Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー『ジュラしっく!』東映アニメーションの若手社員が集結! 『ジュラしっく!』の製作陣に迫る!

東映アニメーションの若手社員が集結! 『ジュラしっく!』の製作陣に迫る!

2019.12.01

 会社に新しい風を通せ! 若きクリエーターの熱い想いが作り出した『ジュラしっく!』のスタッフに、作品への思いとこれからのアニメ界への熱い思いをお聞きしました。[interview:日野弘美(LOFT/PLUS ONE)]

監督:石谷恵、作画監督:山本拓美、プロデューサー:伊藤志穂

 

東映アニメーションでの若手プロジェクトが実現!

──この作品が生まれたのは、どういうキッカケだったのですか。

伊藤志穂(以下、伊藤):2018年の夏に会社が中長期的に成長していくために「いろいろな部署の20、30代が集まって自由な発想で企画を実行する」というプロジェクトが発足されました。この作品は、そのうちの1つです。私は、当時は総務室所属でしたので、全てが初めてでした。周りの方に助けていただきながら実現までいたった次第です。

石谷恵(以下、石谷):今回のことは東映としてはものすごく珍しいことなんです。東映は過去作のリメイクや漫画原作をアニメ化することが多いため、それらとは別に、「なにか新しいことをしてみたい」という気持ちを持つ制作スタッフも多くて。もちろん既存の作品の中でも新しい挑戦はしているのですが、ベースからは大きく外れることはありません。そんな中、今回のように若手が一から企画を作るということはすごく先鋭的でした。

伊藤会社として新しい軸を生み出そうと方向性を模索している段階にあります。

──企画書はこのメンバーで作られたのですか?

伊藤企画書作成自体は自分でして、今回の作品は技術評論社さん出版の『リアルサイズ古生物図鑑』シリーズにインスパイアを受けたものです。お話しを伺ったときに図鑑の第二弾が2019年の夏に発売されると知り、「それに合わせて1分のPVを作ろう」という話になりました。

──なぜ、古生物をモチーフにしようと思ったのですか。

伊藤 図鑑のビジュアルインパクトがきっかけです。古生物といえば、アースカラーで描かれていて、横に説明文が添えてあるイメージだったのですが、この本はそうではなかった。派手で明るい色使いだし、見たことのない生物が実際のサイズで私たちの街に潜んでいる。「この子がいたらこれくらいのサイズか」という想像が膨らみ、一気に企画書に落とし込みました。

石谷「オリジナル」というのが重要だったんです。もちろん企画の選定時には原作ものの案もたくさん出ていました。でもメンバー全員がどうしてもオリジナルの案件に挑戦してみたかったんです。私たちでいくつかの作品をあげた中で、幸運にも『ジュラしっく!』は映像化までたどり着けた感じです。

──オリジナルを作るのはやはり原作ものより大変ですか?

石谷めちゃくちゃ大変です(笑)。ベースがないので…オリジナルだと浅くなりがちというか。原作があるから深みが出てくるところもあると思うので。しかも本作は図鑑が原案という点で、未だにどう作るか迷っています。PVはお試しみたいな感じで作っていて、出てくるキャラクターの性格も全部(仮)の状態です。決定してしまうと後々広げにくくなると思うので…。

──色彩やキャラクターもとても可愛いですよね。

石谷色彩に関しては伊藤さんに一番言われていたところで、色彩設計さんと一緒にこだわりました。キャラクターも、「こんな感じで」とラフを山本さんに渡したんですが、私の描くキャラクターが90年代で(笑)それを山本さんがすごく現代風にアレンジしてくれたのでありがたかったです。

──山本さんは絵を描くのにモデルとかいらっしゃるのですか?

山本拓美(以下山本):『ジュラしっく!』に関してはないですね…。でもなんとなく苺に関してはツリ目にして記号化して、素直と目の形は絶対被らせないようにして、古生物もキャラクターも一番は「可愛く描く」っていうのは貫きました。

石谷チェックする時にびっくりしたんですけど、古生物の描き込みすごいですよね。

山本古生物は人物と違って鱗とか肌の質感があるので影も多めにしたり、ある程度描かないと成立しないかなと。

石谷でも全体的に描き込んでいるのではなく、ポイントで目の周りに集中しているなどバランスは見てくれているので助かりました。

山本正直、古生物の方が楽でした。表情がないので…。

──声優さんはどのように決められたのですか?

石谷今回はナチュラル系で、誇張した表現よりは実写寄りの演技が希望でした。主人公の素直のオーディションをした時、石橋陽彩さんの自己紹介の時の演技がものすごくピッタリだったんですよ。テンションも声も低めで自己紹介した後、真っ直ぐな明るい少年といった感じで脚本を演じられてたんですね。私的にはその少し気の抜けた最初の声がキャラクターに合っていたんです。苺の方は更に悩みました。苺は主人公を彩るヒロインではなく、主人公と同じように悩みを抱えたもう一人の主人公です。一見可愛い声だけどしっかりと通った芯がある演技ということで、白石晴香さんにお願いしました。

──私の感想としてはPVの映像は続きがとても見たくなる内容でした。

石谷ありがとうございます。このPVは「続きを見たい」と思ってもらえることが課題の一つだったので、その言葉はとても嬉しいです。本作で達成しなくてはならなかった課題がもう一つありまして…それは今回の映像の明確なターゲットを社内の人間にすることでした。社内の人が面白そうだね、一緒にやろうって言ってもらえる作品にしたくて、あえて東映っぽい作品にはしないように全振りしました。

LIVE INFOライブ情報

古生物×アニメの挑戦!「ジュラしっく!」初イベント!
2020年1月13日(月)

会場:LOFT/PLUS ONE

【出演】土屋 健(古生物アドバイザー)、石橋陽彩(声優)、石谷恵、山本拓美、伊藤志穂

【進行】白川理桜

OPEN 11:30 / START 12:30 

前売¥2,500 / 当日¥3,000(要1オーダー¥500以上)
※一般前売券はe+にて発売中!

 
松本ロフト
LOFTX Koenjoy
ロフトアーカイブス
復刻
lpo
lpo