Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー三木康一郎(監督)×竹財輝之助(木島理生 役)×猪塚健太(久住春彦 役) - 『劇場版ポルノグラファー~プレイバック~』ファンの方に動かされてここまで来た奇跡のような作品

 『劇場版ポルノグラファー~プレイバック~』ファンの方に動かされてここまで来た奇跡のような作品

2021.02.24

 ドラマとして物語・映像美の完成度の高さから多くの支持を集めた「ポルノグラファー」。三部作の完結として『劇場版ポルノグラファー〜プレイバック〜』の制作・公開が決定。ファンの後押しがあり実現した今作の映画化。この耽美な世界はどのように映像化されたのかを三木康一郎監督、木島理生役:竹財輝之助、久住春彦役:猪塚健太の御三方に伺いました。
[interview:柏木 聡(LOFT/PLUS ONE)]

劇場版では凄く悩みながらやっていました

――映画を観させていただきましたが凄く面白くて。
 
猪塚:良かったです!
 
三木:本当ですか。男性だとそんなに面白いかな(笑)。
 
――普通に恋愛映画として見ても面白かったですよ。ベットシーンなんかもエロいなと思いながら見ていました。
 
竹財:男性からもそう言ってもらえるのは、尚更嬉しいですね。
 
――「ポルノグラファー」は今回の映画で3作目となったわけですが、改めて作品を振り返っての今のお気持ちを伺えますか。原作を最初読まれた際の印象なども良ければお願いします。
 
猪塚:「ポルノグラファー」で初めてBL作品に触れました。男同士というだけでなにも変わらない、恋愛の物語なんだなと思いました。なので、撮影でもそんなに構えることもなく臨みました。
 
竹財:今まであまり読んだことのない漫画のタイプだなと感じました。原作は漫画ですが文学的で、読み手に委ねる余白のある作品でした。僕はそういう作品が凄い好きなので、これを実際に役者が話したらどうなるんだろうというワクワクがありましたね。
 
――BL作品を映像化するという事を三木監督は最初どのように感じられましたか。
 
三木:今 BL作品は凄い市民権があるジャンルですが「ポルノグラファー」をやり始めたころはまだ市民権がなかったので、最初にお話しをいただいたときは「BLのドラマをやるの」って思いました。今思い返してもよくやったなって(笑)。この二人もよくやってくれたと思っています。
 
――BLという題材もチャレンジングな部分ですが、先ほども竹財さんがおっしゃっていた通り行間のある作品で、私も作品を観させていただいて表情や仕草でキャラクターの心情を見せるシーンが多いなとも感じました。そこは演じられる役者のみなさんの演技力が試される部分だと思いますが、どのように役作り・演技構成をされたのでしょうか。
 
猪塚:僕はドラマの時と今回の映画では全然役作りが違っていたんです。ドラマの時は純粋な大学生の(久住)春彦が謎に満ちた木島(理生)に振り回されるのに身を任せていたのが大きかったので、そういう意味ではドラマではあまり何も考えずに木島がやろうとしていることに反応しようという感じでした。
 
P_S92_26 (2).JPG
 
竹財:僕が最初に一番引っ掛かったのは、木島が凄くいい声・声が特徴的という部分でした。この特徴をどう表現しようかと考えた時に、まずは外見から入って木島という役を自分の中で固めて雰囲気をまとってしゃべるしかないなと思ったんです。役作りに際して三木監督ともお話しした中で「湿度は感じるけど、温度は感じないセリフです。」というイメージを持たれていると伺ったので、棒読みになっても感情を入れずに湿度を感じるように演じました。外見は特に気にして原作に寄せるのもそうなんですけど、爪の先まで意識したかったので爪を磨いてみたりもしました。
 
三木:してたね。爪ピカピカだった。
 
竹財:監督には「気持ち悪い」言われたんですけど(笑)。細かいディテールから意識しようと思っていたので、最初は大変でしたね。特に木島は振り回す側でもありますから、ディテール含め細かいことを色々やっていましたね。
 
――「湿度を感じるけど、温度を感じない」という事をお話しされたという事ですけど、その意図を具体的にお伺いできますか。
 
三木:特に「ポルノグラファー」の時の木島は春彦にとって得体のしれない人物という事が重要だったので、何を考えているか分からないちょっと人間から逸脱した人であってほしいという事でそう言ったんだと思います。でも、まさか『劇場版ポルノグラファー~プレイバック~(以下、プレイバック)』で木島が振り回される側になるとは思ってもいませんでした。感情の変化が出るという事は木島を普通の人間にしなくちゃいけないので、劇場版では凄く悩みながらやっていました。
 
――確かに木島は今まで謎の男でしたからね。
 
三木:そう、ホラーで言うとお化けみたいなものなんです。
 
猪塚:今回は丁寧にお化けの気持ちを描いたと。
 
三木:そういうことだね。言葉にしてみるとよく解んない表現になるけど(笑)。
 
――実際に演じられた竹財さんは如何でしたか。
 
竹財:今回の映画は特に小細工をせずに演じることが出来ました。春彦が言ってくれるセリフにちゃんと反応する、ちゃんと普通に感情を出すという事を意識しました。『プレイバック』では今まで分からなかった木島の家族構成やその中での立ち位置が描かれていたので、ちゃんと反応できるようにフラットに居ようと思って演じました。基本的な部分の役作りは今までのシリーズで培ってきたものがあるので、それをもって現場に行った感じです。
 
P_S40_4.JPG
このアーティストの関連記事

映画『劇場版ポルノグラファー~プレイバック~』主題歌
鬼束ちひろ『スロウダンス』

レーベル : ビクターエンタテインメント
発売日:2021/2/24
初回限定盤:3,800円+税
通常版:1,200円+税

amazonで購入

『續・ポルノグラファー プレイバック』
著者:丸木戸マキ  出版社:祥伝社

価格:650円+税

amazonで購入

LIVE INFOライブ情報

『劇場版ポルノグラファー~プレイバック~』
 
2021年2月26日(金)より新宿ピカデリーほか全国映画館にて3週間限定上映
 
出演:竹財輝之助、猪塚健太、松本若菜、奥野壮、小林涼子、前野朋哉、吉田宗洋、大石吾朗
監督:三木康一郎
原作:丸木戸マキ「續・ポルノグラファー プレイバック」(祥伝社 on BLUE comics)
主題歌:鬼束ちひろ「スロウダンス」(ビクタ-エンタテインメント)
音楽:小山絵里奈
 
製作:松竹開発企画部
配給:松竹映画営業部ODS事業室/開発企画部映像企画開発室
企画・制作:フジテレビジョン
 
©2021松竹株式会社 ©丸木戸マキ/祥伝社
6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻