Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー及川眠子(作詞家)- 『HEDWIG AND THE ANGRY INCH /ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』最後に"希望"が残る普遍的な名作

『HEDWIG AND THE ANGRY INCH /ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』最後に"希望"が残る普遍的な名作

2019.09.02

 22年前にオフブロードウェイで上演され、世界各国で熱狂的な支持をされた名作ミュージカル『HEDWIG AND THE ANGRY INCH /ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』が帰ってくる。今回の公演では作詞家の及川眠子さんが歌詞を担当。名作ミュージカルの楽曲をどのように新しく再構築していったのかを伺いました。[interview:柏木聡(LOFT/PLUS ONE)]

私は訳詞家ではなく作詞家なんです

──『HEDWIG AND THE ANGRY INCH/ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ(以下、ヘドウィグ)』の歌詞を担当されることになる経緯を伺えますか。

及川:プロデューサーが私の書いた『破婚: 18歳年下のトルコ人亭主と過ごした13年間』という本を読んでくださって、「この人は人を愛することの悲しみや苦しみを書ける人だ」と判断してくださったらしくお話を頂きました。私がミュージカルの作詞をやったことがあるかどうかもご存じではなかったそうで、『プリシラ』をやっていたことを聞いて驚かれたくらいで。

──愛の形を描ける方ということでの抜擢だったんですね。

及川:そうですね。

──お話をいただく前から『ヘドウィグ』はご覧になっていたのですか。

及川:いえ、観ていませんでした。作品に入るということで映画を見ました。最初に観たときは理解ができなかったのですが、何度も観ていくことで少しずつ染みていった感じですね。

──そうだったんですね。原作がある作品ですと、元の歌詞の意味を反映しつつの作詞になると思いますが。

及川:訳詞ではありますが自由に作詞をしても大丈夫という許諾は得ていました。私は訳詞家ではなく作詞家なんです。その点は今回の仕事でもこだわった点です。(福山)桜子さんの脚本や原詞にそったものなど見くらべて、ディスカッションをして作詞をしていきました。

──より良い詞を探っていくということですね。ミュージカルでは演出とともに音楽演出も重要になりますが、バンドのみなさんともディスカッションはされたのですか。

及川:もちろんです。特に音楽監督の大塚(茜)さんとは時間をとって進めていきました。歌唱指導の冠(徹弥)さんにも実際に歌った際の意見をいただいて詰めていきました。

sub1_20190829-_7R39512_S.jpg

──皆さんとディスカッションされていった中で気付かされたことありましたか。

及川:視点の違いや作品に対しての桜子さんとの感覚の違いですね。舞台は演出家のものなので、私が可愛く表現したい部分なのかと思っていた部分が、実はビッチにしたいという風に希望をいただくといった形で、桜子さんが目指している形を反映していきました。

──ほかに気をつけられた点はありますか。

及川:原作を尊重するとともにメロディーを壊さないということは意識しています。私はポップスの作詞家なのでメロディーを壊すことはしたくないんです。『ヘドウィグ』はメロディーが素晴らしいので壊したくなかったので、説明しようとしてメロディーが壊れしまうなといった事があった場合、桜子さんにセリフで工夫してもらったりしてディスカッションをしながら進めさせていただきました。大変でしたが、この仕事は最後まで自分の責任をもってやらせていただけたのですごく楽しかったです。

──素晴らしいですね。

及川:少数のチームだからできたことでもあると思います。作詞の際には気付かなかったのですが、本読みの時に通して見させていただいたときにヘドウィグって私と同じだと初めて気付いたんです。

──作られているときにはそんな意識はなく。

及川:何度も台本も読んでいるし、映画も見ているんですけども、作詞をしている時は原作を尊重するということを意識していたので気付いていなくて。詞をお渡しして人のものになり、改めて俯瞰で自分の書いたものを見て聞いて気付きました。

──プロデューサーが見抜いていらっしゃったということなんですね。

及川:そこで初めて「及川さんの『ヘドウィグ』を書いてください」と言われた意味がわかりました。

main_20190829-_A738144_S.jpg

今までの中で一番くらい大変でした

──及川さんだからこそ描ける『ヘドウィグ』は楽しみです。

及川:とはいえ今回の仕事は大変でした。今までの中で一番くらいです。原曲も音符があってないようなものなので、譜面を見てもメロディーと違うじゃんという場面も多かったので、譜面ではなく実際のメロディーに合わせていく形での作詞でした。

――ライブなんですね。

及川:はい、ライブに近いです。そうでありながらなるだけメロディーを壊さないという。なので、みんなの汗と涙の匂いがするミュージカルになっています。

──視覚・聴覚だけでなく五感全てで感じることができるというのは、ファンも期待している部分です。

及川:22年も続いている作品なのでメロディーが入っている方もいらっしゃると思うんです。あまりに崩すと「えーっ」となるのでそこは崩さないようにしています。気を付けました。

──確かに、そこはリメイク作品の怖い部分ですね。

及川:そうですね。それもあり忠実にすることはみんな意識していました。その中でもポイント・ポイントで、もっと分かり易くしよう、掘り下げていこうということは行っていきました。

sub2_20190829-_A731328-Edit_S.jpg

──やはり、何度も上演されている作品なのでプレッシャーもありましたか。

及川:私はお話をいただくまで観ていなかったので、幸い気負いすぎることはなかったです。スガシカオさんや青井陽治さんの詞のマネにならないようにという点は意識していました。そういう意味でも知らない作品だったのがよかったんだと思います。

──マネしてしまうと前のままでよかったじゃないかということになりますから。

及川:「ロックの詞を書けるの」とは言われましたけどね。今までにもやってるんですけどね。

──及川さんはポップスのイメージが強いですからね。

及川:そうなんですよ。

──そういった意味でも及川さんのカウンターパンチ期待しています。

sub3_20190829-_7R36817-Edit_S.jpg

このアーティストの関連記事

LIVE INFOライブ情報

『HEDWIG AND THE ANGRY INCH /ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』

作品保゚すたー.jpg
 
8/31(土)〜9/8(日) EX THEATER ROPPONGI
9/11(水)、9/12(木) Zepp Fukuoka
9/14(土)〜9/16(月・祝) Zepp Nagoya
9/20(金)〜9/23(月・祝) Zepp Namba
9/26(木)〜9/29(日) Zepp Tokyo (FINAL)
 
作:ジョン・キャメロン・ミッチェル
作詞・作曲:スティーヴン・トラスク
翻訳・演出:福山桜子
歌詞:及川眠子
音楽監督:大塚 茜
 
出演:
ヘドウィグ:浦井健治
イツァーク:アヴちゃん(女王蜂)
 
Band(THE ANGRY INCH)
Guitar:DURAN  Bass:YUTARO  Drums:楠瀬タクヤ  Guitar:大橋英之  Keyboard:大塚 茜
 
スタッフ
振付:松GORI 美術:松生紘子 照明:原田 保 音響:松山 岳 映像:横山 翼
衣裳:堂本教子 ヘアメイク:宮内宏明 歌唱指導:冠 徹弥
舞台監督:齋藤英明/中島 武 演出助手:松倉良子
 
運営協力:サンライズプロモーション東京 制作協力:クオーレ 企画・製作:テレビ朝日/ニッポン放送
 
松本ロフト
LOFTX Koenjoy
ロフトアーカイブス
復刻
lpo
lpo