Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビューmiida and The Department - "バンド"のルーティンに縛られない彼らの初インタビュー!

“バンド”のルーティンに縛られない彼らの初インタビュー!

2021.04.14

いくつになってもできるなっていう気持ち

 
──そして今回ですね。miida and TheDepartmentのコラボカフェが開催中とい うことで。これは音楽活動だけじゃなくていろんなことをやっていこうという姿勢 の一環なんでしょうか。
 
マスダ:そうですね。そもそもの発端は「wind and sea」のMVはDIYで自由に作 ったところから始まって。Studio KiKiもDIYだし、MVもKiKi Crew(撮影隊)が大 集結して。それぞれができる力を最大に発揮してくれて。
 
──今回のMVでは、編集・監督も(マスダが)務めてますよね。
 
マスダ:そうですね…。さっき言ったようなことかもですが、外注して有名なディレクターに撮ってもらわないとダメというか、順当なプロセスを踏まないとダメみたいな、そういう文化がある気がしていて。もっとラフにいろんなことを…別に専門じゃなくてもやってもいいんじゃないかなとかも結構思ったりしてて。いろんな顔があってもいいと思うし。それで半分くらい無理矢理だけど、挑戦してみたんです。その撮影で、KiKi Crewがいっぱいで写真も撮ってくれていて。撮影自体もすごく 楽しかったし。その様子をみんなにも見てもらいたいなと思って。
 
──そんなに撮影がいい雰囲気だったんですね。確かにカフェでの展示写真を見ても伝わってきます。
 
木幡:うん。楽しかったです。
 
稲見:修学旅行みたいな。みんなで同じ部屋でカップラーメン食べて、UNOして。
 
木幡:でもアレですよ本当。マスダ監督のバイタリティーには恐れ入りましたよ(笑)。
 
稲見:歳取ったんだなってちょっと思ったね。歳取ってなくてもできないけど。速さがすごい(笑)。
 
木幡:音楽だけとか映像だけとか、エキスパートとして突き詰めるのはもちろん素敵だけど、何やったっていいわけじゃないっすか。
 
マスダ:便利なツールいっぱい出てるからなあ。
 
木幡:映像をやりながら音楽をやってもいいわけだし、何かどっちもできるっていうのは素晴らしいことですよね。
 
──太郎さん達だってラジオもあるし、バンドもやってるしこのユニットもやってって相当手広く営業じゃないですか(笑)。
 
一同:(笑)
 
──だって、ある程度守りに入って当たり前だと思うんですよ。もう何年もやってるバンドとかって。でもそうじゃないですよね?
 
マスダ:もうそういう時代じゃないんだなって、思いますけどね。
 
木幡:なんか、いくつになってもできるなっていう気持ちにはすごくなってきた。俺たちは打ち込みメインでトラックメイクを基本するわけだけど、始めるまで打ち込みなんか全くわかんなくて。昔ながらの弾き語りで作った曲をスタジオでセッションする、みたいな方法論しかしてこなかったけど、それって打ち込みができないからそういうやり方をしてたっていうところがあって。クラブミュージックみたいなものも大好きなんだけど、打ち込みの知識がないから。それでバンドでなんとかそういうテイストを出す、というのがコンセプトになってやってたんだけど、この年になってようやく打ち込みを本格的にやってみたら、意外とできるようになってくるというか。いくつになっても挑戦は大事だなと。
 
LINE_P2021414_162842.jpg
 
マスダ:やらないと始まらないんだなっていうことですよね。
 
稲見:一つ、理想の体系としては打ち込みでやってみたいなっていうのはずっと昔からあって。ケミカルブラザーズとかすごい好きだから。ああいうスタイルをいつかやってみたいっていうのは夢で。
 
──The Departmentでそうなりましたね。じゃあその楽しかった雰囲気とか、 DIYでやってる雰囲気もコラボカフェでは封じ込めたわけですよね。
 
マスダ:そうですそうです(笑)。
 
──カフェの中での見どころとかありますか。
 
マスダ:いやー。そもそもこのタイミングでコラボカフェやってるのも結構やばいなって思ってて。
 
一同:(笑)
 
マスダ:だからなんというか、私たちが5年活動してきてようやくそういう形にな りました、みたいなそういうアニバーサリー的なところもなくて、「wind and sea」という楽曲をリリースしただけ。その一曲分のMVを作って、それのコラボカ フェやります。って結構やばいことやってるなっていうのがそもそもベーシックに ありますね。
 
──新しいアプローチだよね(笑)。
 
マスダ:なので、そんな中開催しちゃってること自体がすごくおかしい。そんなおかしさ、やばさをぜひ見に来てくださいっていう気持ちでいっぱいです。
 
木幡:明らかに時期尚早だよね(笑)。
 
マスダ:こいつら、思い立ってやっちゃったんだ(笑) みたいな。
 
稲見:お誘いが来た時に「面白そう!やります!」ってすぐ返事しちゃってたもんね(笑)。
 
マスダ:もし私がもうちょっと慎重に考えてたら、「このタイミングは微妙だから、アルバムタイミングにしよう」とか言う可能性あったけど、今のこの感じをむしろ楽しむというか。またとないチャンスかもしれないし、それは分からないから。こうやって声をかけてもらってるっていうことは、やったほうがいいんじゃないかなっていう風にも思って。はたから見たら、これを見て1曲だけのためにこんなにやってて「(笑)」、みた いな。でもその「(笑)」で良いというか。それに温かみを感じてほしいですね。なので商業的なところでは全然考えられてないけど、「楽しい」っていうのが常にある状態で物事が進んでいて。準備も文化祭の朝みたいにみんなでやって(笑)。
 
木幡:「楽しい」っていうのがやっぱベースにあるよね。KiKi Crewの写真も展示 して、MVだけで終わらず、こうやって付いてきてくれるっていうのはみんなが楽 しんでるからじゃないですかね。
 
マスダ:それがなければできてないですね。
 
──ちなみにアベンズではコラボカフェはやったことあるんですか。
 
稲見:一度やったことあるね。
 
──その時はどういう内容だったんですか。
 
稲見:俺、行ってないからどういう内容だったかわかんない(笑)。
 
──愛の差を感じる(笑)。
 
稲見:「みんなで行こうぜ!」みたいなひとがアベンズでは一人もいない。「練習しようぜ!」とかもない。引っ張る人がいないんですよ(笑)。
 
木幡:俗に言う、ライブ前に円陣組むタイプじゃない(笑)。
 
マスダ:それは私も割とそうですね。でも、円陣、今だったらやりかねないですよ! 一周回って。「今日はやろうぜ!」みたいに今は盛り上がることは可能ですね。
 
稲見:ミズキちゃんにやろうぜって言われたら断れねーな。MVでピザまで食べさせられたし(笑)。
 
木幡:あー、それね(笑)。
 
──新しい世界を開拓してますね。
 
マスダ:(二人が)うまく乗せられちゃってる。
 
木幡:MVにしたってさ、演技って言うほどのアレじゃないけど。ああいう演技っ ぽいシーンを撮ったのって初めてだからね。俺たちはひたすら演奏か…
 
稲見:最悪ダンス(笑)。
 
マスダ:逆に振り切ってる!
 
──あのMVはサイコ映画って感じでよかったですよ(笑)。
 
マスダ:二人は硬派な見かけなんで。でも実際は硬派じゃないんですよ。
 
──実はこんなに可愛らしい人たちなんだという。ナイスプロデュース(笑)。
 
マスダ:ピザ食べ合いっこシーン見てニヤニヤしてる人もいるよね。
 
──いるでしょ。嬉しいでしょ。
 
マスダ:あー、こんなことしてる、ぷぷぷって(笑)。
 
稲見:笑ってんじゃん(笑) いつか俺らの番だからね。
 
一同:(笑)
 
マスダ:楽曲とかはもういいものができるとしか思えてないから、自分としてはそれ以外でも楽しくしたいなっていうところで。
 
──そういう見せ方が今はちょうどいいなと。さて、今後の予定などありますか?
 
稲見:いやー、ライブたくさんやりたいですね。
 
──いよいよ初めての有観客ライブが4月18日にあるということで。
 
木幡:コラボカフェの最終日ですね。
 
LINE_P2021414_162801.jpg
 
──準備、相当大変でしょう。
 
稲見:でも曲自体はもう出来上がってるので、繋ぎとかかな。
 
木幡:今まで収録では1曲ごとでしかやってこなかったから、ちゃんと1つのライブ として通せるようにセッティングを考えるのはなかなか骨が折れるかなという。
 
稲見:MC頑張ってもらうしかないな(笑)。
 
木幡:MCの方が長いじゃんってなったり(笑)。
 
──でも珍しいですよね。ロックのフィールドでモジュラーシンセとかを使って実演してやれるっていう人たちって。今いなくないですか?
 
マスダ:元々そういう畑の人がプロフェッショナルになっていくっていうのはあるだろうけど。
 
木幡:中途半端なんだよね。ロックも好きだし、テクノとかハウスとかも好きだし。
 
マスダ:そのオルタナ感が曲にきっと出てるんじゃないですかね。
 
木幡:逆にずっと居場所のなさみたいなのはやっぱりあったから。日本だと言えばバンドって言えばアンプ直で繋いでデカイ音を出すんだみたいな。
 
マスダ:今でも日本の音楽シーンはバンドが多いですよね。
 
木幡:そういう中で打ち込みを始めてみて、こんなに肩身狭いんだなってちょっと最近思い始めて。
 
稲見:ちゃんと演奏してると思われなさそうだよね。
 
木幡:打ち込みは結構面白いんですよ。やってる方はもう決まっちゃってるから。ツマミ捻りながら気持ちいい!って。あんまり伝わってないんじゃないかな。この気持ちよさが。
 
──1曲の中で何をやってるかとかっていうのを解説する動画とかあったらいいかも しれないですね。
 
マスダ:一人ずつの同ポジションアングルにして、副音声を入れるっていうのはアリかも。
 
稲見:あー。逆にそれだとね、やってないのがバレちゃう(笑)。
 
一同:(笑)
 
マスダ:「ここは踊ってるだけです」(笑)。
 
稲見:難しいんだよなそこの説明は(笑)。
 
──さあ、何か今後のリリース予定はありますか。
 
マスダ:今日、次にリリースする楽曲のマスタリングを太郎さんが仕上げてくれて、さっきみんなで聴いたところです。もうジャケットもなんかもできていて。
 
──今後まとまった作品とかのリリースも考えてるんですか。
 
一同:作りたいです。
 
木幡:ツアーとかもやりたいですね。
 
──自分たちの周りでやってる活動がだんだんちょっとずつ大きくなって来ていることですよね。
 
マスダ:そうですね。あとStudio KiKiでゲストを呼んで演奏している曲とかも、みんなに承諾を得ないとなんですけど、KiKiコンピというか、from Studio KiKi作品 みたいに、まとまった形にして、音源で聴けたらなお面白いんじゃないかなと思ってるので、もちろんmiida and The Departnentでのオリジナルアルバムとかも作りたいですけど、別軸でそちらも作りたいです。
 
木幡:たしかに。毎回せっせとmiida and The Departmentでオリジナルのアレンジを作っているので、眠らせておくのはもったいない。
 
──今後もmiida and The Departmentから目が離せない! そんな予感にまみれて おりますが、最後に何しゃべっておきたいことはありますか。
 
木幡:チャンネル登録をお願いいたします!
 
──大事ですね(笑)。それではありがとうございました。
 
LINE_P2021414_162917_0.jpg
このアーティストの関連記事

LIVE INFOライブ情報

Restaurant 『wind and sea』
2021.3.29 - 2021.4.18
 
LINE_P2021326_171721.jpg
 
LOFT9 Shibuya
「wind and sea」リリースを記念したコラボカフェ”Restaurant wind and sea”がLoft9 Shibuyaにて3/29(月)〜4/18(日)の期間限定でOPEN!
限定グッズつきコラボメニューの提供、「wind and sea」MV撮影時の写真や沙田瑞紀使用ギターの展示、関連グッズの販売など!
(展示写真はご購入もできます。)
 
Talk and live wind and sea
2021年4月18日(日)
 
LINE_P2021329_140456-548x775.jpg
 
LOFT9 Shibuya
OPEN 17:30 / START 18:00
6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻