Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー MXU(映画「BADDREAM」監督)- 現代版アンネの日記、"障害者の排除が推進される日本"は悪夢か現実か。畳みかける展開のカオスなジェットコースタームービー!

現代版アンネの日記、"障害者の排除が推進される日本"は悪夢か現実か。畳みかける展開のカオスなジェットコースタームービー!

2019.03.15

 20xx年、障害者の排除が推進される日本。お笑いコンビ「脳性マヒブラザーズ」は、いつかまた人前に立つことを夢見ながらプレハブ小屋の奥に隠れ住んでいる。壁穴から覗き見る女が唯一の希望。彼らを支援する舞台仲間の男女。しかし、やがてかくまうことにも限界が訪れる――真のダイバーシティを探る新潟発の長編自主映画。
 3月20日にLOFT9 Shibuyaにて開催する上映会とトークイベントには、主演をつとめたDAIGOをはじめ、女優の東ちづるや参議院議員の今井絵理子らの出演を予定。大きな声を出さないように部屋の明かりがもれないように、部屋の中だけで隠れ住む様子はまさに"現代版アンネの日記"。全編モノクロで撮影されたこの悪夢は、どのような経緯で制作が実現したのか、新潟に住むMXU監督にメールインタビューでお訊きしました。[interview:成宮アイコ]

ファッションとしてのダイバーシティ(多様性)消費への問題提起

──まずは、主演のお笑いコンビ「脳性マヒブラザーズ」との出会いを教えていただけますか。

 MXU:市民団体にいがた映画塾という新潟市内の映像制作団体に(脳性マヒブラザーズの)DAIGOさんと私が所属していて、以前から一緒に作品を撮ったりしていました。相方の周佐さんは今回初めてお会いしました。

──なぜ「障害者の排除が推進される日本」という題材で映画を制作されたのでしょうか。

 MXU:近年ヘイトスピーチをはじめとした、排外主義の高まりにとても危機感を持っていたのですが、それでも「いつの時代にもあった」とやり過ごしていました。そんな中で2016年に相模原障害者施設連続殺傷事件が起きて、「これはもうダメだな」と。犯行前、容疑者が「ヒトラーの思想が降りてきた」と語っていたので、「それならアンネ・フランクだろう」ということで自然とプロットができあがりました。別に障害者じゃなくても良かったのですが、私自身内部障害者だったり、DAIGOさんが身近にいたりと一番作りやすいしリアルに問題提起できるかなと。あと、それでも世の中は良くなっていると思っている人も多くて、そのいらだちとかも大きかったです。ファッションとしてのダイバーシティ(多様性)消費みたいなものというか。

──「脳性マヒブラザーズ」は実際に脳性麻痺という障害を持っていますが、この映画の脚本を見てどんな反応でしたか。

 MXU:DAIGOさんはともかく、周佐さんは初対面でしたし、いきなり「本人役で途中で死にます」とかだったら怒って断られると思ったのですが、すんなりOKもらって拍子抜けでした。他の出演者・スタッフ含めて、重い内容なので、はじめは誰も協力しないんだろうな、DAIGOさんと二人でスマホで撮るかくらい思い詰めていたのですが、多くの方がほぼボランティアみたいな形で協力してくれて驚きました。未だになぜ協力してくれたかよく分からないのですが、多分根底にある問題提起について共感してくれたのではないかと思っています。制作全面協力いただいた「にいがた映画塾」、美術協力いただいた新潟市内の表現集団「手部」、脳性マヒブラザーズ所属「NAMARA」、ロケ協力いただいた「沼垂テラス商店街」、上映いただいた「新潟・市民映画館シネ・ウインド」「コミュニティシネマながおか」はじめ突拍子もない企画を暖かく受け止めてくれる新潟の市民力なしには作ることはできませんでした。制作費は50万円。本当に感謝しています。

2.jpg

──"大きな声もあげられない中で隠れて暮らす"という状況の中、壁に向かって小声でコントの練習をし続ける様子は悲しいながらもどこかコミカルでした。音楽もふくめ悲壮感の過剰な演出がないせいか、まるでドキュメンタリーのようにも見えました。

 MXU:脳性マヒブラザーズはじめ役者の皆さまはできるだけ当て書きで、平行世界でこういう状況だったらどう振る舞うか、といった感じでナチュラルな演技をしてもらうよう心がけました。あんまり細かい演出はしなかった気がします。脚本を読んでもらい、あとはお任せでとりあえず回して、編集でつなぐみたいな感じにしました。そのせいかも知れません。

──障害者が排除されない世界が来たら、外に出てやりたいことが、「恋がしたい」「きしめんが食べたい」だったりするところに人間味を感じて感情移入もしやすかったのですが、「復讐をしたい」などネガティブな感情にしなかったのは意図的だったのでしょうか。

 MXU:はじめはポジティブでむしろ今の生活を楽しんでいる感じを出そうと思いました。「アンネの日記」を読むと、閉鎖された共同生活の中でも笑いあり恋もあったり濃密な時間を過ごしていて、無縁社会化が進む日本では人によっては羨ましくも映るかも知れない。映画でも、初めは共同生活がそこそこ楽しいから、DAIGOさんはあまり社会に対する怒りを持たない。異常気象で台風が過ぎ去るのを待つみたいな。ただ、そこが唐突に壊れることでDAIGOさんの意識が変遷する過程を描こうと思いました。

11.jpg

マイノリティーへの自己責任論は日本は断トツに大きい

──医者に行けないばかりに、食中毒でも命の危険があるというのは現在の日本にも似ていると思いました。たとえば、保険証がなかったり治療費がなかったり。そういった格差について目の当たりすることもあったのでしょうか。

 MXU:幸い身近に目の当たりすることはあまりないのですが、日本の医療制度は今でも世界的には優しく手厚いものだと思います。ただ、マイノリティーへの自己責任論は日本は断トツに大きい。その辺の世間の冷たさとか考えると、有事になったり大不況とかなったりしたら、一変するだろうなとも思います。自分も手厚い医療の恩恵を受けているのですが、そのへんはずっとびくびくしています。

──DAIGOさんが部屋から逃げるときに、死んでしまった相方のかわりに空っぽの車椅子を連れていくシーンは見るのが辛かったです…。ただ、あの場面では「ひとりひとりの人生をなかったことにしないぞ」という監督の決心のようなものを感じたのですが、どういった想いがあったのでしょうか。

 MXU:この映画を作るにあたって図書館でナチスをはじめ人類のジェノサイドの歴史みたいな本をかなり読んだのですが、信じられないくらい多くの人が無茶苦茶な形で死んでいました。そういった無念の想いで亡くなった人たちを何とか映画を通して少しでもつなげたいというのはありましたし、そういう気持ちを込めたと思います。

──壁の落書きに「beautiful Japan」という文字が映るシーンがありました。これは相模原事件の植松聖被告が、犯行後にツイッターに投稿した言葉ですが、植松被告の望んだ世界はモノクロでしかないというメッセージに思えたのですが、監督のお気持ちはいかがでしょうか。

 MXU:モノクロにしたのは、単純に予算的に少しでもクオリティ上げるにはモノクロが良いというのと、なるべく情報量を減らして見る人に想像してもらいたいという意図だったので、そういう意見はとても新鮮です。あの「beautiful japan」は「自分たちにとって美しいもの以外は排除したい」という欲求の表れで、植松被告の動機の本質を表しているので映画に入れました。確かに白か黒かの潔癖な世界観なのかも知れません。

4.jpg

いざとなれば容赦なく手のひらを返してくる、それを乗り越えようとするならば…

──差別はいけないという基本的なスローガンを掲げつつも、実際、障害を持つ方に初めて会ったらとまどったり、どうしたらいいかわからず避けてしまう人も多いと思います。"違う世界"として終わらせないためにはどうしていけばいいでしょうか。

 MXU:それは未だに自分も明確な答えは出せていません。「乗り越えられる」「いや無理だ」っていう問答を繰り返しているというか。差別構造って社会的なカーストで、そういう烙印を取っ払うには一対一で深いコミュニケーションすることしかないかなと。障害者はじめ多様な人たちが同じ空間・時間を過ごすインクルーシブ教育やアート活動などの取り組みは、本当に素晴らしいと思います。ただ、一方人間は多かれ少なかれ差別的で攻撃的な本能が備わっているし、社会はそもそも差別構造がないと成り立たないのかも知れません。今の「多様性」とか「共生社会」も言外に「ただし平時に限る、かつ二級市民として」というのがあると思うし、例えば相模原事件や国の障害者採用とか出生前診断とかの受け入れられ方もそのへん越えられない線がはっきり見えます。総論として、いざとなれば容赦なく手のひらを返してくる。それでも、それを乗り越えようとするなら、キレイな言葉は拒否して、差別はなくならないし、ハシゴは外される、それなら目には目を、でもそれも嫌だ…とか厳しい現状認識で過剰にネガティブに発信していくのも必要かなと。その摩擦から何かヒントが見つかればなと思っています。

──DAIGOさんが道路の真ん中に座って咆哮するシーンは特にかっこよくて、原監督の『さようならCP』のオマージュかなと思ったのですが、これまでに影響をうけたもの/ひとなどを教えてください。

 MXU:『さようならCP』はよく言われるのですが、実はまだ見てなくて見なきゃいけないのですが…「青い芝の会」関連本は読んだりしていて、「安易な問題解決の道は選ばない」とかあの行動綱領はじめ、かなり重なると思います。また影響はいろいろあり過ぎて書き連ねられないのですが、この映画に関しては「アンネの日記」と「連合赤軍事件」、あと今まで聞いてきた洋楽の影響がかなり大きいです。特に脚本づくりではU2の90年代のライブ「ZOOTVTOUR」の、メディア・政治・人間愛・男女・宗教・科学・暴力など何でもありのごった煮で最後はプレスリーの「恋せずにはいられない」で謎めいて終わる構成を参考にしました。あとアップルミュージックでプレイリストを作ってRAGE AGAINST THE MACHINE、NINE INCHI NAILS、N.W.A、KENDRICK LAMAR、上松秀実などひたすら聞いていて、そのへんの歌詞の影響とかかなり大きかったです。いわゆるロッキン・オン系ですが、ロキオン本社のある渋谷で上映できるのはとても感慨深いです。また特に影響を受けた映画は「ジョゼと虎と魚たち」ですね。あの終わり方はないだろうと。そのためレジスタンスメンバーでジョゼというキャラクターも登場させました。

7.jpg

──とても野暮な質問になってしまうのですが…観る人によってハッピーエンドにもバッドエンドにも感じるラストシーンに思えました。監督なりの解釈としてはどのようなイメージでしょうか。

 MXU:ボブディランやデビットボウイとかのどうとでも取れる歌詞みたいに、見た人が終わった後も想像を巡らしてもらいたくてあのラストになりました。私としては世の中に絶望して脳内彼女と森で生きるイメージです。映画「惑星ソラリス」っぽい、クソ現実だったらあえて優しい嘘を選ぶみたいな…居場所がなくてもタフに生きようというメッセージをハッピーとバッドが入り混じる感じで込めました。

このアーティストの関連記事

LIVE INFOライブ情報

2019年3月20日(水)映画「BADDREAM」上映+トークイベント

@LOFT9Shibuya
 
0ef25826d11ae059d2e19bc8264279dd-548x775.jpge03de79ee91a369b3821dedf0c535a53-548x775.jpg
▲クリックで拡大します▲
 
OPEN 19:00 / START 19:30
参加費¥1,500(要1オーダー500円以上)
 
【トーク出演者】
東ちづる(女優・一般社団法人Get in touch理事長)※予定
今井絵理子(参議院議員)
井出今日我(CIL上田Groping代表)
DAIGO(映画主演)
MXU(監督)
 
「脳性マヒブラザーズ」DAIGO主演!
話題の映画『BADDREAM』東京初上映会、開催決定!
上映後は東ちづるさんや、今井絵理子さんらによるトークも予定。
 
19:00 開場
19:30~21:10(映画上映)
21:20~22:00(トーク)
22:00 終演予定
 
イースタンユーズ
ロフトアーカイブス
復刻
haku
lpo
lpo