Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー丸木戸マキ(漫画家)- 「劇場版ポルノグラファー~プレイバック~」綺麗に映画化してくださったなと感じています

綺麗に映画化してくださったなと感じています

2021.02.20

 ファンの後押しで原作の続編・映画化が決まったBL、恋愛作品の名作『ポルノグラファー』。多くの人の思いが結実して実現したこの映画化はどのような軌跡をたどったのか。作品に対する思いとともにこのファンの思いを受けての気持ちを原作者の丸木戸マキさんにお話を伺いました。[interview:柏木 聡(LOFT/PLUS ONE)]

続編を描くつもりはなかったんです

――『續・ポルノグラファー プレイバック(以下、プレイバック)』は前2作がドラマ化されてからの執筆になりますが、元々構想があり連載を予定していたものがドラマも好評だったので映画にという形なのでしょうか。
 
丸木戸:正直に言うと私は続編を描くつもりはなかったんです。ドラマ制作中にプロデューサーの方から「3作目を作りたい。原作があったら作れるので描いて欲しい。」というお話しをいただいて、編集部の方からも是非やりたいなと言っていただけたので形になりました。
 
――現場やファンからの後押しがあって描かれることになったんですね。
 
丸木戸:私の中では『プレイバック』を描くことはハードルが高かったんです。あれからさらにどういうドラマを作れるんだろう、やれることはやってしまってるんじゃないか、そういう躊躇いがありました。ただ、こうやってお話しをいただけることはとてもありがたいことなので、チャレンジしたいなと思いお引き受けしました。
 
――「続編を描いてほしい」とお話しが来たときの率直なお気持ちを伺えますか。
 
丸木戸:私の中にはこの人物たちがその後どういう暮らしを送っているかはなんとなくイメージがあるわけですが、それは私がアウトプットしないと誰も解らないんだなという事に改めて気付かされました。『ポルノグラファー』を描いた後の感想で「この二人はこの先、上手くいくんだろうか」や「これってハッピーエンドなの」みたいな感想をおっしゃる方がいらっしゃって、それを聞いてそういう風に捉えられる方も確かにいるよなと思いました。
 
――想像の余地を残した終わり方で、その続きは読者それぞれ考えて下さいという作品もありますからね。
 
丸木戸:もちろんそういう作品もいいんですけど、続編を出すとなった時に作者から道筋を出すという意義があるんだと思いました。描きたいことを描くというのもやりたい事の1つではあるんですけど、漫画家は性質として職人みたいなところもあるじゃないですか。今回は人からの要求にどこまでこたえられるのかという事にチャレンジしてみたかったということもあります。しかも『プレイバック』は、状況が結構固められていたので(笑)。
 
――確かに今作はそうですね(笑)。
 
丸木戸:連載は時間がかかるものなので、悩みはしたんですけど。私は頼まれたものを描くという経験を今までしたことがなかったので、新鮮でした。
 
――今作の設定・物語は、『プレイバック』という形ではなくても描いてみたいという思いはあったのでしょうか。
 
丸木戸:元々考えていたものがあったわけではなく、この人物たちがこういう状況に陥ったらこういう行動をするだろうな、みたいな発想で物語を考えていきました。
 
――『プレイバック』では『アケミちゃん』から明実親子も出て来てますが。
 
丸木戸:『プレイバック』の第1話を考える時にもしかしたら映像化するかもしれないという事もあったので、新しい登場人物が欲しいなと思ったんです。私も新しい役者さんを見たかったですし、どういう人たちがいいんだろうと考えたときに、『アケミちゃん』のキャラクターたち・世界観が『ポルノグラファー』の世界観に合うと思ったんです。『プレイバック』第1話の組み立てには凄く苦労したので、思いついたときはこれしかないという心境でした。
 
「劇場版ポルノグラファー」サブ㈰.JPG

文字通り一肌脱いでくださった

 
――役者のみなさんや三木(康一郎)監督とも長い付き合いになっていらっしゃると思いますが、今回映画化されるという事で、みなさんから丸木戸先生に『プレイバック』について質問されたことや逆に丸木戸先生からお願いしたことはありましたか。
 
丸木戸:ほとんどなかったです。もちろん、脚本・シナリオも見せていただきましたが3作品の中で今回が一番何も言わなかったです。ドラマシリーズ2作も細かく何かを言ったという事でないんですけど今回の映画は3作目ですし、シリーズならではの独特の雰囲気がすでに出来上がっています。ドラマから入られたファンの方もいらっしゃると思うので、お任せした方が嬉しいんじゃないかなと思いました。そんな中で唯一言ったところがあって、それは木島(理生)が城戸(士郎)と東京駅の近くの喫茶店で待ち合わせてというシーンです。二人が別れるときにシナリオ上ではバックハグをすると書かれていたんです。
 
――あのシーンは城戸が「俺たち、続かなかったよね」と確認して自分から終わらせるシーンですから、そこまで激情的にならないですよね。
 
丸木戸:そうなんです。撮影も一応したらしいんですけど、三木監督もやっぱり要らないなとなってカットしたらしいです。それを伺って「やっぱり要らなかったよね」と思いました(笑)。実際に出来上がった映像はあの二人らしいクールで何か1枚隔てたようで、でも後ろでくすぶっているような感じが出ていてすごく良かったです。
 
――そこはドラマから携わられているだけあって、無理に押し通すのではなく原作のもつ空気感を拾い上げていただけたんですね。
 
丸木戸:そうだと思います。
 
――木島理生役の竹財(輝之助)さん・久住春彦役の猪塚(健太)さん、お二人の演技も素晴らしかったです。
 
丸木戸:凄かったですね。私の想像を超えるくらい頑張ってくださって、濡れ場なんかもココまでやってくれるのかと思いました。男の人だから余計に力が入っちゃうというのもあるのかなとも思ってしまいました。実は私、濡れ場に対して少し抵抗感もあったんです。
 
――そうなんですか。
 
丸木戸:すみません。自分でも変なのかなとも思ったりすることもあるんですけど。
 
――いえ、全然。漫画と実写では生々しさも変わってきますから。
 
丸木戸:読者の方が読みたい部分でもあると思いますし、自分でも必要だと思って入れている部分ではあるんですけど、映像として描く濡れ場でなかなかあそこまでいく作品はないじゃないですか。
 
――BLに限らず大人向けの恋愛作品でもあそこまで描くものはそれほど多くはないですね。
 
丸木戸:そうなんです。なのでそこに最初はびっくりしたんですけど、お二人は文字通り一肌脱いでくださったので、「お疲れ様」と「ありがとう」しか言えないですね。
 
――男の私から見てもエロいなと思いました。
 
丸木戸:三木監督もエロいの好きだと思うので追求したのかもしれないですね。
 
――感情を爆発させて喧嘩をした二人の気持ちが通じ合ったあと、ああいう濡れ場があることで視覚的にも二人の気持ちが結ばれたんだなと解るので物語のバランスとしても良かったのかなと思っています。
 
丸木戸:私も特に最後のシーンなんかは必要だったんじゃないかなと思いますね。『ポルノグラファー』では付き合う前の二人という事もあってちゃんと絡んでいるというシーンはあまりなくて、だから劇場版では「やってやるぜ」という意気込みを感じました。
 
――この映画が三部作の完結編というのも大きいですよね。
 
丸木戸:そうですね。
 
「劇場版ポルノグラファー」サブ㈪(レタッチ済).JPEG
このアーティストの関連記事

ポルノグラファー
著者:丸木戸マキ

出版社:祥伝社
価格:600円+税

amazonで購入

『續・ポルノグラファー プレイバック』
著者:丸木戸マキ

出版社:祥伝社
価格:650円+税

amazonで購入

『インディゴの気分』
著者:丸木戸マキ

出版社:祥伝社
価格:600円+税

amazonで購入

LIVE INFOライブ情報

『劇場版ポルノグラファー~プレイバック~』
 
2021年2月26日(金)より新宿ピカデリーほか全国映画館にて3週間限定上映
 
出演:竹財輝之助、猪塚健太、松本若菜、奥野壮、小林涼子、前野朋哉、吉田宗洋、大石吾朗
監督:三木康一郎
原作:丸木戸マキ「續・ポルノグラファー プレイバック」(祥伝社 on BLUE comics)
主題歌:鬼束ちひろ「スロウダンス」(ビクタ-エンタテインメント)
音楽:小山絵里奈
 
製作:松竹開発企画部
配給:松竹映画営業部ODS事業室/開発企画部映像企画開発室
企画・制作:フジテレビジョン
 
©2021松竹株式会社 ©丸木戸マキ/祥伝社
 
6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻