Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー【RADIO DRAGON-NEXT】菅野結以(メインMC)×玉木陽之(ディレクター)- 運命的な音楽をみつける場所

運命的な音楽をみつける場所

2018.12.28

 いつもお世話になっている『TOKYO FM RADIO DRAGON-NEXT-』が、ついにイベントを行なうということで、レコメンドパートナーとして出させて頂いている私としては、その経緯を聞かずにはいられず、年末のお忙しい中、強行インタビューさせてもらいました! 心に革命を起こされた音楽、最近出会いましたか? [interview:義村智秋(下北沢SHELTER)]

私が絶対やる! 私がやるべきだ!

──『RADIO DRAGON-NEXT-』になってからもうすぐ5年になりますね。振り返ってみて手応えはどうですか?

玉木:時間が経つと、初期にでてくれていたバンドが結構大きな舞台を踏んでいたりとか、長くやっていると良いことあるなと。バンドの流れを見られるのは素敵なことだなと思いますね。

──NEXTのスタート時のMCは芦沢ムネトさんでしたが、その後、菅野さんへ白羽の矢が立ったのは?

玉木:もともと前身番組の『RADIO DRAGON』をやっていたときに、結以ちゃんに喋ってもらってて。

菅野:そうなんです。私が先にパーソナリティを担当していて、その後にムネトくんが入って。でも入ってすぐ番組が終わっちゃって。

玉木:そうそう、NEXTになるときにムネトさんに一旦やってもらおうということになったんですが、『SCHOOL OF LOCK!』をやることになったので。それで、すぐにスタッフ一同、結以ちゃんしかいないだろうと(笑)。

TAR_1398.jpg

──抜擢されたときはやっぱり嬉しかったですか?

菅野:そもそも『RADIO DRAGON』がはじめてのラジオだったんですけど。それまで全然、人との交流を持たずに生きてきて、友達とかいない人生で(笑)。小学生の頃から音楽だけをひたすら突き詰めていたんですよ。ライブもほぼ全部1人で行ってました。それでパーソナリティが変わるってなったときに、人生ではじめてオーディションを受けました。今までは落ちたら嫌だから全部断ってたんですけど(笑)。『RADIO DRAGON』はもともと聴いててすごく好きな番組だったから、これ私が絶対やる! 私がやるべきだ! と本当に思ってオーディションに行って。そしたら受かって。なので、番組が一回終わったときも、絶対このまんまじゃ終わんない、必ずラジオで音楽の仕事を絶対するって決めていたので良かったです。

──玉木さんもオーディションに立ち会っていたんですか?

玉木:そうですね。結構いろんな人たちとお会いして、ほぼほぼ人選を決めていたんですが、最後に滑り込みで一応、菅野結以ちゃんっていう音楽好きなモデルの女の子がいるので、その子もオーディションを受けることになりましたと。「そうなんだー、でもほぼ決まってるからなぁ」という気持ちだったんですが。

菅野:好きな曲を10曲くらいもってきて、それについて自由に喋ってくれという感じだったんですよ。

──そういうお題だったんですね!

玉木:それを聴いて、結以ちゃんだぁ! ってスタッフ皆でなりました(笑)。

菅野:10年間友達と遊ばず音楽を突き詰めた甲斐があった(笑)。

──そのときは何の音源持ってきたんですか?

菅野:Syrup16gとか、きのこ帝国とかだったと思います。もともとシューゲイザー育ちなので、きのこ帝国の『渦になる』はドツボだったし、シロップもど真ん中で、あとART-SCHOOL、THE NOVEMBERSとか。

玉木:音楽を紹介するときの言葉で、結以ちゃんがそんな喋るならこの曲を聴こうって思わされる喋りをしていたので。本当に聴いてて良い喋りだなぁって今も変わらず思っています。

──僕も毎回持っていく音源を素晴らしい解釈で返してくれるので感服してます。

菅野:経験が本当なくて、人と喋るのは苦手だけど、愛情だけは絶対負けないと思ってやっていたので、そう言ってもらえて嬉しいです。

TAR_1405.jpg

妥協なしです! 心から観て欲しい

──今回ついにイベントをすることになりましたが。

玉木:めちゃくちゃ久々になります。前もちょいちょいやってはいたんですが、そこからかなり間が空いて、仕切り直しという思いも正直あって。いろんなアーティストさんにコーナーをやってもらったり、ゲストで出てもらったりしている中で、届けたいなという思いもありつつ、それこそ、義村さん・下北沢SHELTERさんと関わる中で、ライブイベントをやりたいとなった感じですね。

──ありがとうございます! ドミコ、2、折坂さんというキャスティングの意図は。

玉木:誰のライブを組んだら楽しいかなぁと、結以ちゃんも交えて名前をあげて、話し合って合致したのがまさにその3組です。

菅野:Vol.1にふさわしい、『RADIO DRAGON』らしいのと、リスナーのみんなにライブを観て欲しいなと。

玉木:妥協なしです! 心から観て欲しいですね(笑)。

TAR_1417.jpg

──すごく良い組み合わせですよね!

菅野:ドミコも2も番組の中でコーナーを担当してもらったりしてて。折坂くんは決まり方がちょっとドラマチックでしたよね。

玉木:ドミコと2は結構すぐ、ばっと決まったんですよ。

菅野:折坂くんはゲストで来てくれたときがあって、そのときに弾き語りをやってもらって。そのアルバムと弾き語りのライブが本当に素晴らしくて。皆、心打たれて。

玉木:めちゃくちゃ良かったんですよ!

菅野:折坂くんが帰った後に、これ何かやりたくない!? 絡みたい! ってなって。

玉木:その後、折坂くんに当たってみたいんだけどどうかなってLINEしたら、皆が同意! ってなって(笑)。すぐ事務所さんに電話して、どうですかね〜と思いを伝えたら出てもらうことになりました。スタジオでライブを観てすごい良いなぁと思えるアーティストさんだったので、本当に観てもらいたいですね。

TAR_1416.jpg

久しぶりに音楽を聴いて涙が出た

──毎月レコメンドパートナーとして出させてもらっていますが、逆にお二人のレコメンドアーティスト、注目のアーティストを教えてください。

菅野:私はGODですね! 今年ファーストアルバムを出して、踊ってばかりの国の下津くんが新しくはじめて、Gateballersの濱野さん、GREAT3のjanくんといった面々がいる、魂を浄化する場所としてはじめたバンドです。

──GODはどこで出会ったんですか?

菅野:友達がやってるファッションブランドのパーティーにライブで出てて。そこでですね。「Typhoon」という曲を聴いたときに、久しぶりに音楽を聴いて涙が出たという経験をして。本当に、胸に大きい風が吹きました。めちゃめちゃザラザラだけど純粋で、歪んだりねじれたりした先の透明さみたいなのがあって。ものすごく自分にしっくりきました。

TAR_1429.jpg

きれいごとのやさしさじゃなくて、本当に真摯なまっすぐなやさしさ

──玉木さんは?

玉木:僕は、TOCCHI(トッチー)というのがすごく良いなぁと思ってます。札幌出身のシンガーソングライターで、今は沖縄にいるっぽいんですが。歌はシンガーとラップがあわさったような感じです。歌がめちゃくちゃうまい。とにかく声とメロディがマジで聴きやすい。あと、歌詞がめちゃくちゃやさしい。やさしい歌が年々好きになってくるんですよ(笑)。やさしさとか懐の広さがあるアーティストって、すごく良いと思っていて。

菅野:やさしさ大事。わかるー!

玉木:それがしかも、きれいごとのやさしさじゃなくて、本当に真摯なまっすぐなやさしさで。誰にでもわかる言葉なのにすごい刺さるんですよ。人肌のある音楽というか。レコード会社の人にもオススメしたので、早く光が当たらないかなぁと思ってます。

TAR_1401.jpg

LIVE INFOライブ情報

2019.1.18(金)@下北沢SHELTER

LIVE DRAGON-NEXT- vol.1

出演:2 / ドミコ

Acoustic Act:折坂悠太

MC:菅野結以

OPEN18:30 / START19:00

前売¥2800 / 当日¥3000 (1drink別)

主催:TOKYO FM

企画制作:メディアコミュニケーションズ / エフエムサウンズ

haku
lpo
lpo