Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビューおとぼけビ〜バ〜 - 圧巻のライブで世界を驚かせるおとぼけビ〜バ〜、まだまだ進化中!

追求するのは「うるささ」と「間」、そして「ルー大柴」の言語感覚? 圧巻のライブで世界を驚かせるおとぼけビ〜バ〜、まだまだ進化中!

2019.08.07

いかにうるさいかは、常に考えてる

──ライブや歌詞に触れると、「怒り」がまず原動力になっているように感じます。

あっこそれはありますが、怒りなのか悲しみなのか自分でもわからないです。自分の感情を、なんとか一言に凝縮させようとしてます。

ひろ曲作りのときも、提示されたひとつのワードから作っていくんですけど、そこから派生した歌詞も合わさってどんどん面白くなってきていますね。

よしえ:歌詞もね、ある程度できてるのに、(あっこは)小出しにしてくるんですよ(笑)。

あっこ最初から一曲分のフレーズはまとめているんですけど、まず小出しにして、それに合わせて演奏させて、「いけんな」と思ったら全部見せる。あかんかったら歌詞を入れ替えたり。

かほ:歌詞の中にもちろん怒りもあるんですけど、そこに皮肉というかユーモアというか、気づいたら「フフ」ってなるような。それに気づくか気づかないかで、曲作りの展開も大きく変わるんですよ。

あっこそれはありますね。ちゃんと意図を気づいてくれるかどうかは。

──曲作りで意識していること、最近変わってきたことはありますか?

あっこあんまり意識してないですね。でも、いかにうるさいか、は常に考えてるかな。

よしえ:速くて、うるさくて、すぐにノレる感覚。

あっこあと、ステージ上でやりたいことを反映しているところはある。曲作りに関していうと、私は自分のことをアーティストだとかクリエイターだとか思ってないんです。鼻歌を歌えたらそれはもう作曲で誰でもできると思ってる。それをメンバーに伝えてバンドでやっているだけというか。それで今までうまくやってきたのはちょっと奇跡的だなって思いますけど。

──メンバーとこういう音にしたいっていう理想が共有されている感じはあるんですかね。

あっこどうなんですかね? 私は好きなことをやってきただけですけど、みんなにはふんわりあるかも。

よしえ:かもしれないですね。意識は全然してないですけど、完成したものを聴いたら、クセがだいぶ強い「おとぼけ」のサウンドになってるから(笑)。

ひろこういうことをやるべきかな、というのは最近わかってきた感じですね。今?って感じかもしれないですけど(笑)。例えば、ベースラインはこう動いたらええんかな、とか。

あっこ最近だと、メロコアっぽい曲にチャレンジしてるんですよ。それを、おとぼけビ〜バ〜でやるんやったら、サウンドはしっかりしてて聴いてて気持ちが良いけれど、マジっぽくなりすぎず、ユーモアがあるものにしたい。

ひろ良い意味での「イジリ」っていうんですかね? そこの域に至るにはどうしたら良いかっていうのを試行錯誤しています。

DSC_2891.jpg

歌詞にはルー大柴的なファニーさを残したい

──話は変わりますけど、みなさんお笑い好きですよね。そういう話はするんですか?

よしえ:めちゃくちゃしますね。

あっこスタジオ練習の合間とかはほぼお笑いの話ですよ。

よしえ:今年大ブームが来るのは、吉本興業だとコウテイとニッポンの社長じゃないでしょうか。タイタンやったら、シティホテル3号室。

あっこタイタン推しやな〜(笑)。

ひろ今は全然詳しくないんですけど、高校生の頃はbaseよしもととかワッハ上方にめっちゃ通ってました。かまいたちとか天竺鼠が若手やった頃ですね。

あっこひろちゃんとかほちゃんはちょっと世代が下なんで。私とよしえはFUJIWARA、陣内智則、シャンプーハット(baseよしもとイチオシ組)、ロザン、キングコング、ランディーズ(WESTSIDE)の世代。

よしえ:番組で言ったら『?マジっすか!』、『吉本超合金』、『クヮンガクッ』とか。

かほ:私はお姉ちゃんがダイアンのファンだったんで、『爆笑オンエアバトル』の時代から、テレビでけっこう観てました(笑)。

──そういう要素が音楽に影響を与えている部分はありますか?

あっこ歌詞の関西弁に関してはあんまり関係ないかなと思っていますね。関西弁は私の父親とおばあちゃんがコテコテだったんで、その影響がデカイです。あー、でも小さい頃から吉本新喜劇とかお笑いはルーティーンやったから、どうなんかな。

よしえ:ツッコミとか掛け合いのリズムとか「間」、かな?

あっこそうかも。漫才とかお笑いを見てて思うのは、「間」が少しずれただけで笑いの量が変わるじゃないですか。噛んだだけで熱量は下がるし、同じネタでも「間」次第でウケ方が全然ちがう。それを知らないうちに勉強していて、音楽にも反映されていることはあるかも。

──他の音楽から受ける影響も当然ありますよね。

あっこもちろんありますね。関西ゼロ世代とか。でも、音楽というより、コピー機がつまった音とか、人の話し声とか、そういう日常の中で鳴っている音すべてから影響は受けている気がします。

──それこそ、海外で感じたこととかも。

あっこそうですね。でも、前のルーフトップのインタビューでも言いましたけど、海外で売れてるから海外に住まないの? っていう質問は理解ができない。

よしえ:なんで? ってね。

あっこ行きたくなったら行きますとしか。確かに英語はまったく話せないので話せるようにならないとやばいんですよ。でも、それは歌詞に反映しようとは思ってなくて、カタカナ英語で行きたい。そうすると、ちょっとアホっぽくなるというか、ファニーになる。曲を聴いているときやライブを見てもらっているときは、マジで重いとか暗いとかいう印象を与えたくないので。「ルー大柴イズム」というか、寂しいって書くよりも、「ロンリーやね」と表現するみたいな(笑)。

よしえ:(やしき)たかじんっぽさとも、上田正樹的とも言えるかも。「やっぱ好きやねん」とか、「悲しい色やね」とか。

あっこライブで聴いたらノレるけど、家帰って歌詞読みながら聴いたら、刺さる人には刺さると思います(笑)。

DSC_2905.jpg

このアーティストの関連記事

いてこまヒッツ

Damnably DAMNABLY080
価格:2,268円(税込)
2019年5月8日発売

amazonで購入

【収録曲】
01. 脱・日陰の女
02. あきまへんか
03. シルブプレ
04. 愛の暴露本
05. いまさらわたしに話ってなんえ
06. 親族に紹介して
07. ラブ・イズ・ショート
08. 大殺界
09. ハートに火をつけたならばちゃんと消して帰って
10. 週6はきつい
11. 暴飲暴食過食症
12. もうその話なんべんもきいた
13. あなたわたし抱いたあとよめのめし
14. いけず

LIVE INFOライブ情報

おとぼけビ〜バ〜presents『いてこまヒッツ』リリースJAPAN TOUR

おとぼけビ〜バ〜/ モーモールルギャバン
2019年8月24日(土)
@下北沢シェルター〈昼の部〉
OPEN 11:30 / START 12:00
前売¥3,000 / 当日¥3,400(共にドリンク代別)
※チケットはイープラス、バンド手売りで発売中
問合せ:シェルター03-3466-7430
 

『いてこまヒッツ』リリースJAPAN TOUR 2019

8月24日(土)下北沢シェルター〈昼・詳細上記〉
8月25日(日)心斎橋パンゲア
9月14日(土)KOYABU SONIC2019
9月21日(土)京都拾得
 
イースタンユーズ
ロフトアーカイブス
復刻
haku
lpo
lpo