Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュームラムラタムラ【完全版】- なにが起こるのかを楽しみにワクワクして来てください

なにが起こるのかを楽しみにワクワクして来てください

2019.11.30

 今月12月28日に3回度目の単独ライブを開催するスーパーフリーピン芸人・ムラムラタムラに単独直前インタビューを決行! 初のオールナイト4時間単独への心境、意気込みを語っていただきました。ムラムラタムラをまだ知らない、そこのあなた! お笑いに詳しくなくてもアニメ、マンガ好きな方には刺さるネタ?! 一体、どんなオールナイト公演になるのか...。間違いなく"伝説の夜"にはなります![interview:おくはらしおり(阿佐ヶ谷ロフトA)]

過去と今

──“スーパーフリー芸人”として活動されていますが、芸歴は…。

ムラムラタムラ:(食い気味に)そうですねぇ。かれこれ8年ですね! 長そうで短そうな8年ですね。コメントもしにくい!(笑)

──(笑)。島根から大阪、そして上京と拠点を変えながらの活動ですが、最初からずっとピン芸人としてネタを披露していたんですか?

ムラムラタムラ:最初はコンビを組んでいましたね。同じ地元(島根)から出てきたヤツと組んでいたんですけど、2年半くらいで解散しましたね!

──同級生と、ですか?

ムラムラタムラ:そうですね。同級生と!

──その時、ネタ軸はコントが多かったんですか?

ムラムラタムラ:いや! 漫才もコントも…どっちも!

──へぇ…えええええ?!(驚き)

ムラムラタムラ:(爆笑)え?! そんなに驚きます?!

──漫才をしている姿が全く想像できなくて…。もう、今の衣装のインパクトがとても強くて(笑)。

ムラムラタムラ:もう、漫才はやりたくないっすね(笑)。やりたいんですけど、やりたいけれども…やれないんでね! 残念ながら!

──今だと、即興コンビとして一夜限りで漫才を披露とかの場もあったりするじゃないですか? そういったカタチでは…?

ムラムラタムラ:きっと、そうなるとムラムラタムラでやるんですよ。タムラ君ではなくてね。そうすると…ムラムラタムラは無理なんですよね!(笑) もう、タムラ君には戻れない!

──解散されてから今のピン芸人としてのネタがカタチになるまでには、いろいろと試行錯誤されたんですか?

ムラムラタムラ:いや、速攻でしたね! 速攻ッ!(強い眼差し)ピンになった瞬間からコレですね! 本当に!!!


06.jpg
──衣装も変わらず?!

ムラムラタムラ:衣装はコレが3回目のチェンジですね! 最初は白黒のタンクトップとホットパンツで、次がadidasのへそ出しヨガインストラクターみたいなコスチュームで、今がこのレオタード! なんで、3回ですね!

──レオタードは…クラシックバレエのレオタードではないですもんね? なんのレオタードですか?

ムラムラタムラ:新体操ですね!

──よくこの配色を見つけましたね(笑)。

ムラムラタムラ:もう…ヤフオクでめちゃくちゃ探しまくって、これを見つけたときに、「なんだコレ?! …めちゃくちゃいいじゃん!!!」って。(笑)

芸名の由来

──ピン芸人になってからはずっと“ムラムラタムラ”ですよね?

ムラムラタムラ:そうですね。ずっとですね!

──「この芸名にしよう!」と思ったきっかけと言いますか…芸名の由来はあるんですか?

ムラムラタムラ:とりあえず、覚えやすくてしょうもない名前にしたくて。もう、「ムラムラタムラでいっか!」って感じっすね。これで売れたらいいな、って感じで、この名前で売れるというか…(笑)。真面目な質問はやめて頂きたい! 真面目なのは! なんかこうなっちゃうんで!!!(笑) とりあえず、タムラって名前は残したいんだけど、タムラっていう名前の芸人さんも多いんで、その辺を含めてタムラを残しつつも…ムラムラタムラで! ね(笑)。

──(笑)。まだ、ネタも観たことなく、芸風も知らなかった頃に初めてお名前だけを目にしたときは勝手に下ネタを武器にしたネタをする方なのかな? と思っていたんですよ。

ムラムラタムラ:ん~…どう考えてもそうでしょ!(笑)

一同:(爆笑)

03.jpg
──あとはムラムラタムラさんご自身が、アニメやマンガにも詳しくて好きな方なので、なにかのキャラクターのお名前や技のネーミングから芸名にしたのかな? と思っていたんです。
 

ムラムラタムラ:うんうん。ジョジョ芸人としてのときによく言われたのは、「“ムダムダ”と“オラオラ”をかけて“ムラムラ”にしたんだね!」って言われたんですけど…

──あ! それを意図として…?!

ムラムラタムラ:いやいや!(笑) 後々考えたら、「なるほどね! そういう風にもなるか!」って感じなんすけど…もともと意味がないんすよね。やること成すことすべてに(笑)。

──文字として見たときいいですよね!(笑) 「ムラムラタムラ」って“タ”だけ仲間はずれな感じで。

ムラムラタムラ:キレイに納まってる感じはありますよね。カタカナで(笑)。

02.jpg

単独ライブは“どう死ぬか”

──単独ライブはコンビを組んでいた時や大阪でも開催をしていたんですか?

ムラムラタムラ:いや! ピンになって、東京に来てからですね。最初は中野Vスタジオ、次が新宿バッシュで、今回の阿佐ヶ谷ロフトAですね。

──3回目…どうなるんですかね?(笑)

ムラムラタムラ:今はまだ楽しみですね!(断言)これが、開催の2週間前とかになると…どんどん青ざめていくんで。

──(爆笑)

ムラムラタムラ:まだ、今は開催まで1ヶ月以上あるんで、「あれをこうしてこうなって」みたいな感じで企画を考えたりしててすんごく楽しいんすけど!!! …前日はとくに寝られないんで。オールナイト開催なのに、前日からオールナイトって感じだと思うんで!(笑)

──いや、そこは体力的な面も含めてお休みして頂きたいですね…。寝てください(笑)。

ムラムラタムラ:これがねぇ…1回目も2回目も前日から全く寝られてないんすよ。結局、怖くなっちゃって。

──単独ライブとなると準備することも多いですもんね。オールナイトでの単独ライブ開催も異例ですし、良い意味で…狂ってますもんね。

ムラムラタムラ:狂ってるって!!!(爆笑)

──もう本当に純粋に、「スゴイ」しか出てこないですもん。よく、「ムラムラタムラさん、単独オールナイトでやってみましょう!」で「はい! 是非!(即答)」で開催に至ったな、と。
 

ムラムラタムラ:確かに、そうですね(爆笑)! とりあえず、1時間は丸々ネタに使って、3時間を企画にしようと思ってます! 企画も…それなりのことはします! 途中で少し休憩みたいな企画もあるんですけど、自分のことも考えて、ね。

──本当に! ムラムラタムラさんのネタって床にドンってダイナミックに全身を叩き付けるじゃないですか。マットとかひかないと怪我しそうなネタと言いますか…本当に身体は大事にして頂きたいですね(笑)。

ムラムラタムラ:本番中ってむちゃくちゃアドレナリンが出まくってるみたいで、全く気付かないんすよ!(笑) 終わってからいろんなところの出血に気づいたり、後々めちゃくちゃ痛いみたいな…。とりあえず、告知では毎回必ず、「死にます!」って書いてるんで、その辺は大丈夫っすね。ただ正直、前回開催をした1時間の単独ですでに死んでるんすよね。

──前回は1時間の単独。今回は4時間の単独。と、言うことは確実に…死ぬじゃないですか!!!

ムラムラタムラ:そう、死ぬんですよ。1時間ガチガチのネタをして、3時間企画をして…今はまだ本当に楽しみなんすけど…どう死ぬかっすね!!!

──…無事に2020年を迎えたいですね。

ムラムラタムラ:そうですね! 完璧な状態で2020年は…迎えられない、かもしれないっすね!!!(笑)

05.jpg

LIVE INFOライブ情報

ムラムラタムラ単独ライブ『REMOCOCHAN’S ALL NIGHT DEATH MATCH 』

2019年12月28(土)
阿佐ヶ谷ロフト
OPEN 24:00 / START 24:30
前売¥free / 当日¥2,500(共に飲食代別/要1オーダー¥500以上必要)
 
※前売は出演者ご招待チケット、当店阿佐ヶ谷ロフトAご招待チケットにて配布中。
※このイベントはオールナイト公演につき、18歳未満の方、および高校在学中の方のご入場はできません。当日、ご入場の際に身分証(免許証、学生証、パスポート、taspo、マイナンバーカードなど公共機関が発行する証明書)の提示が必要となります。
 
【出演】ムラムラタムラ
【ゲスト】ちびシャトル、本多スイミングスクール、森本サイダー、ひつじねいり松村、もじゃ、オダウエダ
 
松本ロフト
LOFTX Koenjoy
ロフトアーカイブス
復刻
lpo
lpo