Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー木下ほうか(俳優)×中山来未(女優)- 「裸の天使 赤い部屋」ただの純愛では語れないお話

「裸の天使 赤い部屋」ただの純愛では語れないお話

2021.03.26

 江戸川乱歩による「畸形の天女」が窪田将治の手によって現代に生まれ変わった映画『裸の天使 赤い部屋』。怪しく不可思議でいつの時代も人を惹きつける江戸川乱歩の世界を体現するように文子を演じた中山来未。そして、その文子に翻弄され深みに嵌っていく松永を演じた木下ほうか。この妖艶な作品をどう表現したのかをお二人に伺いました。
[interview:柏木 聡(LOFT/PLUS ONE)]

最初は苦手なタイプでした(笑)

──物語自体はシンプルですが、江戸川乱歩ならではの不可思議な世界観でどんどん惹き込まれていきました。お二人はこの物語に触れて、どのような印象を持たれましたか。
 
木下:僕は良く出来た純愛っぽい、凄くシンプルな恋愛の物語としてスラッと読めました。
 
中山:私も最初に脚本を読んだときは、純愛なのかなと思いました。ただ、物語が進むにつれて依存が入ってくるので、その点がただの純愛では語れないお話なのかなと思っています。
 
──演じられた文子の印象はいかがですか。
 
中山:本能のままに生きていて自分に正直で、行動は大胆なんですけど言葉はそんなに多くなくて、不思議な女の子だなと思いました。
 
──演じていく中で文子を理解できましたか。
 
中山:すべて理解することはできないんですけど、恋愛感情は普遍的なものだと思うので、そういった感情に関しては理解できる部分もあります。そういった理解できる感情から文子という役柄を読み解くようにしていきました。
 
kinoshita.jpg
 
──木下さんは文子という女性を理解できましたか。
 
木下:僕も理解はできていないですが、男女の関係に理屈が居るかというとそうではないとじゃないかと思っています。そういう意味ではこの作品は当然のことが描かれています。立場や身分の違う二人の物語を描くというのも王道じゃないですか。
 
──確かにラブストーリーの視点で見るとまさに王道の関係性ですね。
 
木下:松永は成功者の立場にいるキャラクターなので文子に対して最初はハニートラップを危惧していましたが、最終的には魅力が勝ってしまって深みにはまっていきましたね。そこから犯罪まで起こしてしまうというのは狂っていますけど。以外にあっさり殺してしまってますよね、そこがまさに江戸川乱歩を現代に置き換えていて良いんじゃないですか。
 
──王道の関係性とともに人間の狂気の部分が描かれることで作品の不可思議さがさらに際立っていて、まさに江戸川乱歩の世界だなと思いました。その不思議な世界で共演されたわけですが、お互いの印象について伺えますか。
 
木下:初対面の頃と撮影が終わった後で良い意味で全く印象が変わりました。始まる前は実は苦手なタイプだなと感じていたんです、それが撮影を重ねることによって好きになっていきました。
 
中山:実は私も最初は苦手なタイプでした(笑)。
 
──お互いにそうだったんですか(笑)。
 
中山:苦手というのは大げさに言いましたけが、お会いする前は(木下)ほうかさんに対して怖いイメージがありました。それは、私が一方的に作品やバラエティーに出られているほうかさんを見てから来ていたイメージですね。
 
木下:そういう役しか来ないんですよ。
 
中山:なので、最初は怒られるんじゃないかなと思っていました。そういったイメージを持っていたことを窪田(将治)監督にも伝えていて。
 
──窪田監督にも相談していたんですか。
 
中山:窪田監督からは「ほうかさんは怒る人だよ。」と言われたので「ああ、終わった」て思っていました。なので、顔合わせの時は怖かったです。でも、実際は現場でも色々と教えてくださって、ほうかさんが出演しないシーンでも見てくださっていて、優しくて面白い方でした。
 
木下:現場でもよく笑ってましたね。
 
中山:ほうかさんのおかげです。ありがとうございます。
 
木下:彼女は映画出演が初めてで場慣れしていなかったので、リラックスをさせてあげないといけないと思ったんです。撮影の待ち時間に現場に居るだけでも居場所が無いという空気を出していることを感じました。なので、作品のためにもいかがにリラックスしてもらって、協調できるかということに気を配りました。
 
中山:ありがとうございます。
 
木下:そういう事が馴染んできた後はいいシーンがいっぱい撮れたなとは思っています。
 
nakayama.jpg
このアーティストの関連記事

LIVE INFOライブ情報

映画『裸の天使 赤い部屋』

『裸の天使 赤い部屋』ポスタービジュアル.jpg
 
4/2(金)よりシネマート新宿にて2 週間限定レイトショー 名古屋シネマスコーレ、大阪シアターセブンにて順次公開
 
「死ねばずっと一緒にいれる?」週に1 度の不思議な少女との逢瀬 しかし少女には秘密があった・・・不動産会社を経営する松永は1 週間に1 度訪れ、社長という社会的地位も肩書も忘れて過ごす秘密の隠れ家があった。ある夜、その場所で文子という少女と出会う。文子の不思議な魅力に惹かれた松永は、いつしか秘密の場所で文子と深い関係に落ちていく。しかし、松永の前に文子に会うなと告げる謎の男が現れる。文子に隠された秘密とは・・・
 
■キャスト
木下ほうか/中山来未/ 柳憂怜 波岡一喜 草野康太/仁科貴
 
■スタッフ
原案:江戸川乱歩「畸形の天女」
監督・脚本・編集:窪田将治
エグゼクティブプロデューサー:村上潔
プロデューサー:山口幸彦 宮下昇
撮影:春木康輔
照明:大久保礼司
録音:高島良太
音楽:與語一平
美術:加藤ちか
へアメイク:藤川美紗 日野原遥
スタイリスト:森内陽子
助監督:高原一
制作担当:大川伸介
製作:キングレコード フェイスエンタテインメント
企画・制作プロダクション:フェイスエンタテインメント
配給:キングレコード
宣伝協力:ブラウニー
 
©2021「裸の天使 赤い部屋」製作委員会
 
6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻