Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー小木博明(おぎやはぎ)×上地雄輔 -「前田建設ファンタジー営業部」気持ちの熱とチームワークで出来た作品

気持ちの熱とチームワークで出来た作品

2020.02.01

 巧みな手練手管で周りを巻き込んでいくアサガワ、巻き込まれたなか奮起し現場を引っ張っていくベッショ。サラリーマンの悲哀と青春を熱く演じた小木博明(おぎやはぎ)さんと上地雄輔さん。熱い現場の中心にいたお二人に作品について語っていただきました。[interview:柏木聡(LOFT/PLUS ONE)]

俺にはまずできない

――ロボットではなく、あえて格納庫を積算するというこの作品。ファンタジー営業部は実在していましたが、ご存知でしたか。

小木:知らなかったです。

上地:僕もです。

――私もこの映画をきっかけに知りました。SNSが今ほど活発じゃない時期ですからね。

小木:そうなんですよね。

――これを見て、基地は意外と安くできるんだなと思いました。オリンピックもあって競技場の建設費をニュースで見ていたので、意外と現実的だなと感じました。

上地:確かにそうですね。

――このエッジの効いた作品の話が初めて来た際の最初の印象を伺えますか。

小木:最初の印象は、俺にはまずできないなと。

上地:(笑)。

――小木さんは会社員経験もあるので、その経験を活かせる役なのかなと思っていました。

小木:会社員経験はあるんですけど。マネージャーや事務所には、弁護士の仕事・建設業やドクターといった専門用語の専門職の仕事は無理だとNGを出しているんです。覚えられなくて、現場で迷惑かけてしまうから。

上地:潔いですね。

――確かに難しい用語多いですね。

小木:長台詞も多いでしょそういう役。

――そうですね。

小木:コントでも弁護士の反対尋問みたいなシチュエーションがあるんです。相手をまくしたてるような。全然言えなくて、ああいう時はすごく迷惑をかけてしまうんです。だから、「弁護士とか絶対無理よ」と言っているんです。検事も無理。

――作中、小木さんが演じるアサガワはみんなを引っ張っていく役じゃないですか。

小木:そうなんですけどね。

上地:むしろ、なんだったら出来るんですか。

小木:俺はしゃべらない役。無言で諭すような厳格なお父さんとか。

上地:楽したいだけじゃないですか。

小木:楽と言うんじゃないよ。目で訴えかけるような役だったらいいよと。でも、上から5番目くらいの位置が欲しい。

上地:難しいな。

小木:そういうのを事務所に言ったことがあるんですよ。そこにマネージャーから、「小木さん、来たよ。映画の話が」って。いいじゃん。やっと映画が来たかと話を聞いたら、建設会社だと。

上地:話が違うじゃないかと。

小木:建設会社のどの辺をやるの? と詳しく聞いたら中で事業を立ち上げる役。…ということは、いろんなことを説得しないといけないと。

――実際にそういう外堀を埋めて巻き込んでいく役でした。

小木:マネージャーが先に台本をチェックして、「小木さん無理そうですよ」となって。「1回断りましょう」と俺が台本を見る前に断ったんです。

上地:なるほど、マネージャーが小木さんのキャパがわかっているから(笑)。

――そんなことあります!?

小木:断ったんですけど、英(勉)監督は一緒に仕事をさせてもらったことがあって。監督から、「セリフを減らすからお願いできませんか」と書き直してもらった台本を読んだんですが、やっぱり無理だ。

上地:わざわざ台本まで書き直してもらって、どんなハリウッドスターですか。

小木:日頃、話さない言葉が、長台詞のうえにポンポン入っているんですよ。48年間に話したことない言葉が。これは無理だから減らしてくれたらなんとか行けますよ、という条件のもとで受けたんです。

上地:めちゃくちゃですよね。そこのしわ寄せが来たのが僕です。

――確かに。役柄も現場から異動してきた設定でしたから、作中でも専門用語を話していて。現場を鼓舞して引っ張っていました。

上地:最初に脚本を読んだ時と全然違っていて。「これ、なかったですよね」って。

小木:ベッショ、素晴らしかったです。これからも一緒にやっていきたいです。

上地:素晴らしいじゃないですよ。知らない言葉や数字がズラーっと並んでいて。こっちにしわ寄せが来るんだから。

小木:こういうコンビで会社とかもできたらいいよね。文句言わないで頑張ってくれるから。

上地:びっくりしましたよ。

メイン1.jpg

このアーティストの関連記事

LIVE INFOライブ情報

映画「前田建設ファンタジー営業部」

メインビジュアル.jpg
 
2020年1月31日(金)より全国の映画館で公開
 
出演:高杉真宙 上地雄輔 岸井ゆきの 本多力 町田啓太 六角精児 小木博明(おぎやはぎ)
監督:英勉
脚本:上田誠(ヨーロッパ企画)
原作:前田建設工業株式会社 『前田建設ファンタジー営業部1 「マジンガーZ」地下格納庫編』(幻冬舎文庫)
   永井豪『マジンガーZ』
主題歌:氣志團「今日から俺たちは‼」(影別苦須 虎津苦須)
配給:バンダイナムコアーツ 東京テアトル
 
©前田建設/Team F ©ダイナミック企画・東映アニメーション
 
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
癒されたいカルチャー
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻