Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビューラサール石井 - 「星屑の町」映画化! ドキュメンタリーのような作品

「星屑の町」ドキュメンタリーのような作品

2020.03.10

見終わって気持ちが温かくなる映画

――今も時代を超えて愛される理由は何だと思いますか。

石井:日本人の情感だと思います。みんながどこにでもいるような人で、でも少しずつ変なところがあって。なんか愛おしい。水谷さんのホンの魅力だと思います。水谷さんのホンは行間を想像できるところがいいんです。ひょっとしたらこう思っていたのかなというところが伝わっていくるところが。そういう意味では大人な脚本だと思うんです。それぞれがみんな自分のことを考えているんだけど相手のことを思いやっていて、そこは言葉にしなくてもわかるよというのがみんなの中にあってそれが伝わるんだと思います。あと、僕たちが長く続けようと考えなかったのも良かったんだと思います。

――だから常に自然体でいられるという事なんですね。

石井:そうですね。「そろそろやりますか」と話が出て水谷さんの構想が出来上がってから始まるという形で続いてきました。星屑は別のシリーズもあって、完結とは謳いましたが「星屑の町 忘却編」もやる予定です。

『星屑の町』サブ04 190511_2904.JPG

――この映画はそことも繋いでいる作品になっているんですね。

石井:そうですね。そこに映画が繋がっていくといいなと思っています。

――映画から新たなファンが入ってくる形ですが、そういった方に対して星屑の会の魅力を改めて伺えますか。

石井:特に凝った筋立てもなく、CGもなく、普通の人たちが色々な思いを抱えていますが、歌で結ばれている。少し前のことのような、昭和の頃にこんなことあったよなという懐かしさがあって見終わって気持ちが温かくなる映画になっています。この作品は何度でも見れる作品になっていると思うので、何度も足を運んでいただいて、星屑ファンになって応援していただければなと思います。僕たちにとっても映画になることが夢のようなことなのでこの夢を一緒に楽しんでください。

『星屑の町』サブ09.jpg『星屑の町』サブ05 190504_2735.jpg『星屑の町』サブ06 190518_0678.JPG『星屑の町』サブ07 190519_1309729[41290].jpg『星屑の町』サブ11 190504_5226.jpg『星屑の町』サブ12 190508_0328.jpg『星屑の町』サブ13 190508_0580.jpg『星屑の町』サブ14 190523_2815.jpg

このアーティストの関連記事

LIVE INFOライブ情報

星屑の町

ポスタービジュアル.jpg
 
東北先行上映 2020年2月21日
全国公開 2020年3月6日
 
-staff-
原作・脚本:水谷龍二
監督:杉山泰一
音楽:宮原慶太
撮影:的場光生
編集:栗谷川純
製作:「星屑の町」フィルムパートナーズ
配給:東映ビデオ
配給協力:イオンエンターテイメント
 
-Cast-
天野真吾:大平サブロー
市村敏樹:ラサール石井
山田修:小宮孝泰
込山晃:渡辺哲
西一夫:でんでん
青木五郎:有薗芳記
久間部愛:のん
山田英二:菅原大吉
キティ岩城:戸田恵子
山田啓太:小日向星一
久間部浩美:相築あきこ
久間部六造:柄本明 ほか
 
©2020「星屑の町」フィルムパートナーズ
keep the rooftop
どうぶつ
ライブハウスの現状
癒されたいカルチャー
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻