Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー桑原太矩(漫画家) - 「空挺ドラゴンズ」恵まれたアニメ化

「空挺ドラゴンズ」恵まれたアニメ化

2020.03.05

 龍を狩るというファンタジー要素を交えながらもリアルな生活描写と練りこまれたキャラクター・物語から現実と地続きの世界のように感じる『空挺ドラゴンズ』。熱くどこか泥臭い生活臭のある名作が待望のアニメ化。この生っぽさのある作品はどのように映像化されていったのかを原作者の桑原太矩に聞いた。[interview:柏木 聡(LOFT/PLUS ONE)]

この方たちなら信頼できる

――アニメ化に至った経緯を伺えますか。

桑原:原作の第1巻が出た頃にお話を頂きました。そこから偶然も重なってアニメ化が進んでいきました。

――偶然というのは。

桑原:吉平("Tady"直弘)監督がアニメ化したい作品を探していた時に、本誌(「good!アフタヌーン」)に連載されていた第1話を読まれて、やるならこれをやりたいと思ってくださったそうです。

――本当に初期からのファンですね。

桑原:フジテレビの森(彬俊)プロデューサーが「+Ultra」という新しいアニメ枠を作る際、ポリゴン・ピクチュアズに提案した作品候補の中にもあったらしく、吉平監督もやりたかった作品ということで意見が合致し、決まったと伺っています。当時の編集担当の方からも「こんなに順調に進むことはそうそうない」と言われ、逆に心配になったくらいでした(笑)。

――確かにこんなに順調に進むことはあまりないと思います(笑)。実際に動き始めたのはいつ頃ですか。

桑原:脚本会議をしたのは原作第3巻が発売されたころでした。

――その頃には上江洲(誠)さんもいらっしゃったのですか。

桑原:はい。脚本を頼むなら上江洲さんにと考えていたそうです。上江洲さんはそのころほかの仕事がありお忙しかったそうですが、話が来る前から原作を読んで面白いと思っていただいていたそうで「こういう縁のある作品を断るのは、脚本家として間違っている」と思ってくださり全話脚本を担当していただきました。

――他の人には渡したくないということなんですね。

桑原:本当に恵まれています。

――アニメ化が決まった際の率直な感想を伺えますか。

桑原:とても嬉しかったですけど、脚本会議が始まるまでは実感がなかったです。制作陣のみなさんとお会いするまでは不安もありましたが、最初の顔合わせでその不安は無くなりました。

――それはなぜ。

桑原:アニメ化は勝手に進んでいくイメージがあったんです。実際は吉平監督・上江洲さんから「いろいろ教えて欲しいし、参加してほしい。『ここの描写に特に深い意味はありません』という情報も僕らにとっては解釈するうえで役に立つんです」と言っていただいて、この方たちなら信頼できると思いました。

――実際にどういったことをお話されたのですか。

桑原:物語はもちろんですが、生き物を捕ることの価値観についても議論しました。そこの意識を統一しておかないと作品全体にブレが出てしまう大事な部分なので。

――原作を通じてもテーマの1つにもなっている部分ですね。

桑原:はい。ただ、あまり踏み込みすぎるとまとまらなくなってしまうので、一般論ではなくタキタに限ってどういう考えで行動しているのかというのは話した記憶があります。

――逆に「ココだけは押さえてほしい」など、アニメ側にお願いしたことはありますか。

桑原:私は原作そのままだとアニメ化の意味がないので、原作を大事にしすぎないでほしいと考えていて、本当にお任せしています。そこは信頼があるからです。1点だけ、解体シーンはちゃんと映してほしいという話はしました。

――確かにしっかり描かれていてもグロさはなく、生活の一部になっていました。描き方で言うと料理シーンの描写も素晴らしかったです。

桑原:吉平監督が料理好きな方だからだと思います。

――そこも信頼できる要因の一つですね。『空挺ドラゴンズ』はビジュアルから受けるイメージは冒険活劇のようですが、実際は生活ものだと思っています。改めて見返して「こんなに生活臭したか?」と思ったくらいでした。

桑原:(笑)。

半分家のようなイメージ

――狩猟道具も実際にありそうな物ばかりでリアリティーがあるのが素晴らしいなと感じています。

桑原:道具はあまりに武器っぽいと捕龍ではなく龍退治になってしまうので、そうならないようデザインしています。

――退治ではなく狩猟ということですね。

桑原:そうです。複雑だと修理も難しくなるので、自分たちで修理できるものにという意識もあります。

――キャラクターも実際に居そうなキャラばかりで、仕草も生活感があるのがいいなと思っています。

桑原:彼らが乗る捕龍船「クィン・ザザ号」は半分家のようなイメージで描いているので、小綺麗になっているのかもしれないです。厳しい労働生活を描きたいわけではないので(笑)。

――楽しい貧乏生活ということですね。

桑原:はい。

原作コミック「空挺ドラゴンズ」
桑原太矩(著)

講談社「good!アフタヌーン」連載
第1巻~第7巻発売中
第8巻3/6発売予定

amazonで購入

小説「空挺ドラゴンズ」
橘もも(著) 桑原太矩(原作・イラスト)

価格:1,100円(税込)  発行:KADOKAWA

amazonで購入

「空挺ドラゴンズ公式コミックガイド」
桑原太矩(監修) 講談社(編集)

価格:1,320円(税込)

amazonで購入

LIVE INFOライブ情報

アニメ『空挺ドラゴンズ』

メイン1.jpg
 
フジテレビ「+Ultra」にて毎週水曜日24:55から放送中!
Netflixにて日本先行全話一挙配信中!
 
-staff-
原作:桑原太矩「空挺ドラゴンズ」(講談社「good!アフタヌーン」連載)
監督:吉平"Tady"直弘
シリーズ構成・脚本:上江洲誠
音響監督:岩浪美和
音楽:横山克
アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ
制作:空挺ドラゴンズ製作委員会
-Cast-
ミカ:前野智昭
タキタ:雨宮天
ジロー:斉藤壮馬
ヴァナベル:花澤香菜 ほか
 
 
©桑原太矩・講談社/空挺
6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻