Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー中尾浩之(『ブルバスター』原作担当/ 映画監督、脚本家、演出家)

誰もが経験する日々の人間ドラマを描きたい

2019.07.31

 "経済的に正しい"をコンセプトに現実的に困難へと立ち向かうロボットヒーロー物語『ブルバスター』。今までになくリアルにどこか地続きの場所で進められるこの物語。社会人ならだれもが一度は経験している会社あるあるとともに重厚な人間ドラマが描かれる本作について、原作の中尾浩之さんにその思いを語っていただきました。[interview:柏木聡(LOFT/PLUS ONE)]

運命的なめぐりあわせ

――素晴らしいメンバーで作られている『ブルバスター』。最初に企画の成り立ちを伺えますか。

中尾:2006年に『昭和ダイナマイト』という短編作品をつくったんです。その作品も“経済的に正しい”ロボットヒーロー物語なんですけど、それをずっと寝かしていて、ちょこちょこ動かしていく中、キャラクターデザインを窪之内(英策)さんに描いてもらえることになり再始動しました。

――ここまで会社事情がリアルに盛り込まれているロボットものはないので、新鮮でした。

中尾:そうみたいですね。この作品に触れていただいた方からはよく『機動警察パトレイバー』や『地球防衛企業ダイ・ガード』という名前が出るんですが僕は読んだり見たりしたことがなくて。

――そうなんですか。

中尾:『機動戦士ガンダム』くらいまでで、その前の『ゲッターロボ』や『超者ライディーン』も小学生の頃は見ていましたけど、山田太一さんや向田邦子さんのようなホームドラマが好きで、『ブルバスター』はああいうアプローチから入っていったんです。

――確かにこの作品も人間ドラマに重きを置いていますね。いまはドラマやアニメでも企業ものが増えてきて、世間が求めているジャンルですね。

中尾:リアル方向に向いていますよね。

――これだけ練りこまれた企画を最初に同人誌で出すという形にしたのは何故ですか。

中尾:窪之内さんたちと雑談していく中でどんどん内容が膨らんでいって、「先に設定資料集作るのもありだよね」と盛り上がったので、漫画もアニメもないけど一回コンセプトブックにまとめてみようと。そこから転がっていけばいいなと考えていたら、KADOKAWAさんにお声掛けいただけて、わりととんとん拍子に小説化まで進んでいきました。

――形にしたからこそですね。

中尾:はい、やってよかったです。

――舞台のモデルとなっている北九州工業地帯は観光地でもありますね。そういう面でも目の付け所が違うなと感じました。

中尾:僕は東京出身なので、最初は大田区や川崎など関東近郊を舞台として考えていたんです。でもあの辺りは島がないので、架空の島を出そうかと考えていたころに北九州の方とご縁があって、お誘いを受けて見に行ったところ、まさにこの物語にふさわしい場所だと思ったんです。運命的なめぐりあわせですね。今やすっかり北九州の虜になっています。

人間の思いも紐づいてくる

――作品からもその気持ちが伝わってきます。仮に関東が舞台だったとしても島を出す予定だったとのことですが、それはなぜですか。

中尾:巨獣が島以外の場所で出ると、話が大きくなって警察や自衛隊の話になってしまうなと。この作品では企業ものとして、人間の心の機微や日常の中における葛藤を描きたかったんです。我々は普段の生活の中だと小さなことの積み重ねで悩んだり喜んだりしているじゃないですか。

――そうですね。

中尾:でも、そこは怪獣ものやロボットものではドラマとして描かれているものが少なくて。その小さな日常の積み重ねをドラマとして描きたいな、と前から思っていたんです。

――だからこそ余計に心に刺さります。沖野(鉄郎)が情報漏洩でトラブルになるところは、私も似た経験をしたことがあったので、読んでいてつらかったです(笑)。

中尾:同じ経験が(笑)。まさにそういう部分を描きたいなと思ったんです。仕事を失敗して、落ち込んだり悩んだりすることっていっぱいあるじゃないですか。昔のドラマはその部分を描くことが多くて、僕はそういった作品が好きなんです。

――本当に物語が地続きになっていて、経理の片岡(金太郎)とのやり取りもわかるなって。

中尾:どんなヒーローだって交通費を精算しているはずだ、そこを描くのも面白いんじゃないかと思っていたんです。勤務シフトもあるでしょうし(笑)。裏側に悲喜こもごもがあるだろうなと。

――そうですね。作中でも出ている資金調達の面は特に大変ですよね。

中尾:仕事は経済的なものとくっついているものですよね。“経済的に正しく”描くことで人間の思いも紐づいてくると思うんです。

――そうですね。主人公たちの働く波止工業は社員全体の志が高いので、いい会社だなと思いました。

中尾:ありがとうございます。

中尾浩之(原作) 窪之内英策(カバーイラスト) 
原作小説『ブルバスター』第1巻

1,300円+税 
発売中
発行:KADOKAWA

amazonで購入

中尾浩之(原作) 窪之内英策(カバーイラスト) 
原作小説『ブルバスター』第2巻

1,500円+税 
9/5 発売
発行:KADOKAWA

amazonで購入

LIVE INFOライブ情報

8/23(金)LOFT/PLUS ONE

”経済的に正しい”ロボットヒーロー物語『ブルバスター』

夏コミ大反省会& 小説02発売直前記念大株主総会

OPEN 18:30 / START 19:30

前売¥1,500 / 当日¥2,000(共に飲食代別/要1オーダー500円以上)

※前売チケットはe+にて発売中!

【出演】

中尾浩之(原作担当)

出雲重機(メカニックデザイン担当)

高島雄哉(設定考証担当)

堀内秀(アートディレクション担当)

…and more?

 

夏コミ参加情報

コミックマーケット96/8/11(日)西地区"R"39b

頒布物は後日公式Twitterで公開予定

松本ロフト
LOFTX Koenjoy
ロフトアーカイブス
復刻
lpo
lpo