちゃんとセックスがしたくて蘇ってきたのだという。川下さんの葵ちゃんとやりたいという願いを叶えるため、もしかしたら川下さんが葵ちゃんとやれる唯一のチャンスだった大学時代のあの日に、川下さんと信吾はタイムスリップする。そこには懐かしい大学時代の葵ちゃんがいた。果たして川下さんは過去をやり直し、念願の葵ちゃんとやる事ができるのか!? 
 
キャスト・スタッフ
小槙まこ 松㟢翔平 森岡龍
佐倉絆 三嶋悠莉 増田朋弥 田中爽一郎 / 三上寛
 
監督 いまおかしんじ
エグゼクティブプロデューサー:山口幸彦
企画:利倉亮
プロデューサー:江尻健司
キャスティング協力:八巻雄介
音楽:宇波拓
脚本:佐藤稔 いまおかしんじ
撮影:田宮健彦
録音:山口勉
編集:桐畑寛 
助監督:伊藤一平
ヘアメイク:五十嵐千聖 戸田萌子
衣装:乙坂知子
制作:山田剛史
製作:キングレコード
制作協力:レジェンド・ピクチャーズ
配給:キングレコード
宣伝協力:ブラウニー
公式サイト: http://aoichan-movie.com/ 
 
©2021キングレコード
 

 

6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻