Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー宮月新「シグナル100」 - 見終わった後の印象は同じ

見終わった後の印象は同じ

2020.01.09

 映像化不可能と言われていた『シグナル100』がなんと実写映画化。人間の極限状態を壮絶な描写で描かれた今作はどのようにして制作されたのか。実際の現場もご覧になった原作者の宮月新さんにその裏側をうかがいました。[interview:柏木聡(LOFT/PLUS ONE)]

リズミカルで、エンターテイメント感を強く

――映画化に至った経緯を伺えますか。

宮月:連載を終了してしばらくしてからお話を頂いたのですが、実際に動き出したのはそこからしばらく経ってからでした。

――人間の極限状態を描かれている壮絶な作品なので映像化も難しそうですね。

宮月:そうですね。僕は漫画をつくるときに、死んでいくシーン・暴力的な部分はねちっこく描かないようにしていたんです。そこが映画ではどういう風に描いているのか、楽しみでもありちょっと不安もありました。そんな中、竹葉(リサ)監督はリズミカルで、エンターテイメント感を強く作り上げてくださっていて、原作の描き方を拾ってくださったと感じました。主題は他にあるということに気づいてくれて安心しました。

――確かに派手で印象には残りますが、それぞれそんなに長くないですね。そこよりは心理描写に力を入れていて。

宮月:そうですね。

――画面の色彩も綺麗でした。

宮月:そこも監督のセンスが光っている部分だと思います。作品にすごくマッチしていて、嫌な感じがしないように思います。現場を見に行かせていただいたときも結構細かくシーンの撮り直しをされていて、こだわっていただけているんだなと感じました。

サブ1.jpg

――人間の極限状態を描くということでやはり脚本作業も大変だったと思います。脚本の渡辺(雄介)さんにはどういった部分を注意していただいたのですか。

宮月:僕自身は、原作で見せたい部分からあまり大きく外れていなければほとんど注文はしなかったんです。渡辺さんは漫画原作のものを多くやられている方なので心配はありませんでした。拾うところを拾って、捨てるところは大胆に捨ててもらえているので、さすがだなと感じます。

――映像は流れていくものなので、疑問を持った瞬間に観客の意識がそこで止まってしまいますから。

宮月:そうなんです。シグナルに対しての策の練合を漫画のまま落とし込んでしまうと映像ではピンとこない地味なものになってしまうんです。それをアクションメインで作っていくのは映画ならではの表現で、素晴らしかったです。

――他に脚本を見て、ここがよかったなと思った点はありますか。

宮月:シグナルの表現方法ですね。大枠は同じですが、アプローチ方法を変えてもらったことで無駄がカットされていたのは素晴らしかったです。

――丁寧に全て拾っても駄目になることはあるので、バランス感覚が難しいところですね。

宮月:丁寧にすることで崩れてしまうよりは、むしろ大切な部分を残してアレンジをしたほうが観た人は同じだったなと感じることが出来ると思うんです。そこが上手くできていると思います。単行本を見ながら答え合わせをされたら、全然違うんですけど(笑)。見終わった後の印象は同じだと思います。

――一緒でした。変な話、原作を忠実に再現ということであれば漫画だけでいいですから。監督をはじめとした制作スタッフ・出演者のエッセンスがないと映画化される意味も薄いですから。

宮月:そうですね。

サブ3.jpg

みなさんそれぞれに考えて演じられた

――今作では注目の若手俳優に集結していただいていますが、みなさんの演技はいかがでしたか。

宮月:素晴らしかったです。みなさん共通で死ぬシーンが入っているという到達点があるので、演技に緊迫感が出ていたのかもしれないですね。

――各々のキャラクターが持っている性格の違い・死に対する抵抗の違いも出ていました。

宮月:役者のみなさんがそれぞれ細かくキャラクターを考えながら演じてくださっていました。撮影していない時も役を崩さないようにされていて、それが出ていると思います。

――現場でのみなさんの様子を具体的に伺えますか。

宮月:見学で少し見ただけでも皆さんがそれぞれのキャラクターをいかに作りこんで演じているかを見られたので楽しかったです。生徒役のみなさんの中に、中村(獅童)さんが入られたときの緊迫感・ラスボス感は凄かったです(笑)。

サブ2.jpg

――この人を相手にしなくてはいけないのかってなりますよね(笑)。

宮月:普段はみなさん和気あいあいとされて本当の学校のようでした。いい雰囲気でやってらっしゃるなと感じました。

――自殺シーンはどうでしたか。

宮月:僕が観たのは久保田を演じられた中島(健)さんのシーンだったんですけど、本番前も入念にやられていて、こだわりを感じて嬉しかったです。

――アクションシーンですからね。

宮月:他のみなさんも死ぬシーンはそれぞれハイライトなの、凄くこだわってやっていただいたように感じました。他には制服の着方もみなさんそれぞれに考えて演じられたと伺ったので、そんなところまでこだわっていただけて嬉しかったです。

――だからキャラクターにリアリティが生まれているんですね。

宮月:みんなしっかり役作りされていましたね。

サブ4.jpg

――こういった作品は音楽も重要になると思いますが。

宮月:そうですね。最初に音楽なしのものも見せていただいて、後で音楽付きのものを見せていただいたんですけど、やはり音楽の力は大きいなと感じました。普通こういった作品は怖さを煽るような曲になるんですけど、ポップな感じの曲で面白いなと感じました。ラストの音楽もシーンも合っていて素晴らしかったです。

――前に出すぎてないのもいいですよね。演技・演出を意識されて作っているのを感じました。

宮月:劇中曲と同じくJin Nakamuraさんの手掛けられた主題歌もいい曲でした。

――yukaDD(;´∀`)さんが出演されているみなさんとも世代が近いこともあって、作品に合う楽曲になっていましたね。

宮月:はい。

――ED後の最後のシーンは衝撃でした。こういう切り口できたのかと。

宮月:ここで言うとネタバレになるので言えないですけどね(笑)。脚本の段階で何度も変わっていて。ラストをどう締めるかは喧々諤々とやったところで、いい形で締めていただけました。そこは実際に見ていただいてのお楽しみですね。

サブ5.jpg

このアーティストの関連記事

「シグナル100」第1巻~第4巻
宮月新(原作)近藤しぐれ(作画)

価格:600円+税  
発行:白泉社・ヤングアニマルコミックス

amazonで購入

LIVE INFOライブ情報

映画「シグナル100」

2020年1月24日(金)公開
 
-staff-
原作:宮月 新・近藤しぐれ『シグナル100』(白泉社・ヤングアニマルコミックス)
監督:竹葉リサ
脚本:渡辺雄介
音楽:Jin Nakamura
主題歌:yukaDD(;´∀`)「Carry On」(ワーナーミュージック・ジャパン)
配給:東映
 
-Cast-
橋本環奈
小関裕太 瀬戸利樹 / 中村獅童ほか
 
ⓒ宮月新・近藤しぐれ/白泉社
ⓒ2020「シグナル100」製作
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
癒されたいカルチャー
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻