Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビューNICKEY「今この瞬間を楽しんで生きる"Queen Of Punk"の輝ける新境地」

今この瞬間を楽しんで生きる“Queen Of Punk”の輝ける新境地

2020.09.04

 昨年、NICKEY & THE WARRIORSで『ONE FROM THE HEART』をリリース。今年の5月にNICKEYのソロ作品がリリース予定だったがコロナ禍で延期。いくつかのライブも中止となったが、こんな時だからこそ! と6月にシングル「LOVE×HURTS」を急遽発売。そしていよいよ、『太陽はひとりぼっち』が満を持してリリース!
 ソロとしては7年ぶりとなる『太陽はひとりぼっち』は森重樹一とのデュエット曲を含む全5曲。「デボラ・ハリーとイギー・ポップをイメージして作った」という表題曲や、ドラマチックなバラードにバッドボーイズR&Rにヴェルヴェッツ。それらが鮮やかなポップとなっている。キラキラしている。
 インタビューを読んでいただけたらわかると思うが、NICKEYさん、その時その時を実にポジティブに生きている。これまでもこれからも常に今であり、今を楽しんでいる。パンクロックってこんなに輝けるんだよー! って言っているような、"Queen Of Punk" NICKEY。NICKEYが輝いているように、聴けば誰もが輝くことができる。そんな作品。(interview:遠藤妙子)

どんな状況になっても必ず切り抜ける方法があるはず!

──5月リリース予定だったけどコロナ禍で延期になっていた『太陽はひとりぼっち』がいよいよリリース。おめでとうございます! 作品の話の前に、まずリリースが延期になりライブもやれなくなった、その頃の心境は?

NICKEY:ありがとうございます。やっと発売することができてホント嬉しいです! 『太陽はひとりぼっち』は去年の8月からレコーディングがスタートして発売までに1年かかりましたね(笑)。今年は、ウォリアーズは春からスタークラブとの7、8カ所のツアー。そしてソロのCDリリースとソロバンドのスタートの二本立てで考えていたから、CDもライブもすべて延期や中止になっちゃって、正直凹みましたね。

──でもシングル「LOVE×HURTS」を急遽6月にリリース。素晴らしい瞬発力! きっかけは?

NICKEY:コロナの自粛期間中、早朝散歩するようになって、毎日15,000歩近く歩いてたんですね。もともと何かで行き詰まった時に、泳いだり散歩したり、リフレッシュして発想の転換をすることも多かったんだけど、「あーっ! そーだー! これだ!」と思いついたのが、「LOVE×HURTS」を緊急シングルとしてリリースすることだったんです。散歩しながら口ずさんでいるうちに、こんな時にこそ明るいポップな曲をみんなに聴いて元気になってもらいたい! と。もちろん、あたし自身を盛り上げる意味でもね(笑)。そしたら居ても立っても居られなくて、散歩中にスタッフサイドに連絡したんですよ(笑)。あたしって実は逆境に強いタイプなんです! 「LOVE×HURTS」は榊原秀樹がアレンジを詰めてくれた曲で、彼が一番驚いていましたね。「えー、シングル!?」と。今時シングルってあまりないですからね。

──カップリングの「EMPTY STREET~廃墟の街から~」は流麗なメロディで、夜の街を走っているイメージ。

NICKEY:「EMPTY STREET」は数年前から作っていた曲で、アコースティックでラフィンノーズのLINAがギターを弾いてライブでやったりしてたんですよ。何回かライブで試しながら徐々に固めていった曲。曲作りって、自分では「いい曲になる」と思っていても、ライブで反響がなかったりすると、だんだんと疑心暗鬼になるんだけど、所沢MOJOのライブで、楽屋で宙也が「あれ、いい曲だね」と言ってくれて、「そうでしょ!」って。

──「LOVE×HURTS」の“世界は悲しみでいっぱい”、「EMPTY STREET」の“争いや憎しみあう声が また 今日も 聞こえる”という歌詞があるけど、今の世界を歌っているようで。

NICKEY:なぜかコロナになる前から作ってた曲なのにね。“争いや憎しみあう声が”の部分は最初にクロスが作ってた時に詩になっていて。あたしの声質に合うフレーズをまず提示してくれて、そこからあたしが広げていくって感じかなぁ。

──「EMPTY STREET」の最後、“廃墟の街角に立ち あたしは ここから歌いはじめよう”って歌詞は決意表明って感じがしました。

NICKEY:そうですね。長くバンド活動してきて、うまくいかない時もあるし。でも、またリスタートだ! っていう気持ちを常に持っていたいじゃないですか。

Bka1aQ1A.png

──このシングルはポジティブな2曲だし、緊急リリースの発想や行動もポジティブ。

NICKEY:あたしは、どんな状況になっても必ず切り抜ける方法があるはず! って常に思っているんです。たとえ失敗に終わっても、じゃあ、次はこうしてみたらどうかな? とか、全く違う発想に転換したり。やっぱりタフでないと何事も続けられないなって思ってます。

──あと本誌Rooftopプレゼンツとして5月に新宿ロフトでトークに出演してもらって…。

NICKEY:そうそう、遠藤さんとのトーク配信! 楽しかったですよねぇ! 誘っていただけて凄く嬉しかったし、すべての予定が飛んでしまったあの時期に、素敵なプレゼントをいただけたような、そんな気持ちになりました。

──こちらこそ! 楽しかったよねー。8月のFlowers Loftでの「LOVE×HURTS」のレコ発では私が呼んでもらっちゃったし。その日のライブはアコースティックとバンドの二部構成。新しいライブのやり方や表現の方法を見つけたって感じで。コロナ禍においても活動を止めなかったですよね。

NICKEY:Flowers Loftでの遠藤さんとのトークも楽しかったし、楽しすぎてどんどん話題が違うほうに流れちゃって、それはそれで楽しい! みたいな(笑)。あたしも、遠藤さんにはとてもポップなパワーを感じているんですよ。男性でも女性でも、どんな状況であれ失敗を恐れず切り抜けていこうとする力! そんな人に惹かれるし、自分もそうでありたい! と常に思っているんです。

 

このアーティストの関連記事

太陽はひとりぼっち

2020年9月4日(金)発売
Wild Cherry Records WCCD003 / 価格:2,200円(税込)

amazonで購入

【収録曲】
1. 太陽はひとりぼっち feat.森重樹一(ZIGGY)
2. EMPTY STREET~廃墟の街から~
3. フリージア
4. ALL KIDS LOVE ROCK N' ROLL feat.森重樹一(ZIGGY)
5. APRILL FOOL~大人は判ってくれない~

LOVE×HURTS

2020年6月5日(金)発売
Wild Cherry Records WCCD4 / 価格:1,320円(税込)

amazonで購入

【収録曲】
1. LOVE×HURTS
2. EMPTY STREET~廃墟の街から~
3. LOVE×HURTS(karaoke track)

LIVE INFOライブ情報

『太陽はひとりぼっち』レコ発ワンマンライブ
NICKEY and THE STRANGE BEAUTY SHOW
【出演】
NICKEY:Vocal
and THE STRANGE BEAUTY SHOW are
CROSS(the LEATHERS):Guitar
榊原秀樹(Vertueux/De-LAX):Guitar
MARCH(CAPTAIN HOOK):Bass
魔太朗(dead branch brothers):Drums
磯江俊道(辻仁成/Vertueux):Keyboard
【ゲスト】
澄田健 (Guitar)
CRAZY COOL JOE(Bass)
2020年9月12日(土)原宿クロコダイル
OPEN 18:00 / START 19:00
前売¥3,000(+飲食のオーダー)
◉入場者30名限定ライブ(マスク着用)
◉入れ替えなし2部構成
問い合わせ:クロコダイル 03-3499-5205
 
THE STAR CLUB GIGS 2020 TOUR “RAGE”
【出演】THE STAR CLUB
【ゲスト】NICKEY & THE WARRIORS
2020年10月4日(日)大阪アメリカ村CLAPPER
※2020年6月21日の振替公演
OPEN 17:00 / START 18:30
前売¥3,900 / 当日¥4,400(いずれもドリンク代別途)
問い合わせ:CLAPPER 06-6213-6331
6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻