Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー神谷純 (アニメーション監督) - 「やくならマグカップも」主人公たちの生きている場所が魅力的に見えたとしたら成功かなと思っています

「やくならマグカップも」主人公たちの生きている場所が魅力的に見えたとしたら成功かなと思っています

2021.05.20

 岐阜県多治見市発のフリーペーパーから生まれた『やくならマグカップも』。大手の出版社が入っているわけではない、本当に地元の熱意に支えられて続けてきた今作がTVアニメとして実を結んだ本作。いくつもの奇跡が折り重なって実現したアニメはどのように制作されているのか監督の神谷純さんにお話をうかがいました。[interview:柏木 聡(LOFT/PLUS ONE)]

色々な偶然が重なって実現した偶発的に生まれた作品

──地域密着型の作品なのでもっと地味な形で物語として派手にならないのかなと思っていましたが、『やくならマグカップも(以下、やくも)』はドラマもしっかりしていてこんなに濃い作品だとは思っていませんでした。

神谷:そう言っていただけるのは嬉しいです。

──原作は作品舞台にもなっている多治見市にある会社“プラネット”が制作されているフリーペーパーで連載されているコミック。フリーペーパー発の作品がTVアニメ化というのは聞いたことがありませんでした。

神谷:僕もこんな成り立ちの作品は聞いたことが無いです。企画から番組制作に至る経緯は聞けば聞くほど驚きの連続でした。

──神谷監督にとってもそうなんですね。

神谷:編集の方も商品展開の部門もなく、そこも含め白紙からスタートで新鮮でした。そういう意味でも面白い作品をやらせていただいているなと感じています。

──本当に手探りで一からスタートしていったということなんですね。そんな『やくも』はどのようにアニメ化がスタートしたのですか。

神谷:原作の『やくも』は季刊で8年近く連載されているのですが、それを読まれていた多治見市出身の方が日本アニメーションに入社しアニメ化の候補作品として出した企画の1つで、色々な偶然が重なって実現した偶発的に生まれた作品だそうです。

──プラネットのみなさんが長く続けてこられたことが今回の映像化として実を結んだ形なんですね。

神谷:映像化ということで今になると実を結んだように聞こえますが、1つの企業が勝算の無い中で10年にわたって続けている作品というのは凄まじいですよね。東海三県だけでなく関東・関西の店舗にも配布していて、その資金を回収する術がないままやっているわけじゃないですか。本当に商売っ気がないんですよ。そんな中で進めている作品・それをやり続けている人たち。

──凄い熱意で続けてこられた作品なんですね。そんな作品を預かるというのはプレッシャーも大きそうですが。

神谷:この熱意に対峙することにはダイレクトに来る迫力はありました。特に第1話の絵コンテは1シーンごとに立ち止まって悩みながら制作していったので時間がかかりました。今振り返るとプレッシャーを感じていたんだと思います。

──今はそのプレッシャーからは解放されていますか。

神谷:第1話が完成したことで『やくも』の作品スタイルも出来上がったので、解放されています。今は第1話で出来た作品スタイルに沿ってどうお話を紡いでいくか、キャラクターの気持ちを紡いでいくかという段階で、第1話の大箱を作るという作業に比べると少し楽になりました。

集合.png

言葉にできない熱意と迫力を強烈に感じました

──最初に原作を読まれた際の印象は如何でしたか。

神谷:先ほどの熱意の話とは裏腹にハートウォーミングで、かといって奇をてらっているわけではなく、等身大の女の子たちを描いているという事にちょっとした意外性を感じました。その中で細やかに描かれている感情・親子の関係・陶芸に向かう気持ち、4人それぞれの感情・小さなドラマが気持ちよく紡げている作品なんだなと思いました。監督目線で言うと気持ちよく良く紡がれている感情・ドラマをどうアニメーションに落とし込もうかという事を探りながら読んでいました。

──おっしゃられる通りビジュアルはゆるふわ系日常ものですが、各キャラクターの掘り下げ・人間関係などドラマも面白い作品ですよね。

神谷:これは原作の面白いところですが、掲載順が時系列順に物語が紡がれているかというとそうではないんです。「やくもタイムライン」に従って時系列順に読むと違った魅力が出て来て、積み重ねたドラマがあるんだなというのが分かって面白いです。

──確かに掲載順と時系列順ではまた違った面白さがありますよね。時系列順に掲載するのが普通ですけど、そちらを基本にしないで連載というのも不思議な連載ですね。

神谷:僕もそこは気になっていので多治見市に伺った際にプラネットで作画をされている梶原さんにそのことを伺ったところ、「季刊のフリーペーパーでは読み逃すこともあってストーリーを追うのが難しいだろうから、粒だったエピソードを時系列を気にせずに掲載していき、後になってここが連続しているんだと気づいてもらえたら、毎話追いかけてくださっている方も、そうでない方もどちらでも楽しんでいただけるんじゃないかと思って描いています。」というのを伺って、なるほどと思ったと同時にそのことを選択したことに驚きました。

──なかなか怖くてできない選択ですよね。

神谷:時系列を気にしないとしても粒だったエピソードを優先的に掲載したくなるところですが、キャラクターの魅力的な話を散文的にちりばめていったことにもとても感心しました。それを勝算の無い中でやってきたということに言葉にできない熱意と迫力を強烈に感じました。

──熱意もそうですがとても頭のいい方が指揮を取られているんですね。プラネットに行かれたとのことですが、梶原さんとともに作品を支えていらっしゃる小池(和人)さんにも会われたのですか。

神谷:会いました、小池さんも熱意の凄い方です。小池さんは「10年単位で物を考えているんです。どんなものでも10年やっていれば形になってくるので、1年・2年で失敗と決めつけずにまずはやっていく。」ということをおっしゃられていました。ただ、プラネットの会長でもある小池さんがそう考えられているということが驚きでした。

──会長という立場を考えると商業的なことも考えないといけない立場ですよね。

神谷:そうなんです。いくら10年スパンで考えていると言ったところで、普通は反対する人もでてくるでしょうから。そんな中で続けてこられたのは凄いですよね。しかも、原作チームの中心人物である梶原さんはもともと秋葉原で活動されていたのを小池さんが見つけ出して、社員にして多治見市に連れてきた方なんです。

──梶原さんは地元の方じゃないんですか。

神谷:そうなんです。どうなるか分からないプロジェクトのために人を雇って、多治見市に連れてきて部署を作り、漫画を描かせて、社員として食べさせている。本当にあり得ないことです。

──誘った小池さんも凄いですけど、それに乗った梶原さんも凄いですね。普通は怖いじゃないですか。

神谷:怖いですよね、地元を離れていくわけですから。そっちのドラマも凄いですよ、素敵なものが出てくる気がしています。

──その熱意が作品にも出ているように思います。

神谷:ゆるふわなんですけどただフワフワしているかというとそうではなく、根っこに人間ドラマが横たわっているというのは、語りたいものがあってそれを語っている作品なのかなと感じています。

三華.png

このアーティストの関連記事

LIVE INFOライブ情報

TVアニメ&実写『やくならマグカップも』
 
CBCテレビ、BS11、TOKYO MX、MBS、AT-Xにて、2021年4月2日よりTVアニメ放送開始
 
<キャスト>
豊川姫乃:田中美海
久々梨三華:芹澤優
成瀬直子:若井友希
青木十子:本泉莉奈
 
土岐川幸恵:真山亜子
豊川刻四郎:石川界人
小泉真美:小川真奈
真土泥右衛門:内田彩 ほか
 
<スタッフ>
原作:プラネット・日本アニメーション
監督:神谷純
シリーズ構成・脚本:荒川稔久
キャラクターデザイン・総作画監督:吉岡彩乃
音楽:長谷川智樹
アニメーション制作:日本アニメーション
協力:岐阜県多治見市/一般社団法人多治見市観光協会/「やくならマグカップも」活用推進協議会
製作:やくならマグカップも製作委員会
 
© プラネット・日本アニメーション/やくならマグカップも製作委員会
6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻