Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビューUGICHIN(『DOCUMENTARY OF GOOD PLACE-Live Together,Rock Together-』監督)- 主役はライブハウス!みんなで一緒につくりあげていく世の中になればいい

主役はライブハウス!みんなで一緒につくりあげていく世の中になればいい

2021.05.24

 ミュージックビデオ・ディレクター"UGICHIN"初監督長編ドキュメンタリー映画『DOCUMENTARY OF GOOD PLACE-Live Together,Rock Together-』が、現在上映ツアー中。コロナ禍で行われたオンラインサーキットイベント「GOOD PLACE」は日本全国から5つのライブハウスが集結した。イベント当日の模様や、その街で暮らす人々の生き方や考え方を通して日本の現在地を探るこのドキュメンタリー映画はどのような想いで撮影・制作をされたのか。監督のUGICHINに映画に込めた想いと苦悩をうかがった。(interview:椎名宗之・成宮アイコ)

今、映画なんて制作してもどうなるの? という不安

──オンラインサーキットイベント「GOOD PLACE」を企画するなかで、どのタイミングで映像作品にしようと思われたのですか。

UGICHIN:最初は、作品として残そうと考えていませんでした。4月のコロナ禍に入ってからやることがなにもなくなってしまったので、マルチストリーミングという方法でライブハウスをつないでオンラインサーキットイベントをしたらおもしろいんじゃないのかなと思ったんです。自分がなにかを作るというよりもみんなで一緒に楽しいことをしたかったんです。それで、6月くらいから準備をしはじめたら、「一応撮っておいたほうがいいんじゃないか?」ってまわりから言ってもらって撮影を始めました。

──最初は記録用として撮影をされていたんですか?

UGICHIN:そうですね。その様子を見た知り合いが、「クラファンで支援をもらって映画にしてみたらいいんじゃないか」と言ってくれたんです。映像を作ることが僕の本業なので、オンラインサーキットイベントをやりながらそれを作品にもできるのはいいなと思いました。制作をし始めたころは年末くらいには完成させる予定で、「完成までの間に僕らがやってきたことを総括できるドキュメンタリー映画になるのかな」と想像していたんですけど、10月・11月と過ぎていくなかで、「これは消化できるような作品ではないな」と気づいたんです。撮影・編集をしている間も、どういう着地点に落ち着くのか全然わかりませんでした。

──コロナも落ち着かないし、結末が見えないまま撮り続けられて。

UGICHIN:年が明けてからも、どういうエンディングに持っていけばいいんだろうと考えていました。結局、最初に僕が想像をしていたのとは全然違いましたね(笑)。だって、翌年になったらある程度はライブハウスでライブが開催できるようになっているはずだし、配信と現場での生ライブがどう共存していくのだろうかなんか考えていましたから。それなのに全然コロナが終わらないし、もうこれは配信うんぬんではないなと思い始めたんです。

image4.jpeg

──それこそ撮影を始められた4月には、「夏ごろには落ち着くだろう」とみんな思っていましたよね。それでも状況は一向に良くならないし、これは来年になっても無理じゃないかと思うなかで制作を続けるのは不安ではなかったですか?

UGICHIN:すごく不安でしたね。最初はもうどうしようかと悩みました。サーキットイベント当日は僕は東京にいたので、東京以外はそれぞれの地域の映像ディレクターに撮影をお願いしてたんですけど、11月に改めて現地に取材に行ったんです。そこで、実際に行ったら悩んでいた気持ちが切り替わりました。今、映画なんて制作してもどうなるの?って思ったんですけど、各地に取材に行ったことで、僕が今までつくってきたように見たものをそのまままとめて、いろんな人の意見を絡み合わせていけばいけばいいんだと気づきました。そこで不安はいったんなくなって、これは作り続ければ見えてくるんじゃないかなと思えたんです。

──配信はやったことがないし、なにから手をつけていいかわらかないからうちはできないって断られたりはしませんでしたか。

UGICHIN:それで断られたところもあります。6月ころはまだ生配信には自信がないって言われてしまうことも多かったです。ライブハウス側も全面的に、「いいですねやりましょう」っていうわけではないですし。でも、その気持ちは僕らもすごくわかるんですよ。やらないですむならやらないほうがいいですよねっていう気持ちはどこかであるから。やっぱり配信って慣れていくと面白くないんだと思うんですよ、見ていてもやっていても。ただ、そこに関してはよりリアルなライブを配信するっていうだけではないな、と。僕らはきっと真面目すぎるから、もっとできることはどんどんやればいいなと気づいたんですよ。

──たしかに、MVのようにきれいなライブ配信を見ているよりも、この映画に出てくるようなちょっとひいた映像でスタッフがいそがしく動いているところも見えるような場面を見たときに「あ!その場にいるみたい」と思いました。

UGICHIN:大阪で「CRAFTROCK CIRCUIT」というイベントを配信してもらったときに、あるバンドが機材をフロアに降ろしてライブをしたんです。それはやっぱり、見ている側もドキドキしたんですよ。僕らはまだリアルなライブを再現しよう、というところで止まってしまっているなと思いました。それだけだと面白くないですよね。僕らはもし怒られたら謝ればいいっていうスタンスなんですけど、そういう配信プラットホームもないと面白くないなって思うんです。ただ、配信は誰でも見られるという点でルールはなくてはいけないですけどね。だから、去年は翻弄された1年で、今年は続ける1年だなと思います。配信に対してシビアにもなっているし、見てもらえなくなっている現状もあるし、でも小規模だとしても楽しいことを続けていきたい。これからだなって思います。今年はまだほかに配信は決まっていないですけど(笑)。

image1.jpeg

このアーティストの関連記事

LIVE INFOライブ情報

DOCUMENTARY OF GOOD PLACE-Live Together,Rock Together-
2021年6月01日(火)新宿ロフト
 
7979c52ea91a0b18e4d63bdd3ed34470-548x731.jpgLOFT-548x719-1.jpg
 
OPEN 17:00
上映時間 17:30〜19:40
ADV ¥1000 / DOOR ¥未定 (DRINK代別¥600)
[発売] LOFT HP予約 (運営予約はありません)
※新宿ロフトチケット予約システム注意事項
・お名前は本名フルネームでご記載ください
・予約番号をお控えの上、当日開場時間までにご来店下さい。
・予約番号順でのご入場となります。
・席数に限りがございますのでウェブ予約をキャンセルされる場合は、「新宿LOFT:03-5272-0382」までご連絡下さい。
 
上映後に無料のYouTubeトーク配信を予定中
 
6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻