Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー浜崎博嗣(アニメーション監督)- 「無限の住人-IMMORTAL-」無駄を省き感じて考える作品

「無限の住人-IMMORTAL-」無駄を省き感じて考える作品

2019.11.11

 連載完結から数年たつ今も熱狂的なファンを多く持つ『無限の住人』。時代に取り残されたキャラクターたちが繰り広げる群像劇だ。アニメ化・実写映画化・舞台化と様々な展開をへて、今回待望の完結までを完全アニメ化。沙村広明のもつ耽美な残酷美をどのように表現していくのか、監督の浜崎博嗣に伺った。[interview:柏木 聡(LOFT/PLUS ONE)]

ミックスされることで面白いものになるんじゃないか

――WEBインタビュー動画では、「来るものが来てしまった」とのことですが。

浜崎:昔から私に合う作品だと言われていました。私も連載当時から読んでいて、なんともニューウェーブな時代劇ということで楽しんでいました。

――好きな作品を監督されることにプレッシャーはありますか。

浜崎:緊張感というのは特にないですね。

――19年連載された大作。深見(真)さんとはどのようにシリーズ構成をされているのですか。

浜崎:30巻という長い作品を脚本にしていくのは大変でした。基本的にはシンプルな軸を決めてそっていく方法にしました。シンプルな軸というのは(浅野)凜の行動についていくということです。

――沙村(広明)さんのWEB動画インタビューで、今回は自ら監督とすり合わせされたとおっしゃられていましたが、その点について伺えますか。

浜崎:食事の席でお話しをさせていただいた際に、趣味の映画などについて話しました、物語のすり合わせというよりは意識の確認をさせていただいた形です。特に梶芽衣子さん映画『さそり』などの話題で盛り上がりました。原作からもその時代あたりの日本映画や70年代のアクション映画が持つ外連味を感じるので、そういうのを見つけると安心しますね。

――そういった共通言語がないと難しいですよね。

浜崎:そうですね。原作を再現しようと躍起になりすぎると逆に原作から遠ざかると思うんです。

――そのままでということであれば原作を読めばいいとなってしまいますからね。

浜崎:印象はなるべく近いものになればいいなと思っていますが、同じものにするのは表現方法が違うので不可能ですから。私の世界観と沙村さんの世界観がミックスされることで面白いものになるんじゃないか、ということで依頼が来たと思っています。

――第1話などは本当にその通りで、まるで映画のようで贅沢なフィルムでした。アニメーションになったからこその魅力の表現をされていて素晴らしかったです。本当に美しくて、先ほどお話しもされていた70年代の映画を見ているようでした。

浜崎:ありがとうございます。あの頃の映画はギラギラした生命感あふれるものが多くて元気がいい時代だったと思っています。

――そうですね。文化としてもまだ若い時代で。今は観客の声を聴きすぎてしまう作品もありますから。

浜崎:そこも大事ですけど。やはりバランスも。

人間らしさを見て欲しい

――今回は年齢制限もありますが表現で意識された部分はありますか。

浜崎:そこで意識が変わるということはないです、すでに製作委員会のお墨付きでしたから。私は、『無限の住人』は残酷美・耽美な世界だと思っています。最大限美しく見せるように心がけています。

――わかります。苦手な人がいるジャンルではありますが、沙村さんの作品はどれも綺麗です。

浜崎:その通りです。沙村さんは凄くまっすぐだと思います。作品を読むことで読者それぞれ自分の感情を解き放ってくれているような、エロティシズムや残酷美はそういう側面があると思います。そこはもちろん気を配るべきことですけど、萎縮するのはまた違いますから。

――そこでブレーキがかかると、今回の映像化をやる意味がないですよね。特に万次は毎回ボロボロになるので。最後まで成長しないというのもあまり見ないキャラクターですよね。

浜崎:そうですね。読み返して思ったのですが、どのキャラも人間の弱さを表現されていて、特に万次や凜はそこを凝縮しています。原作で最後の凜の慟哭がもっとも象徴的ですよね。以前、読んだ以上に感じました。

――基本的に全キャラ破滅に向かっていきますから。

浜崎:あらがうキャラばかりですよね。保守的なキャラはいない。

――時代としても戦国が終わり、平和に向かっている中なのでかなり時代錯誤ですね。

浜崎:時代劇であっても“武士道”をテーマとした作品でないことは確かです。業が深いキャラばかりで、人間らしく死ぬし、人間らしく殺す。人間らしさを見て欲しいと思います。

――だからこそ感情移入してしまいます。物語の流れからも破滅に向かっていることを感じますから。

浜崎:人間は死んでしまうからこそ成長する、一番の悲劇は”死なないこと”ということなんでしょうね。

――そういう意味で、万次は不死だから成長しないのでしょうね。

浜崎:私が不死の命を授かったら悶々と日々を過ごしますよ。

――精神的に発狂しないだけ強いですね。実際に凜と出会うまでは堕落した生活でしたから。浜崎さんは本当に原作を読み込まれていますね。

浜崎:今、話したことは読まれた方はみなさん感じられていることだと思います。この作品は過去にもアニメ化され、舞台・映画と色々な形で世に出ていて歌舞伎に近いですね(笑)。

――それだけ求められている作品ということです。

浜崎:『無限の住人』は世界観を楽しむ作品でもあるからだと思います。物語は凜が万次と出会って復讐を成し遂げるという、シンプルでまっすぐ王道ですから。なので、デティールのこだわりが原作の魅力でもあります。アニメの見せ方ではどこかでシフトチェンジをしないと無理だなと思っています。

感情の温度優先で感じてもらえるように

――そこは制作スタッフもそうですが、役者のみなさんの演技にもかかってくる部分ですね。

浜崎:その通りです。

――万次役の津田(健次郎)さんは、「凄いエネルギーを使う」とおっしゃられていました。

浜崎:それはそうだと思います。

――凜役の佐倉さんは、「選ばれるとは思っていなかった」とおっしゃられていました。

浜崎:そうですか。実は最初から頭にありました。二人に関しては迷わなかったです。二人に合わせて周りのキャストを決めていった形です。

――通常のアニメに比べてお芝居がシリアスで、私たちの日常に近い感情表現になっていると感じました。

浜崎:基本的にアニメの芝居、記号的なことをなるべく避けてほしいとお願いしました。アニメーションではありますが作り物にしたくなかったんです。作中で悲しいことが起きてそれを悲しいと思うのは実は客観的なことで、本人がどう思ったかが重要でそこに実在感が出るんじゃないかと考えています。今回は音響監督の清水(洋史)さんに大変助けていただいています。

――それを体現できる役者のみなさんも凄いですね。

浜崎:そこは役者の力とともに今までの経験と感受性で、鍛えて出来ることとはまた違うものもありますね。

――確かに滲み出るものがあります。音に関して言うと音楽とのバランスも素晴らしいなと感じました。

浜崎:どういった作品かを伝えるために第1幕は特に全体がPV的な作りを目指したので、そう感じていただけたのかもしれませんね。物語を感覚で見て、想像して、考えて欲しいという気持ちを込めて作りました。なので、余計な説明を省いて、キャラクターの感情の温度優先で感じてもらえるようにしました。

――だから同じ世界にいる感覚になり、没入することができるのですね。

浜崎:せっかくの映像だから面白いところを見せたいなと。音楽面では石橋(英子)さんが素敵なムードを出して画に音の色気をつけてくださっていますしね。

――感覚を大事にして作られていますがどのように共有しているのですか。

浜崎:まずは、打ち合わせで話せるだけ話しまくるしかないです。それでも違ってくるのは当然なので、難しいです。

――見てきた作品や共通言語で受け方が変わりますからね。

浜崎:そこは近い経験があるかどうかで変わるので難しいですね。だから仕事量が減らないのかもしれないです(笑)。ただ、「あまり説明っぽくしないで」というところは伝えています。行動の感情が前に出てくればベストだと思っているので。そこに余計なセリフやカットでにごらなければO.K.なのですが、一部の方には説明不足で不親切かな。

原作コミック
「新装版 無限の住人」第1巻~第15巻
沙村広明(著)

価格:980円+税  発行:講談社

amazonで購入

「無限の住人~幕末ノ章~」第1巻
滝川廉治(原作), 陶延リュウ(漫画), 沙村広明(協力)

価格:630円+税  発行:講談社

amazonで購入

LIVE INFOライブ情報

放送情報『無限の住人-IMMORTAL-』

Amazon Prime Videoにて 独占配信中!最新エピソード毎週木曜配信
 
CAST
万次:津田健次郎
浅野凜:佐倉綾音
天津影久:佐々木望
凶戴斗:鈴木達央
黒衣鯖人:花輪英司
閑馬永空:咲野俊介
乙橘槇絵:桑島法子
阿葉山宗介:ふくまつ進紗
天津三郎:秋元羊介
川上新夜:小原雅人
吐鉤群:中田譲治
百琳:林真里花
偽一:白熊寛嗣
尸良:奈良徹
真理路:小林親弘
宗理:関智一
八百比丘尼:真山亜子
 
STAFF
原作:沙村広明『無限の住人』(講談社「アフタヌーン」所蔵)
監督:浜崎博嗣
シリーズ構成:深見真
キャラクターデザイン:小木曽伸吾
美術監督:工藤ただし
色彩設定:篠原愛子
撮影監督:増元由紀大
3DCGディレクター:市川孝次
編集:長谷川舞
音響監督:清水洋史
音響効果:武藤晶子
音楽:石橋英子
アニメーション制作:ライデンフィルム
 
©沙村広明・講談社/「無限の住人-IMMORTAL-」製作委員会
松本ロフト
LOFTX Koenjoy
ロフトアーカイブス
復刻
lpo
lpo