Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー大石規湖(映像作家)「ライブハウスを"祭り"じゃなく"日常"に── コロナ禍のライブ配信時代に果たす映像の力」

ライブハウスを“祭り”じゃなく“日常”に──
コロナ禍のライブ配信時代に果たす映像の力

2020.08.03

撮影しながら「負けるもんか!」という気持ちが常にある

──ライブハウスの存続は、音楽好きは全員当事者ですよ。みんなで頑張りたい。あ、ところで配信ライブの告知ツイートとか、撮影者のクレジットも明記されることが増えてきてますよね。カメラマンの個性が段々わかってくるようで、とてもいい。

大石:ただ、私が知らないだけかもしれないんですが、プロや撮影の知識がある方が、ライブハウスの撮影をサポートしてる場面が少ないような気がしています。厳しい状況なのでギャラの問題や仕事が忙しいとか外に出たくないとか理由はいろいろあると思いますが、ライブを撮りたいという人にとってはとてもいいタイミングだと思っています。ライブハウスもギリギリの人数でやってるところが多くて、それぞれ工夫して、店の人が撮影もしたり、メチャクチャ頑張っているんです。でも餅は餅屋だったりするところもあり、きっとプロの人や知識がある人のアイディアを求めている部分もあると思います。撮影の勉強をしてる学生さんにとっては、修業の場になるかもしれません。撮影したいって思ってる人はどんどん行ってみたらいいと思います。そしたら今まで出会っていなかったバンドとの出会いも、撮影する人にとってもあると思います。

──新しい才能が出てきたり、新しい出会いがあったり。

大石:そうです。三上寛さんがBUSHBASHで配信ライブに出た時、凄く喜んでたじゃないですか。

──見ました!(4月13日『Yamanba』)

大石:三上寛さん、「今日は若い人たちと一緒にやれたし、新しい人と出会えたし、新しいスタートが切れた」って言ってたんですよね。

──そうそう。「面白いと思う気持ちまで萎縮させることないよ」とも言ってましたよね。

大石:凄く楽しそうに言ってましたよね。あのベテランさんがそうやって喜んでいて。凄くポジティブですよね。

──発想がポジティブ。

大石:今は厳しい状況だからこそ、そういう発想って大事だなぁと嬉しくなりました。

──ホントそうですね。では大石さん個人の撮影における考え方について。迫力あるライブ映像だけど、立ち向かっていく感じ?

大石:「負けるもんか!」という気持ちはあると思います(笑)。京都のnanoにLess than TV主催の『METEONLINE NIGHT』という配信イベントのために行かせてもらったのですが、撮影終わりにWARHEADのJUNさんがメールをくださって、「タッグマッチだったな」と。確かに振り返ればそうでした。「絶対負けるもんか!」と思って撮っていたんだと思います。

──大石さんの映像は、躍動感があると同時にガッと真正面から挑んでる感じがある。あと距離感が絶妙。

大石:JUNさんに「全然邪魔にならなかった、全然気にならなかった」とも言われました。アーティストそれぞれに演奏をする上での絶対的なパーソナルスペースがあると思っています。そこのギリギリのところまで攻めて撮ろうと思っています。

──映画『MOTHER FUCKER』も距離感が絶妙でしたもん。谷ぐち家に引き込まれてるんだけど、引っ張られてはいなかった。

大石:谷ぐち家には引っ張られまくりですよ(笑)。

椎名(編集部):大石さんには独自の“大石ディスタンス”があるんですよね。

──ありますよね。ライブの映像も迫力あるし生々しいんだけど、なんていうか、どこかシュッとして凛々しい。

大石:自分ではそういう意識はないですね。ただ、「私が撮りました!」「私の表現を見て!」とか、そういう意識では撮影したくないと思っています。「この人たちはなんてかっこいいんだ」と思って、それを「もっと多くの人に知ってほしい!」ということだけです。

──とにかくバンドが好きだからっていう。

大石:そうです。当初、カメラはライブに行くための口実でしたから(笑)。

 

このアーティストの関連記事

the 原爆オナニーズ ドキュメンタリー映画
『JUST ANOTHER』

【出演】the 原爆オナニーズ(TAYLOW、EDDIE、JOHNNY、SHINOBU)、JOJO広重、DJ ISHIKAWA、森田裕、黒崎栄介、リンコ 他
【ライブ出演】eastern youth、GAUZE、GASOLINE、Killerpass、THE GUAYS、横山健
【企画・制作・撮影・編集・監督】大石規湖
【スチール】菊池茂夫
1.78:1 | カラー | ステレオ | 90分 | 2020年 | 日本 | 配給:SPACE SHOWER FILMS
©2020 SPACE SHOWER FILMS
10月24日(土)より新宿 K's cinemaほかにてロードショー!以降、全国順次公開!

6th
ロフトチャンネル
平野悠
ロフトオリジナルコーヒー
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻