Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー足立紳(原作・脚本・監督)「喜劇 愛妻物語」- 夫婦二人だけの一対一の関係を描くというのを見たかったんです

夫婦二人だけの一対一の関係を描くというのを見たかったんです

2020.09.05

しっかり見てくれているんだなと思いました

――罵詈雑言の中で「一人になるのが怖いだけ」というセリフが印象に残っているんですけど、その言葉に込められた思いを伺えますか。

足立:そこは僕が一番恐怖に感じていることなんです。お金がないとかは平気なんですけど圧倒的な孤独には恐怖があって、そこを奥さんにも見抜かれているんだと思います。チカからも「一人になる勇気がない」とか言われて。豪太はそこからスタートしないといけない人間なんでしょうけど、その恐怖があってなんとかチカにへばりついているのがあると思います。一人になるのが怖いというのが理由だとしても、そこを乗り越えていく豪太なりの生命力だと思っています。

――一見、チカが怖いという印象がありますけど、チカがやっぱり正しいですよね。

足立:そうですね。

――奥さんは実際の作品を見られて何とおっしゃられていましたか。

足立:シナリオとかも読んでもらっていたので、意見を聞こうと編集ラッシュを見て貰いました。それを離れてみていたんですけど、後半は涙ぐみながらも見ていました。それは色々思い出しながらということもあったと思うんですけど「気に入ったんだな、シメシメ」と思っていたら、見終わった第一声が「あのカットは撮ってないの」とか「あそこ寄りないの」とか、撮っとけばよかったと思ったことを言われたので喧嘩になっちゃいました。

――(笑)。

足立:そういう意味でもしっかり見てくれているんだなと思いました。ただ、「小説よりも断然面白い。やっぱり、映画むきだったんよ」とは言ってくれました。

――水川さんのキャスティングに関しては如何でしたか。

足立:「アリアリ」と言っていました。

――濱田さんに関して奥さんはどうおっしゃってましたか。

足立:「僕にそっくり」と言っていました。今までは似てると思わなかったのが、映画を見て似てるって思ったみたいです。

――原作と同じく撮影は香川で行われたんですね。

足立:はい。香川に撮影に行くはお金がかかるので、別に香川じゃなくてもいいんじゃないかという意見も出てきたりもしたんですけど、その地に行って3人家族を追いかけていくことに意味があるんじゃないかと思って香川で実際に撮影しました。

『喜劇 愛妻物語』サブC.jpg

素の部分が出るのが一番面白い

――この映画もそうですし『14の夜』もそうですが、性の部分を描かれていますがそこにこだわりがあるのですか。

足立:普通に生きていたら性的なところは避けて通れないと思うんです。みなさん凄く興味津々なところだと思うんです。僕も興味があるからやっているというだけですね。

――本当に面白く描かれていました。

足立:性のことは、面白いですよね。ドラマや映画では通り一辺倒な形になっていますけど、本来は人間の素の部分が出るのが一番面白いと思うんです。

――自分の性癖もリアルにさらけ出すことへの抵抗はなかったのですか。

足立:小説を書いているときは全然なかったんです。でも、表に出たときに思いのほか反応があって、その時は変なことをしちゃったのかなと僕も奥さんも思いました。書いている時はむしろSEXシーンでキャラクターの性癖が見えないのが嫌で嫌でしょうがなかったので、そこはそうするというつもりでやっていました。ただ、思いのほかそういう反応があったのでその時は恥ずかしかったです。

――性癖もそうですが、この作品では足立さんの感情もむき出しにしていると感じました。喧嘩するシーンや家族で泣くシーンなど感情も爆発させていて素晴らしかったです。そういったシーンを書かれる際はどう感情をのせて脚本は書かれているのですか。

足立:普段の生活ではここまで爆発することはそんなには多くないと思うんです。ないからこそ映画やドラマでそういったところを描くというか、むき出しにならざるを得ないと思っていますし、映画やドラマの中でそうならざるを得ないように登場人物たちを自然に追い込むよう心がけてます。作られたような感情の爆発のシーンだと見ていてどうしても気持ちが乗っていかないですから。

――そうですね。感情の起伏にもリアリティが必要ですから。特に最後のシーンが凄いいいなと思ったんです。ラブホテルがあって、お墓があって、色んなものがあって三人がいてというシチュエーションが素晴らしかったです。

足立:制作部が本当にちゃんと台本を読んでくれているなと感じました。シナリオでは「ただの道」としか書いてなかったんですけど「生と死の間に三途の川があるようなイメージなんです」と言ってもらえて、自分でもまさにそうだと気付かされました。こういうのはスタッフの映画に対する乗りが出る部分だと思うんです。今作ではすごく乗ってくれて、あの道を探し出してくれたので、スタッフに見せてもらえた時は凄く嬉しくなりました。

『喜劇 愛妻物語』サブD.jpg

なし崩し的な絆というのも強靭な絆なんじゃないか

――100点のロケーションでしたよね。この作品は8年くらい前の足立さんの状況で、そこから『百円の恋』もあり随分状況は変わったと思うんです。生活も安定して奥さんも罵詈雑言を浴びせるようなこともなくなりましたか。

足立:それが、無くならないんですよ。

――(笑)

足立:何でなくならないんだろ。「年収が増えたから、調子に乗っているだろう」とか言われるんです。兎に角、「鼻がちょっとでも伸びようものならタタキ折る」とは常日頃から言ってます。それが愛情なのかは分かんないですけどね。

――これだけ感情をぶつけてくれる方はなかなかいないと思います。先ほども「一番のラッキー」だとおっしゃられていましたし。

足立:ものすごく感謝しています。でも、どうやったらその感謝が伝わるのかなとは思っています。

――なかなか伝わらないですか。

足立:「全然、伝わらない」と言われますね。本当に伝わってないのか恥ずかしいからなのかわからなくて、一度聞いてみたことがあるんですけど「本当に伝わってないよ」という感じなので、どうすればいいか今後考えていかないといけないですね。

――シナリオも一緒に作られたという事ですから愛されているんだなと思いますよ。

足立:「愛してはいない」と言ってます。

――そこがないとここまで一緒に居れないですよ(笑)。正直、男の私から見ても豪太はないなと思いますから。

足立:そうですね。

――監督されてこの映画を作っていて改めて気づきはありましたか。

足立:濱田さんを通して見ると豪太はダメだなというのは改めて思いました。ただ、気付きじゃないですけどこういう夫婦のなし崩し的な絆というのも強靭な絆なんじゃないかというのを世に問うてみたいという思いはあります。僕自身、夫婦二人だけの一対一の関係を描くというのを見たかったんです。それはそれできつい関係だと思うんですが、それをそのまま描いても見られるものになるんじゃないかという思いはあったので、それはやってみたことの一つですね。

――そこは小説の続編でも描かれていることですね。続編の映画化も期待しています。

足立:僕も是非にと思っています。この作品が多くの方に観てもらえて支持してもらえればそれも可能なので、まずはこの作品を楽しんでいただきたいですね。

『喜劇 愛妻物語』サブE.jpg

「喜劇 愛妻物語」
足立紳(著)  

価格:540円+税  発行:幻冬舎

amazonで購入

LIVE INFOライブ情報

映画「喜劇 愛妻物語」
 
『喜劇 愛妻物語』本ビジュアル.jpg
 
9月11日(金)より全国ロードショー!
 
-staff-
原作・脚本・監督:足立紳
製作:川城和実、瀬田一、宮前泰志、古迫智典
エグゼクティブプロデューサー:濱田健二
プロデューサー:西川朝子、代情明彦
アソシエイトプロデューサー:森重宏美、長汐祐人
ラインプロデューサー:鶴岡智之
音楽:海田庄吾
撮影:猪本雅三(J.S.C)
照明:山本浩資
録音:西條博介
美術:平井淳郎
編集:大関泰幸
スクリプター:渡邉あゆみ
衣装:田口慧
ヘアメイク:花村枝美
キャスティング:田端利江
助監督:松倉大夏
制作担当:柳澤真
製作:「喜劇 愛妻物語」製作委員会
制作:AOI Pro.
配給:キュー・テック/バンダイナムコアーツ
 
-Cast-
濱田岳/ 水川あさみ/ 新津ちせ
大久保佳代子/ 坂田聡/ 宇野祥平/ 
黒田大輔/ 冨手麻妙/ 河合優美 / 夏帆/ ふせえり/ 光石研 ほか
 
 
 
©2020「喜劇 愛妻物語」製作委員会
『喜劇 愛妻物語』ティザービジュアル.jpg
 
 
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
癒されたいカルチャー
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻