Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー月に吠える。 - 令和元年、オールドでヤングなロックンロールが轟く歌舞伎町インシデント

令和元年、オールドでヤングなロックンロールが轟く歌舞伎町インシデント

2019.05.10

ちょっとダサいけど格好いいラインを狙う

──この5年の間にわりと早い段階で渋谷WWWでワンマンをやって、去年の秋には新宿BLAZEで最大規模のワンマンもやれているし、着実に動員を伸ばしていますよね。

大森どうなんですかねぇ…。いい歳なので、関係者を呼ぶ力だけはあるんですけど(笑)。純粋なファンをもっと増やしたいですし、若い人たちにも目を向けてもらいたい気持ちもあるんです。

──ここまで来れば、大森さんが片手間にやっているバンドとは思われなくなってきたのでは?

大森いまだに「バンドやってるんだ?」と言われることがありますけどね。ただ最近、綾野剛君、山田孝之君、内田朝陽君もバンドを始めたじゃないですか。俳優がバンドをやっているというニュースのおこぼれで「大森南朋もバンドをやっている」みたいな紹介記事があって、ラッキーだなと思いました(笑)。

塚本ありましたね。「アラフィフも音楽に取り組んでいます」って書かれてましたけど(笑)。

大森『コウノドリ』で共演した星野源ちゃんに「これ聴いてよ」と月に吠える。のCDを渡して、お返しにもらった源ちゃんのCDを見たら豪華ブックレット付きで、こっちが何か恥ずかしいものを出してるような気持ちになりました(笑)。でも源ちゃんは優しいから、ちゃんとCDを聴いてくれて「ロックスターみたいで格好良かったですよ」と言ってくれたんです。「やめてよー」なんて話を2人とも医者の格好でしてました(笑)。

──「センチメンタルブギー」、「ロマンチックブギー」、「さよならブギー」と、月に吠える。のレパートリーには〈ブギー〉の付いた曲が多いですが、バンドを語る上で重要なキーワードなんでしょうか。

大森単純にブギーが好きなんです。最初は連作にするつもりじゃなかったんですけど、シリーズにしようということで「ロマンチックブギー」を作ったんです。その後に「次のブギーは何にしよう?」といろんなタイトルを考えていたのに、いきなり「さよなら」になっちゃったんです(笑)。

塚本3作目にしてブギーにさよならしちゃった(笑)。

大森マーク・ボランがいっぱいブギーの曲を作っていたじゃないですか。T・レックスもすごく好きなので、その影響もありますね。スライダーズにも「マンネリブギ」という曲がありますし。

──「ロマンチックブギー」には最後にルースターズへのオマージュとも取れるフレーズがありますね。

大森九州であれをやったらウケるかなと思って(笑)。ルースターズは「レッツ・ロック」とかすごく好きなんです。うちの父(麿赤児)も出演していた石井聰亙(現・岳龍)監督の『爆裂都市BURST CITY』の挿入歌だったんですけど。

──月に吠える。の標榜する音楽は「オールドでヤングなロックンロール」という代表曲のタイトルの通りですか。

大森そうです。自分たちらしい何かいいワードがないかなと探していた時に思い付いたのが「オールドでヤングなロックンロール」で。ちょっとダサいけど格好いいラインを狙ってやってるんですけど、人によっては「大森南朋のバンドの曲のタイトルってなんか古くね?」とか言われたりするんです(笑)。こっちはわざとやってるんだけど、なかなか伝わらないみたいです。このご時世に「気まぐれジョニー」なんてタイトルをわざわざ付けるバンドもなかなかいないと思うんですけど(笑)。

──「気まぐれジョニー」の〈ジョニー〉はジョニー・サンダースのことなんですよね?

大森そうです。ジョニー・サンダースが使っていたのと同じギブソンのレスポール・ジュニアを買って、興奮して作った曲です(笑)。

──各自、この5年の中でとりわけ印象深かったこととはどんなことですか。

山崎僕は最近で言うならBLAZEのワンマンですね。いろんな人の力を借りて、あのステージに立てたので。

──桐谷健太さんの力も借りて(笑)。

大森ゲストにはいつも助けられてます(笑)。

山崎BLAZEの一番最後のアンコールで叩いてた時は自分でもゾクッとしたんですよ。今までいろんなことを積み重ねてきたなと思ったし、まだまだこの先を行きたいと思ったし。

塚本5年経って自分が実感してるのは、こうして月に吠える。のツアーを組んだりレコーディングしたりするのがとても充実してることですね。若い頃にやっていたバンドは自分が主導権を握っていたわけじゃなかったし、誰かに頼まれてギターを弾くのもあくまで部分的な仕事だったので。ただ変わってないなと思うのは、ライブの直前に友達から連絡が来て気持ちが集中できないことです(笑)。もう本番なのに「いま駅に着いたからゲストに入れといいて」とか言われて応対するのを、40歳を過ぎてもまだやっているという(笑)。

大森そういうのは全部スタッフがやってくれるものだと思ってたけど、全然そんなことないもんね(笑)。

塚本友達もプレイガイドでチケットを買ってくれたらいいんですけどね。動員は毎回気にするし、それもヒヤヒヤするけど楽しいですよ。

41_LSA0556.JPG

このアーティストの関連記事

LIVE INFOライブ情報

五周年ライブ!!歌舞伎町インシデント『月に吠える。新宿LOFTで吠える!』

【出演】月に吠える。

【日程】2019年5月31日(金)開場18:30 / 開演19:00

【開場】新宿LOFT

【料金】前売¥4,500 / 当日¥5,000(共にドリンク代別・オールスタンディング)

【プレイガイド】ローソンチケット(Lコード:73858)、チケットぴあ(Pコード:143-910)、イープラスにて発売中

【問い合わせ】DISK GARAGE 050-5533-0888(平日12:00〜19:00)

イースタンユーズ
ロフトアーカイブス
復刻
haku
lpo
lpo