Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー頭脳警察 - 万物流転の半世紀から浮上する未来への鼓動

万物流転の半世紀から浮上する未来への鼓動

2020.07.09

頭脳警察を音楽的に捉えてくれたのが良かった

──オープニングを飾る、水族館劇場の舞台を使ったライブ(「銃をとれ」)から一気に引き込まれるし、若手を揃えた頭脳警察が吉と出たことを改めて感じます。

PANTA:みんな若いながらも腕利き揃いだしね。竜次と岳は黒猫チェルシーを10年以上続けていたし、素之助は騒音寺でのキャリアを積んで今に至るし、おおくぼけいはキャプテンズから芸歴が長いし(笑)。

おおくぼ:みんな各々で対バンはしていたんですよね。

PANTA:そうだね。レコーディングも最初はおおくぼくんを中心にデータを送り合いながらパソコンで曲作りをしていったんだけど、そういうのも時代の流れだよね。それを経て、映画にも出てくるリハーサル・ルームで音合わせをするというね。ただ、50周年を迎えるにあたってのメンバーが若い世代になったのは意図したわけじゃなく、ごく自然な流れだったんだよ。それが結果的に素晴らしいものになっていくというのが嬉しい。素之助とは騒音寺との出会いから始まって、おおくぼくんはアーバンギャルドやトーキョーキラーでの活躍を知っていたし、竜次と岳の黒猫チェルシーはいいバンドだと思っていたし、すべてが自然な流れだった。

澤:頭脳警察に入らないかと声をかけてもらったのが、ちょうどバンドが活動休止になった直後だったんですよ。

宮田:いいタイミングだったよね。

──今回の映画は50周年イヤーに焦点を絞るのかと思いきや、意外と過去の写真や映像が織り交ぜてあって、頭脳警察の軌跡をテンポ良く辿れる構成になっていますね。

PANTA:瀬々監督の映画とは違って、政治的なことや現象的なところとは別次元で頭脳警察を音楽的に、ロック・バンドとして捉えてくれたのが良かったと思う。政治の季節が背景としてあった歴史をちゃんと踏まえながら、でもそれだけじゃないよって言うか。それはTOSHIが一番気にしていたところでしょ?

TOSHI:今回? まあ、自分たちを炙り出された感じはあるかな。

──『暴走対談』でも大槻ケンヂさんが話題にしていた、日清パワーステーションで行なわれた再結成ライブでのTOSHIさんは天真爛漫と言うか無邪気と言うか…(笑)。

TOSHI:もう本当に恥ずかしいですよ。勘弁していただきたい(苦笑)。

PANTA:これまで取材やトークライブでTOSHIがどれだけ悪行を重ねてきたかを話してきたけど、こうしてTOSHIの実態を見せられるのが俺は本当に嬉しい。「悪いのはこいつなんだよ!」ってやっと証明できるから(笑)。

──あの映像を見ると、慶應三田祭ではちみつぱいの後にステージ・ジャックするのをけしかけたのがTOSHIさんだったという話も肯けますね。

PANTA:でしょ? 今まで俺がバンドを取りまとめるのにどれだけ苦労してきたか(笑)。火をつけるのはいつもTOSHIなんだから。

樋口:火を消すのはいつもPANTAさんで(笑)。映画の中で、1990年に頭脳警察が再結成した時にPANTAさんは「節操のないバンド」と話していましたね。

澤:あの時期のTOSHIさんを見ると、僕らももっと暴れないとダメだなと思いました(笑)。

TOSHI:真似するな。ろくなことがないよ(笑)。

──そういったアーカイブ映像も挟みつつ、視点はあくまでも現在の頭脳警察に置かれているのが良いですね。

PANTA:理想を言えば、俺とTOSHI以外のメンバーの声がもっと出てくると良かったんだけどね。でもすべては「暑苦しいんだよ」という岳の一言に集約されているからな(笑)。映画のタイトルにしてもいいくらいだよ、『暑苦しいんだよ』って(笑)。

sub2.jpg

このアーティストの関連記事

頭脳警察/絶景かな

2020年7月18日(土)発売
BRAINPOLICE UNION BPU-001
定価:¥1,500+税

amazonで購入

【収録曲】
1. 絶景かな(映画『zk/頭脳警察50 未来への鼓動』エンドロールテーマ曲)
2. ソンムの原に
3. 雨ざらしの文明
*『zk/頭脳警察50 未来への鼓動』公開館の新宿kSシネマ、一部レコードショップ(詳細は近日発表)、近日オープンの「頭脳警察オフィシャルstores」にて販売

LIVE INFOライブ情報

zk/頭脳警察50 未来への鼓動

zk_B5flyer_表面.jpg
 
2020年7月18日(土)より新宿K's cinemaほか全国順次公開!
 
出演:頭脳警察(PANTA、TOSHI、澤竜次、宮田岳、樋口素之助、おおくぼけい)
 
加藤登紀子(歌手)、植田芳暁(ミュージシャン)、岡田志郎(ミュージシャン)、山本直樹(漫画家)、仲野茂(ミュージシャン)、大槻ケンヂ(ミュージシャン)、佐渡山豊(ミュージシャン)、宮藤官九郎(脚本家)、ROLLY(ミュージシャン)、切通理作(評論家)、白井良明(ミュージシャン)、浦沢直樹(漫画家)、木村三浩(活動家)、うじきつよし(ミュージシャン)、桃山邑(演出家)、春風亭昇太(落語家)、鈴木邦男(活動家)、足立正生(映画監督)、石垣秀基(ミュージシャン)、アップアップガールズ(仮)(アイドル)、鈴木慶一(ミュージシャン)、髙嶋政宏(俳優)ほか <登場順>
 
監督・編集:末永賢
企画プロデュース:片嶋一貴
プロデューサー:宮城広
撮影:末永賢、宮城広
整音:臼井勝
スチール:シギー吉田、寺坂ジョニー
企画協力:田原章雄(PANTA頭脳警察オフィシャルFC)、徳田稔(TEICHIKU ENTERTAINMENT)
企画・製作プロダクション:ドッグシュガー
製作:ドッグシュガー、太秦
配給:太秦
[2020年/DCP/モノクロ・カラー/スタンダード・ビスタ/5.1ch/100分]
©2020 ZK PROJECT
 

帰ってきたPANTA暴走対談LOFT編〜映画『zk/頭脳警察50 未来への鼓動』公開記念トーク&ライブ〜

出演:頭脳警察(PANTA / TOSHI / 澤竜次/ 宮田岳/ 樋口素之助/ おおくぼけい)、ほかゲスト有り
2020年7月12日(日)LOFT9 Shibuya
OPEN 18:00/START 19:00
配信時間:19:00〜21:00(予定)
オンライン視聴チケット:¥1,500(税込)
ライブ会場入場チケット(着席):¥2,500(税込・ドリンク代別途¥600、お一人様2枚まで購入可能)
 
 
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
癒されたいカルチャー
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻