Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー「LISTENERS リスナーズ」橋本太知(原案・クリエイティブプロデューサー) - 何かを受け渡すことが出来たら本望です

何かを受け渡すことが出来たら本望です

2020.05.15

 物語が進むごとに新たな謎を含み進んでいく「LISTENERS リスナーズ」。エコヲとミュウの旅はこれからどこへ向かうのか。毎回、目の離すことができません。今回はまさに作品の屋台骨を支えるプロデューサーの橋本太知さんにお話を伺いました。
[interview:柏木 聡(LOFT/PLUS ONE)]

自然にチョイスされていく。そう云う感じです。

――佐藤(大)さん・じんさんにも伺ったのですが、改めてアニメ企画の成り立ちを伺えますか。
 
橋本:2013年ですかね。僕が前職で佐藤(大)さんと企画を進めていて(結局、形にはなりませんでしたが)その作業が一段落ついた処に、“ロック×ロボ”のアニメを作りたいアーティストがいるので会って貰えませんか? と云う連絡を受けまして、それがじん君だった訳です。で、彼はそれまで、独りで小説を書き、音楽を作り、と云う活動をされていて、もっとコラボレーション的に作品を生み出したいと云う欲求に駆られていたみたいで、僕的には直ぐ佐藤さんの名前が浮かびました。で、お二人を引き合わせると云う所から始まった次第です。
 
――音楽ものとしては“成り上がり”物、フェスから“スポ根”物も選択肢としてあったのかと思います、そんな中で今回「ボーイ・ミーツ・ガール」選ばれたのは何故でしょうか。
 
橋本:うーん。ロックって甘酸っぱい想い出と共にある感じじゃないですか? (笑)。それに、成り上がりも、スポ根も、物語として考えるとボーイ・ミーツ・ガールを内包してる。だからじゃないですかね? 逆にある意味「LISTENERS」も成り上がりでスポ根だと思います。
 
――確かに二人の成長はスポ根の要素も含んでいますね。そういった部分も作品世界に合っていて旅立つシーンは見ていてワクワクしました。地名からイギリスっぽい名前ですがモデルにされたのですか。
 
橋本:ビートルズの本拠地「リバプール」とオアシスの本拠地「マンチェスター」の組み合わせですね。どのタイミングで誰が言い出したのかわからないくらい自然にそうなりました。
 
LIS_05_268_v402.mov.jpg
 
――橋本さんも原案にクレジットされていますが、具体的にどういった形で携わられたか伺えますか。オタク心をくすぐる音楽ネタ満載ですが、ご一緒にネタ出しもされた形でしょうか。
 
橋本:クリエイターをキャスティングするプロデューサーの立場から言うと、殊更にネタ出しをしなくても良いメンバーを集めたって事なんです。例えば「リバチェスタ―」って云うアイデアが一つ出たら、皆、その意味が判るし、そこにまつわるネタに関しては既に共有されている。後は、ストーリーの展開やキャラクターの動きに合わせて自然にチョイスされていく。そう云う感じです。それは特別な事じゃなくて、例えば、戦闘機が大好きな人たちが集まって戦闘機のアニメを作るって云うのと同じだと認識してます。
 
――プロデューサーとして作品を共有できるスタッフを集め、作品作りをしやすい環境を作られたと言うことなんですね。これだけ豊富な音楽ネタと物語のバランスを取るのは難しそうですが、どのような点に気を付けられたのですか。
 
橋本:音楽ネタで楽しく遊びたいって云うのは、僕らが楽しく作品を作って行く上で重要なポイントでしたが、それをやる為に作品を発想したと云うのとは違ったんですね。もっと、自分たちが思春期にロックを通して、アニメを通して、女の子を通して、世の中に触れていった時のドキドキとかヒリヒリとかを再現する事を目指していたんだと思います。その結果のバランスじゃないでしょうか。
 
LIS_05_063_v401.mov.jpg

一緒になって、良く解らない世界を旅する感覚で物語が積み上げられて行ったんです。

――各キャラクターのセリフ回し、デザインもモデルとなったアーティストとリンクしていて、そこを追いかけるのも楽しいです。
 
橋本:デザインは、兎に角、pomodorosaさんと寺尾(洋之)さんのお二方がですね、実際に存在するものを見て来たかの様にサラサラと描かれるんですよ。同様にロック史やアーティストのバイオグラフィ、セリフの引用などは、佐藤さんと宮(昌太朗)さんが息を吐くように自然にやられるんです。舌を巻きました。で、そう云う世界を旅するエコヲとミュウに関して、何故、エコヲがあんなに言い訳がましいのか? (笑)。ミュウがイケイケなのに乙女なのか? (笑)。そのあたりはじん君の中にある物なんですね。凄く拘っていたように思います。
 
――本当にすごいメンバーを集められましたね。みなさんの個性が見事にかみ合っていて見ていて楽しいです。各サブタイトルを見ていると楽曲名から付けられているように見えますが。
 
橋本:はい。サブタイトルは、全て、モデルになったアーティストの曲名です。
 
――やはりそうなんですね。サブタイトルと各話の物語もリンクするように意識されているのですか。
 
橋本:各話のシナリオの内容と当然全てリンクしています。「この曲だから、この話」なのか、「この話だから、この曲」なのかはちょっと分からないですけど。キッチリ設定を作り込んで、ルール化して、そこから逆算でお話を構成するって感じじゃなかったんですね。フィーチャーされるジャンルの順番と大きな構成があって、後はエコヲとミュウと一緒になって、良く解らない世界を旅する感覚で物語が積み上げられて行ったんです。なのに、2話の時点でノイバウテン3姉妹がしゃべる変な話が、後になって「本当の事だったんだ!?」となったりする。そう云う事が色々あって「ああ、なるほど。俺たち意外に解ってたんだ」と思いましたね(笑) 。
 
――それだけ自然に作品世界・物語を理解・共有できていたんですよ。素晴らしいです。そのチームに新たに加わるキャストのみなさん。キャラクターに合う方を選ぶのは大変そうですね。
 
橋本:皆さんに夢のキャスティングを出して貰ってですね。ダメもとで音響制作のdugoutさんに投げたって云う(笑) 。今回の超豪華キャストはdugoutの岡田(拓郎)さんのお陰です。感謝してます。
 
LIS_05_087_v402.mov.jpg
 
――あれだけの豪華メンバーを集めるのは大変ですよね。演技力は折り紙つきのみなさんですが、現場ではどのように演技指導をされたのですか。
 
橋本:収録は朝10時からなんですが、毎回、新たに来られるゲストの役者さんに監督が世界観を説明する会って云うのがありまして、安藤(裕章)監督は本当に誠実に想いの丈を話されるんで、結局スタートは10:30から、時には11:00からなんて事もありました。キャスト陣もとても真摯に耳を傾けてくれて。でも、説明不要で全て理解して頂いていた方も多かったです。
 
――素晴らしい、だからこそあれだけ個性的なキャラクターたちも物語にマッチしているんですね。こだわりと言えば毎話変わるEDについても伺えますか。
 
橋本:コレが実現できるか否かは、結構、際どかったです。各所のご協力に感謝してます。じん君を柱に立てて、音楽とロボのアニメと銘打って企画を始めた以上、コレが出来ないと不味いなと胃がキリキリしてました。各ジャンルに対して、どういう距離感の楽曲を出すのか? 当初は原曲を使うなんて案もあったくらいだったんですが、ある日、じん君がモノマネはしないと宣言したんです。インスパイアされつつ今の音でやりたいと。それはロックアーティストじんの矜持だったろうなと。
 
LIS_05_130_v404.mov.jpg
このアーティストの関連記事

LISTENERS Blu-ray BOX1」

【価格】15,000円+税
【発売日】2020年7月29日(水)

amazonで購入

LIVE INFOライブ情報

TV アニメ 『LISTENERS リスナーズ』

2020年4月3日よりMBS/TBS/BS-TBS“アニメイズム”枠にて
毎週金曜25:55 から放送中!
Amazon Prime Video にて毎週金曜25:40 から独占配信中!
 
-staff-
原案:1st PLACE
原作:1st PLACE・スロウカーブ・Story Riders
企画・プロデュース:スロウカーブ
監督:安藤裕章
ストーリー原案:じん、佐藤大、橋本太知
シリーズ構成:佐藤大
脚本:じん、佐藤大、宮昌太朗
キャラクターデザイン:pomodorosa
メカニックデザイン:寺尾洋之
アニメーションキャラクターデザイン:鎌田晋平
サブキャラクターデザイン、総作画監督:小泉初栄、高原修司
色彩設計:末永絢子
美術監督:谷岡善王
撮影監督:柳田貴志
CGI 監修:川原智弘
CGI ディレクター:後藤泰輔
アニメーション制作:MAPPA
製作:LISTENERS製作委員会(DMM pictures、MBS、スロウカーブ)
 
-Cast-
エコヲ・レック:村瀬 歩
ミュウ:高橋李依
ニル:釘宮理恵
ロズ:花澤香菜
殿下:諏訪部順一
リッチー:上村祐翔
ライド:八代 拓
ジャニス:上田麗奈
ロバート:銀河万丈
ホール:下野 紘
キム:田中敦子
ウェンディ:本名陽子
リサ:ゆかな
レオ・マーシャル:千葉 繁
アイン・ノイバウテン:大原さやか  ほか
 

■CD情報

TVアニメ『LISTENERS リスナーズ』オープニング主題歌
ACCAMER「Into the blue’s」好評配信中!
 
OP「Into the blue’s」.jpg
 
作詞・作曲:じん
編曲:菅波栄純(THE BACK HORN)、じん
https://accamer.lnk.to/Into-the-blues
 
TVアニメ『LISTENERS リスナーズ』エンディング主題歌アルバム
「Song of LISTENERS :side Goodbye」
 
ED01「Song of LISTENERS side Goodbye」.jpg
 
【アーティスト】ミュウ(CV:高橋李依)
【発売日】2020年5月27日(水)
【収録曲】第2話~第6話より5曲収録
【価格】1,800円+税
 
「Song of LISTENERS :side Hello」
 
ED02「Song of LISTENERS side Hello」.jpg
 
【アーティスト】ミュウ(CV:高橋李依)
【発売日】2020年6月24日(水)
【収録曲】第7話~第12話より7曲収録
【価格】2,200円+税
 
©1st PLACE・スロウカーブ・Story Riders/LISTENERS製作委員会
keep the rooftop
どうぶつ
ライブハウスの現状
癒されたいカルチャー
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻