Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー三池崇史(監督)「劇場版 ポリス×戦士 ラブパトリーナ!~怪盗からの挑戦!ラブでパパッとタイホせよ!~」- いろんな面で開放させてくれる

いろんな面で開放させてくれる

2021.04.25

 今や日曜朝の定番として定着した『ガールズ×戦士シリーズ』。シリーズ4作目の『ポリス×戦士 ラブパトリーナ!』この春に映画化。この新世代のヒロイン像をどのような思いをもって描き続け、今回の劇場版を制作されたのか。その熱い思いを総監督の三池崇史に伺いました。[interview:柏木 聡(LOFT/PLUS ONE)]

TVシリーズがそのまま劇場版に

──『ポリス×戦士 ラブパトリーナ!(以下、ラブパト)』はTVシリーズ4作目、劇場作としてはシリーズ2本目となりますが、今回の『劇場版 ポリス×戦士 ラブパトリーナ!~怪盗からの挑戦!ラブでパパッとタイホせよ!~(以下、劇場版)』で新に挑戦したこと・取り組んだことがあれば伺えますか。

三池:特に気負ったことはなかったです。スタッフとも劇場版だからということで頑張るということはしないようにということは事前に決めていました。映画化となると普通は頑張ってしまうものですが、それだとTVシリーズは頑張っていないのかという事になりますし、映画を見に来た子供たちが「TVとは違う」と感じてしまうとガッカリしてしまうと思ったんです。

──この劇場版はTVシリーズの延長線上にあるという事ですね。

三池:そうです。ダンスシーンなど映画化という事でプラスされている部分もありますが、子供たちが普段応援してくれているTVシリーズがそのまま劇場版になっています。お話しとしてはラブが無くなって地球がお尻のように割れるのを阻止するという地球規模の事件なので、スケールという面では映画だと言えなくもないと思うんですけどね(笑)。

──確かに地球存亡の危機ですから、スケールの大きなお話ですね(笑)。

三池:子供たちが気持ちのストレスを感じずに観られるようにと意識して作っています。理想を言えばそこからさらに面白いものになっているといいですね。

──純粋に面白いかどうかですからね。

三池:この企画は僕らが思っているものが通用しないので、いろんな面で開放させてくれるのでのびのび自由にやれています。

──男の子に人気の戦隊ものは変身してから戦闘となりますが、『ラブパト』は変身してからも歌を歌って、ダンスシーンもあり戦っているという事を忘れてしまいます。そうやって楽しくその場の雰囲気を盛り上げて解決するというのはこのシリーズらしい演出だと感じましたが、それは三池監督の発想なのでしょうか。

三池:シリーズ1作目『アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!』から、1つのルールとして“暴力で解決しない”という事を決めていたんです。メリハリがつかないので光線らしきものを出しますが、それは痛いものではなく歌の愛情で包む・癒すという形で解決をするようにしています。ただ、その解決方法にすることに最初は不安がありました。

──不安というのは。

三池:悪いことをしている人の中にも良心・優しさはあって、逆を言えば良い人の心の中にもどこかいけない気持ちはあるんです。このシリーズではそこを利用され悪者になってしまった人を元のピュアな自分に還してあげる様子というのは、大人にとっては癒しになりますが子供たちにとっては刺激がなくて、癒すという感覚がどれほど伝わるかということに懸念があったのですが。悪いことをしている側の暴力はほぼゼロでシリーズを通じても出てこないし、癒すという彼女たちの戦い方では今までのヒーローものとも必然的に違ってきますから。

──それが歌やダンスで解決するということに繋がっているんですね。

三池:今の子たちは明らかに踊れるし、歌えるんです。こんな表現ができるんだという驚きもありました。そこが小さい女の子たちから憧れになっていけばいいなと思ったんです。彼女たちは暴力で解決するのではなく、歌と踊りでフニャフニャにして元に戻す。そこはシリーズを通して守り抜くべき点だと思っています。

【劇場版ラブパトリーナ】場面カット:メイン.jpg

観てくれる方たちを甘く見るのではなく対等にぶつかっていく

──ゲストの加藤清史郎さんは愛川警部というおっちょこちょいな警察官役を演じられていましたね。

三池:こういった作品だと、普通はイケメンキャラになるんです。ただ、そうしてしまうと女児ものというジャンルにとらわれてしまうような気がしたんです。女の子が気に入るような役柄という発想は、キャスティングには持ち込まないようにしました。と言いながら清史郎くんもイケメンですけどね。

──その考え方は作品の雰囲気にも合っていると思います。

三池:観てくれる方たちを甘く見るのではなく対等にぶつかっていく、そういったことがキャスティングやお話の展開には必要な事かなと思っています。その点は劇場版では少し色濃く出ていますが、シリーズを通しての狙いは同じになっています。

──もう一人のゲスト、柳沢慎吾さんと共演されたラブパトのみなさんは如何でしたか。

三池:柳沢さんは普段も変わらない方で同じようにワーッとされている方なので、4人とも興味津々でしたね。

──(笑)。

三池:柳沢さんにお願いするきっかけは脚本家の加藤(陽一)さんが大ファンだということもありますね。

──加藤さんきっかけだったんですね。

三池:台本の第1稿から“シンゴ署長”と書いてあったんです。これはキャスティングしろという事なのかなと思ったんです。でも、こんな当て書きをされたら本人は嫌がりますよね。

柳沢慎吾_場面カット.jpg

──普通はそうですよ。

三池:怒られるかもわからないと思いながらお声掛けしたら「面白いね、やるよ!」と快諾していただけて、楽しんでやっていただけました。

──柳沢さんは新ネタを持ち込んできたということはあったのでしょうか。

三池:アドリブ好きな方でしたね。台本上必要なことをやった後にプラスαをやるわけです。アドリブは受けてくれる相手がいて成り立つんですが、誰も受けてくれないので1人でずっとやり続けていました。撮影をしていて、満足したかなというところでカットをかけていましたね(笑)。

──相変わらずだったんですね(笑)。

三池:「いいところで切るから大丈夫ですよ。好きにやってください。」とお伝えして、自由にやってもらいました。柳沢さんは本当にエンターティナーで、その場にいる人たち・その空間が一緒に楽しくなればいいという方なんだと思います。本当にピュアな方で、面白くて時間だけが過ぎていってしまって(笑)。

──(笑)。

三池:楽しいので全然平気でした。息子のソウタ役の川原(瑛都)くんは柳沢さんのギャグを吸収していて、自分で言うようになりました(笑)。

──清史郎さんはどうでしたか。

三池:彼はお芝居に関しては天性の才能があるので安心して見ていました。子役であれだけブレイクしてしまった事で、役者として続けていけるんだろうかという迷いもあったと思うんですけど、腹は決めたんだなという事をあらためて感じました。一緒に仕事をしていて、役者って凄いエネルギーあるんだな、僕らでは理解できないことを経験しているなという事を改めて感じています。

加藤清史郎_場面カット.jpg

このアーティストの関連記事

LIVE INFOライブ情報

『劇場版 ポリス×戦士 ラブパトリーナ! ~怪盗からの挑戦! ラブでパパッとタイホせよ!~』
 
【劇場版ラブパトリーナ】第2弾ビジュアル.jpg
 
近日公開
 
ラブなき悪を、パパッとタイホします! 今日もみんなのラブを守るラブパトのもとに、世界で活やくする国際警察のシンゴ署長から依頼が! なんと、お宝「ラブダイヤモンド」が狙われているらしい!ラブラブなお宝は、スッゴい怪盗になんて渡さないよ!でも警備に張り切る愛川警部を、ワルピョコ団がラブゼーロにしちゃった! しかもお宝を追って、現れたのはなんとあのファントミラージュ!? 世界のラブとお宝を守るため、ラブパトリーナ出動します!
 
【キャスト】
渡辺未優、山口莉愛、山下結衣、杉浦優來
加藤清史郎、柳沢慎吾、菱田未渚美、山口綺羅、原田都愛、石井蘭
やしろ優、BOB、田中穂先、川原瑛都、上條沙恵子(CV)、
豊永利行(CV・ナレーター)、冨士原生
小田柚葉、隅谷百花、鶴屋美咲、小川桜花、増田來亜 (Girls²)
黒木啓司(EXILE/ EXILE THE SECOND)
 
【監督】三池崇史
【脚本】加藤陽一
【制作プロダクション】OLM
【掲載】ぷっちぐみ 幼稚園 めばえ(小学館)
【原作】タカラトミー・OLM
【配給】KADOKAWA/イオンエンターテイメント 
© TOMY・OLM/劇場版ラブパトリーナ製作委員会
 
6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻