Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー石川剛×高木フトシ-惜しまれつつも活動を止めた"drug store cowboy"と"THE HATE HONEY"が、新宿LOFTのステージで再び夢の共演決定!

惜しまれつつも活動を止めた“drug store cowboy”と“THE HATE HONEY”が、新宿LOFTのステージで再び夢の共演決定!

2020.04.01

 二度と観ることが出来ないと思っていたdrug store cowboyとTHE HATE HONEYの両バンドが、drug store cowboy のデビュー20周年という節目の5月31日に新宿LOFTのステージに帰って来る。10年以上の時を経て、どんなライブが繰り広げられるのか...。
 drug store cowboyのBa.石川剛とTHE HATE HONEYのVo.高木フトシの対談で、今回の2マンが開催されることになったきっかけが紐解かれていく。2人のぶっちゃけトークをぜひご堪能下さい![interview:河西香織(新宿LOFT)/photo:丸山恵理(LOFT PROJECT)]

きっかけはトイレ

──2人の出会いはいつ頃ですか?
 
石川:『DETOROIT』(THE HATE HONEYの1st ALBUM)の頃じゃないですかね?
 
高木:俺は全く覚えてないんだよね。
 
石川:確か1997年に『DETOROIT』が発売された後で、小滝橋の新宿LOFTにライブを観に行ってたんですよ。
 
高木:多分、敦(八田敦/Ba)に「DEEP(敦がTHE HATE HONEY前に活動していたバンド)のファンなんだよね。トイレでいきなり話しかけられて。面白い奴なんだ」って感じで紹介されたのは覚えてるかな。
 
石川:当時、俺は町田のレストランでバイトしてたんですよ。そのビルの上にレコード屋があって、インストアのイベントがある時は俺が働いていたレストランのお客さんが入らない部屋を楽屋に使ってたんですね。それでDEEPがインストアに来るってなって、俺はその部屋を楽屋として使用するのを知ってたから、トイレで八田さんを待ち伏せして話しかけたの(笑)。
 
高木:ストーカーだよ、ストーカー(笑)。
 
石川:(笑)で、ヘイト(THE HATE HONEY)になって新宿LOFTでライブをやった時に、打ち上げをそのまま箱でやってて。俺は別に誰の知り合いでもないんだけど、気合いでドラッグストア(drug store cowboy)の村瀬(村瀬敏之/Gt)と2人で打ち上げに出て、八田さんがトイレに行った隙に俺もトイレに行って、レストランのトイレで八田さんを待ち伏せした話をして、「あっ、覚えてるよ」ってなって、八田さんと話せるようになったっていう話です(笑)。
 
一同:(笑)
 
石川:で、フトシさんと初めて話したのも新宿LOFTだったんですね。多分その打ち上げの時に紹介してもらったと思います。
 

石川は策士!?

──お互いのバンドメンバーに対しての思い出や印象はどんな感じですか?
 
高木:俺はドラッグストアに関しては、全員可愛い感じかな(笑)。可愛くて、熱くて、みんないい奴で、まっすぐでピュアな感じ。有原(有原雅人/Vo)が一番そういう感じだとは思うけど。
 
石川:基本、みんな真面目ですからね。
 
高木:うん、そうだね。話がちょっと変わるけど、そもそもがね、今回のこの一件は俺は石川にはめられてるんだから(笑)。
 
石川:俺はそういうところ策士なんで(笑)。
 
高木:俺が去年、大病を患って入院してたじゃん。それでまだ痛み止めの点滴が入っててボーッとしてる時に、石川がかみさん連れてふら〜っと現れたのよ。俺さ、かみさんも好きなわけ。…むしろ石川より好きなわけね(笑)。で、「フトシさん、どうですか? なんか元気そうで良かった」とか言って2人で現れて、「フトシさん、頼みがあるんですけど…。drug store cowboyなんですけど、デビュー20周年のアニバーサリー的な感じでライブをやろうかと思ってるんですよね」って。「いいじゃん! やった方がいいよ。でも有原は大丈夫なの?」って聞いたら、「そうなんですけどね。で、やっぱりTHE HATE HONEYと2マンでやりたいんですよ」って言われて、「はっ!?」って思ったんだけど…。それで出来れば新宿LOFTでやりたいって言われて、「あぁ、新宿LOFTね。なんかその感じ懐かしいね」って思って。一緒にツアーに行ったりしてたからさ。「う〜ん」って思いつつもボーッとしてるからさ、「敦がやるって言うんだったら、別にいいよ。敦に聞いてみて」って答えて。それでさらに「新宿LOFTの方にもフトシさんから連絡を入れてもらっていいですか?」って言われて、「あぁ、分かった」って。でもその瞬間さ、俺がヘイトをやるってことが俺の頭の中にはないわけ。ドラッグストアに5月31日に新宿LOFTでライブをやらせてあげたいって方向に気持ちがなってて、河西に連絡したわけ。それで連絡しつつ、その日の消灯時間になってふと思ったの。「なんか河西のメール、ちょっとテンションが上がってたよな。あれ? これって…ヘイトとか無理だって! みんなのテンションも上がっちゃってるかもしれない!」って冷静になって、「俺のソロと敦が今やってるLüstzöeかDALLEとdrug store cowboyの3マンでいいんじゃない?」ってすぐに石川にメールを送り返したの。そうしたら「いや、もう遅いっす」って。
 
──早いですね(笑)。
 
石川:だってもう、みんなに連絡しちゃってたんですよ。「フトシさんはいいって」って(笑)。
 
高木:(笑)それで、俺の希望的観測として「ドラムが有松(有松博)じゃなきゃ、やらないよ」って伝えて。それはね、今有松は有名な人だから忙しいじゃん。だから「ちょっと無理かも」って言ってくれるかなっていう一抹の希望を抱えつつ、有松が見舞いに来てくれた時に、「こういうちょっと変な話があるんだけど、俺的にはやりたくないんだけどさ。有松どう?」って聞いたら、「いいじゃん、やろうよ! 面白そうじゃん!」って、即答だったわけ(笑)。
 
一同:(笑)
 
高木:嘘って思って(笑)。「マジで!? 本当にやる? やれるの?」って聞いたら、「なんで? いいじゃん! やろうよ!」ってなって。それで最後の砦がギターで。敦が見舞いに来た時に、敦もやりたいって言うわけ。でもドラムが有松だから、ギターはKOJI(KOJI HOSAKA)がいいってなって。「あっ、KOJIはやらないかもしれない」って思って、「KOJIに聞いてみな」って言ったら、KOJIは「僕なんかでいいんですか?」って返事で。断ってくれよって思ったんだけど(笑)。で、まずいなって思ったまま今に至る。だから俺の中では今こうして対談とかしてるけど、本気でやりたいとは思ってないから(笑)。やらされると思ってるからね(笑)。
 

言うだけ言って、出来たらいいなってノリで

石川:(笑)でも病院で話した時にフトシさんも、「あぁ、いいよ」って言ったからね。俺はそこはしっかり覚えてるから。「いいって、意外だ」って(笑)。
 
高木:(笑)違う違う、やっぱり有原のことも気になってたわけ。だから…。
 
石川:いいんですよ。そういう機会ってことでいいんですよ。俺はそう思ってる。
 
高木:バカ言ってるんじゃないよ。大変なんだから、ヘイトをやるのは(笑)。
 
石川:でもなんか、久し振りにそういうのって楽しいじゃないですか。ドラッグストアもそうで、ヘイトもそうだと思うんですけど、なんかのきっかけだったりに強引に結びつけてでもしない限り、もうやらないじゃないですか。俺は過去にも、前の事務所の人から「またちょっとやらないの? それぞれの近況報告がてらじゃないけど、ちょっとやってみるのもいいんじゃない?」って言われたこともあったんですけど。でもその時は、自分は自分でやってることがそれぞれあるし、わざわざやらなくてもいいんじゃないかって思ってたんです。でも頑に断る必要もないのかなって。自分的には、やらなくてもいいかなっていうのもあるんだけど、やることによって得ることはあるだろうし、懐かしい感じを俺は取り戻したい気持ちがちょっとあるんですね。デビューしてちょうど20年という時に、ヘイトを観に行ってた時の感じだったり、新宿LOFTにライブを観に来てて、打ち上げにもっといたいのに終電がないから帰らなきゃとか。当時はタクシーに乗って帰れるはずもないから。なんかそういう気持ちをもう1回取り戻したいって気持ちもあったり。全員が全員、やろうって乗り気じゃなかったとしても、それをすることによって、お客さんもそうなんですけど、「なんか今日よかったな」みたいなことを思って、それぞれがそれぞれの日常にまた帰って行けたらなんかいいなっていうふうに思ったんですよね。で、やらなくて、そのメンツが二度と集まらないとか、そうなっちゃった時に「だったら無理してでも言っとけばよかったな」ってなるくらいなら、ダメかもしれないけど言うだけは言って、それで出来たらいいなっていうノリでしたね。
 
高木:俺的には大きな迷惑だけどね(笑)。
 
一同:(笑)
 
※全文は後日webRooftopにて公開!
このアーティストの関連記事

LIVE INFOライブ情報

drug store cowboy 20th anniversary gig"The world is not ending"

supported by 新宿LOFT
2020年5月31日(日)新宿LOFT
OPEN 17:00 / START 18:00
前売り 4400円 / 当日 4950円(共にドリンク代600円別)
※3歳以下入場不可。未就学児童の方は危険なゾーンでのご鑑賞はご遠慮下さい。
【出演】
drug store cowboy
special guest act:THE HATE HONEY
【前売チケット:4/12(日) 10:00〜】
Cチケット:e+・ローソン(L:75763)
【入場順】
Aチケット(受付終了)
Bチケット(受付終了)
Cチケット(e+・ローソン)の並列
【主催】
新宿LOFT
【企画・制作】
drug store cowboy
【お問い合わせ】
新宿LOFT 03-5272-0382
6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻