Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビューいまおかしんじ(映画監督)×小槙まこ(女優)「葵ちゃんはやらせてくれない」- テーマは高尚に、やることはくだらなく

「葵ちゃんはやらせてくれない」 テーマは高尚に、やることはくだらなく

2021.06.07

 SEXをするために甦るという突飛な設定とは裏腹に丁寧に登場人物たちの気持ち紡いでいく姿を描いた青春グラフィティ作品となった本作。ヒロイン・葵ちゃんを自然体で演じられた小槙まこさん、ご自身の思いを込められたいまおかしんじ監督に改めて『葵ちゃんはやらせてくれない』の魅力について語っていただきました。[interview:柏木 聡(LOFT/PLUS ONE)]

SEX出来るということは奇跡的なこと

──『葵ちゃんはやらせてくれない』を観る前はもっとコメディ色が強い作品かと思っていましたが、青春が想像よりも強く油断して泣きそうになりました。

いまおか:それは油断しましたね(笑)。

──今作のアイデアはもともと温めていたものだったのでしょうか。

いまおか:2014年に『川下さんは何度もやってくる』という作品を撮ったんですけど、今作の川下先輩も同じ方がモデルになります。その方は僕の大学時代の先輩で40歳ころに亡くなった方ですが、先輩をモデルとして出した映画をもう一度違う形でやれないかなと思っていました。「死者が甦ってきて、その人が何とかして女の人とSEXしたいと戻ってくる」という基本設定は同じになります。死者が甦ってくるという設定自体が大嘘なので、そこにどう嘘を重ねても大丈夫ということでタイムリープする形にしました。あとは、音楽ものにしてみようという思いもありました。シンプルな話なんだけど楽しめる要素はいっぱい入れたいなということで、こんな話にしました。

――学生時代の実体験も盛り込みつつ制作されたということでしょうか。

いまおか:僕も映研だったので、昔の記憶を掘り起こして。

──男の夢を叶えるために奔走するというお話しですが、小槙さんは脚本を読まれていかがでしたか。

小槙:タイムリープするというのは王道の物語ですけど“SEXをするために”というワードがぶっ飛んでいて驚きました。そこはぶっ飛んでいるワードですが、お話自体は川下さんやみんなの思いがしっかり描かれていて、どんどん変化していく姿を見ていくのは面白かったです。

『葵ちゃんはやらせてくれない』メイン.jpg

──いまおか監督は小槙さんに対しどういう印象を持たれてヒロインとして選ばれたのですか。

いまおか:オーディションで会った時に小槙さんはこの作品には凄く合うと思ったんです。表情が豊かな方で、それを見て撮影を通して何かしらつかんでくれるんじゃないかと思いました。

──葵はどのようなキャラクターをイメージして作られたのでしょうか。

いまおか:抜けているところもあるしどこが魅力かというとはっきりとは言えないんですけど、なぜかみんなから好かれてしまうそういうキャラクターですね。

──実際に居ますね、そういう方。

いまおか:何なんですかね。柔らかく、人を受け入れるということなのかもしれないですね。葵ちゃんはそういうキャラクターのつもりで演じてもらいました。小槙さん自身はそうか分からないですけど。

──小槙さんにそういう魅力を感じるのはわかります。

小槙:私のこと、よく解らないですか(笑)。

──小槙さんは葵をどういう風に捉えて、アプローチをされましたか。

小槙:撮影に入る前に私の中で色々考えていった部分といまおか監督から求められた部分で違ったところがあって、現場でガラッと変えたところもありました。演じていくうちに純粋さもそうですが、人を思う気持ちを大事にしている子だなと思いました。私も人が好きなので、その部分をリンクさせて演じていくことを意識しました。

──自然体で向き合おうとされたという事ですね。

小槙:そうですね。共演者のみなさんから受けるものを大事にしようとしていきました。

──共演者の存在も大きかったですか。

小槙:凄く大きかったです。

──松嵜(翔平)さんや森岡(龍)さんはどのような方でしたか。

小槙:松嵜さんは独特の雰囲気が役とマッチされていて、信吾そのままの印象でした。森岡さんは現場を見てくださる方で、二人のシーンが多かったこともあって演技のアプローチの仕方なども積極的に相談させていただきました。

──おっしゃる通り、お二人の雰囲気はそれぞれのキャラクターにあっていました。私もこんな人いると思いながら見ていました。

いまおか:川下先輩はワガママばかり言うしめんどくさい先輩なんですよね。だけど、信吾は先輩がなぜか好きという不思議な関係性で。川下先輩と葵ちゃんは好き同士ですけど、なぜかうまくいかない。

──そうですね。

いまおか:普通は好き同士だとスグ付き合えると思うじゃないですか、でも現実はそうじゃない。好き同士でも何かがすれ違ったらSEXはできない。SEX出来るということは奇跡的なことだと思っているんです。だから、SEXに至る過程はなるべく安易にならないようにはしました。

──私は葵ちゃんと川下先輩というヒロインが二人いる感じで観ていました。

小槙:なんとなくわかります。

──葵ちゃんがファンという設定で三上寛さんが本人役で出られていますが、どういった経緯でご出演に至ったのですか。

いまおか:若者ばかりの作品なので、違う世代の方にも出てもらった方がいいんじゃないかなと思ったんです。そんな中で伝説のミュージシャンが出るのはどうだろうという案が出て、三上さんなら他の映画にも出ているのでもしかしたら出てくれるかもという事でオファーさせていただいたら快諾いただけました。

──小槙さんは実際に会われていかがでしたか。

小槙:凄くカッコいい人だなと思いました。歌を生で聞かせていただいたんですけど、歌に生き様が込められているようで、圧倒されました。上手いだけでなく、重みがあるように感じました。

いまおか:凄い方なのにこういった作品にもひょいっと出ていただけて、三上さんのフットワークの軽さにシビれました。こういう仕事を切っ掛けに憧れの人に会えるというのは嬉しいですね。

『葵ちゃんはやらせてくれない』追加場面写真1.JPG

このアーティストの関連記事

LIVE INFOライブ情報

 

 
映画『葵ちゃんはやらせてくれない』
 
「葵ちゃんはやらせてくれない」ポスタービジュアル.jpg
 
6月11日[金]より6月17日[木]までシネマート新宿にて1週間限定上映
大阪シアターセブンでも順次公開
 
「ずっとしたかったよ、川下さん」1年前に自殺した映画研究部の先輩・川下さんの幽霊が彼の命日に突然現れる。片思いをしていた後輩・葵ちゃんとセックスがしたくて蘇ってきたのだという――映画監督志望の男・信吾の前に、1年前に自殺した大学時代映画研究部の先輩だった川下さんの幽霊が彼の命日に突然現れる。川下さんが語るには、片思いをしていた大学時代の後輩・葵ちゃんとセックスがしたくて蘇ってきたのだという。川下さんの葵ちゃんとやりたいという願いを叶えるため、もしかしたら川下さんが葵ちゃんとやれる唯一のチャンスだった大学時代のあの日に、川下さんと信吾はタイムスリップする。そこには懐かしい大学時代の葵ちゃんがいた。果たして川下さんは過去をやり直し、念願の葵ちゃんとやる事ができるのか!? 
 
キャスト・スタッフ
小槙まこ 松㟢翔平 森岡龍
佐倉絆 三嶋悠莉 増田朋弥 田中爽一郎 / 三上寛
 
監督 いまおかしんじ
エグゼクティブプロデューサー:山口幸彦
企画:利倉亮
プロデューサー:江尻健司
キャスティング協力:八巻雄介
音楽:宇波拓
脚本:佐藤稔 いまおかしんじ
撮影:田宮健彦
録音:山口勉
編集:桐畑寛 
助監督:伊藤一平
ヘアメイク:五十嵐千聖 戸田萌子
衣装:乙坂知子
制作:山田剛史
製作:キングレコード
制作協力:レジェンド・ピクチャーズ
配給:キングレコード
宣伝協力:ブラウニー
公式サイト: http://aoichan-movie.com/ 
 
©2021キングレコード
 

 

6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻