Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビューFIX「大器晩成型ハードロック・トリオ、蛍雪の功なってロック界最年長デビュー!」

大器晩成型ハードロック・トリオ、蛍雪の功なってロック界最年長デビュー!

2018.12.27

ロックと四畳半フォークをミックスさせた音楽性

──「Clone butterfly」はファンキーでダンサブルなナンバー、「Cloud sky」は軽快なポップ・チューン、「雪解けの日」は囁くようなスロー・バラッドで、近年の楽曲は「幻」のような王道のハードロックというよりも大衆性を兼ね備えたロックにシフト・チェンジしてきたように思えますね。

Taku:もともと僕はギタリストでボーカルじゃなかったんですけど、自分が唄うバンドをやるようになって思うのは、ジミヘンっぽいギターと四畳半フォークみたいな歌をミックスした音楽をやりたいってことなんです。その両立がなかなか難しいんですけどね。

──言われてみれば、「風の街」はフォーキーに寄った楽曲ですね。

Taku:歌モノだと演奏が大人しくなってしまうし、音がうるさいと歌が聴こえづらくなりますよね。音はハードでも歌がしっかりと聴こえる、その両方を兼ね備えた音楽をFIXではやりたいんです。

──なるほど。今回のアルバムはハードロックというわりに音はあまり歪んでいないし、分離もクリアで、各パートの音も歌も際立ってよく聴こえるのが特徴だと思ったんですが、それは意図したことだったんですね。

Taku:ライブでもそういう音でやってるんです。だからこれがハードロックなのか? と思われるかもしれないけど、あえてそういう表現をしているんですよ。

──だからこそ「Cloud sky」ではハードロックらしからぬ美麗なコーラスを採り入れているわけですね。

Taku:今まであまりコーラスをやってこなかったんですけど、2人とも唄えるのでやってみたんです。ロック・バンドで女性2人のコーラスが入るのも珍しいし、使えるものは使っておこうと思って(笑)。

──「幻」で松本さんが参加しているのもマネージャーの采配なんですか?

SUSIE:完全にそうるさんの思いつきですね(笑)。

Taku:たまたま松本さんがツアーの帰りに遊びに来てくれたんですよ。その時にちょうど「幻」を録っていて、透さんが「ちょうどいい、マッチャンに声を入れてもらおう」って言い出したんです。それでいきなり「サムライ フジヤマ……」って声を入れてもらうことになったんですよ。松本さんにはどこかで参加してもらうつもりだったんだけど、「幻」がベスト・タイミングだったと思いますね。

──SUSIEさんが松本さんにベースのプレイについて何かアドバイスを受けたりは?

SUSIE:「幻」ではなかったですね。松本さんがベースについてアドバイスをくれたのは、「風の街」の1番と2番のあいだに入る飾りみたいなベースです。あのベースの部分はSUSIEのソロを入れるからフレーズを考えておいてねとそうるさんに言われていたんですけど、私が考えたフレーズを聴いた松本さんが「それならこんなふうに弾いたほうがいいよ」と教えてくれたんですよ。だからあの飾りっぽいベースは松本さんのアイディアですね。

FIXa_web.jpg──「メモリー」と「片手で生まれた猫 たまじの唄」で聴けるギターは誰が聴いても加納(秀人)さんだとわかる記名性の高いプレイですね。

Taku:ミックスの時に来てもらって、アンプから何から全部持ち込んで弾いてもらったんですよ。マネージャーには「その場で思いついたフレーズを弾くよ」と言ってたみたいなんですけど、事前に完璧に考えてきたフレーズを弾いていただきました(笑)。

SUSIE:「46小節目が……」って言ってたもんね(笑)。

Taku:「メモリー」なんて、最初の一発目から加納秀人バンドみたいですしね(笑)。ちなみに、加納さんに弾いてもらう曲を「メモリー」と「たまじの唄」にしようと言ったのも透さんです。

──「メモリー」は加納さんの扇情的なギターも相俟って、楽曲のスケール感が増幅したエモーショナルな一曲になりましたね。

Taku:加納さんはアコギとスライドも入れてくれて、けっこう重ねてあるんです。それに僕の弾くバッキングもありますし。

──歌詞から察するに、「メモリー」はTakuさんのお母さんに捧げた曲なんですか。

Taku:そうですね。ある日、外を歩いていたら子ども連れのお母さんがいて。その幼稚園児くらいの子どもを見て、自分も昔はこんな感じだったんだろうなと思ってつくった曲なんです。

 

一念発起してリズムを学び直したことで好転

──「たまじの唄」のようにブルージーなナンバーも、3コードのブルースを知り尽くした加納さんのギターが映えますね。

Taku:「たまじの唄」は、今回はアコギ・バージョンを収録したんですけど、実はエレキ・バージョンもあるんです。両方録って、どっちがいいかということでアコギ・バージョンになったんですけど。

──「たまじの唄」も歌詞がユニークですね。片腕の猫の視点で終始語られていて、片手であることをハンデと思わず、「大地を駆る 透明の左足」として捉えているという。

Taku:実際にウチで飼っていた猫のことを歌にしたんです。ちょうどFIXを結成した年に妊娠していた猫を拾ったら、ウチの家で4匹も生まれちゃったんですよ。そのうちの1匹が片腕だったんです。

──それが〈たまじ〉だったと。

SUSIE:本名は〈たまじまん〉って言うんですけど、レコーディングの準備をしている時に13歳で亡くなっちゃったんです。それでどうしても〈たまじまん〉の曲を思い出として入れたいとマネージャーにお願いしたんですね。最初は全部で10曲の予定だったんですけど、どうしても入れたいって。

Taku:〈たまじまん〉も最初は自分が片腕だと気づかなかったんだけど、だんだん元気に動き回るようになって、自分は他の3匹と違うことに気づいたみたいなんです。それで1週間くらいイジケちゃって、ひとりだけ違う場所で毛づくろいとかするようになって。その姿を見て「たまじの唄」をつくったんです。

──「たまじの唄」で聴ける加納さんのギターとTakuさんのギターが重なり合う様はスリリングで美しいし、いつまでも聴いていたくなりますね。

SUSIE:ギターは完全に加納さんの独壇場ですね。

Taku:後半になると僕のギターと混ざり合ってて、加納さんだと思ってたフレーズを自分が弾いてたりするところもあるんです。あの混ぜ具合はさすが加納さんならではのセンスだと思いますね。それに、僕は昔からずっと加納さんのライブに通い続けた人間なので、加納さんが自分の曲を弾いてくれるなんて信じられない光景でした。

SUSIE:Takuちゃんは外道が演奏してるビデオを擦り切れるほど見てたし、外道に憧れるあまり〈外水道〉っていうトリビュート・バンドをやってたくらいだからね(笑)。昔からお世話になってるクラブ・クロール代表の(近藤)竹湖さんに「Takuはホントに加納さんのことが大好きなんだなと実感するくらいソックリだな」って言われたこともあるし。ちなみに言うと、外道のオープニング・アクトをやらせてもらったのも竹湖さんのおかげだし、それが今回のアルバム発売の流れまで全部がつながっているんです。

──外道のマネジメント・オフィスに所属するところまで、すべてがつながっていると。

SUSIE:そうですね。マネージャーは初めてFIXのライブを見て、「外道が好きってわりにはなんてヘタクソなバンドなんだ」と思ったみたいですけど。「特にリズム隊が酷い」って(笑)。

──それで一念発起して、リズムを学び直したわけですか。

SUSIE:誰かにプレイを教わるなんて格好悪いし、そんなのロックじゃないと思ってたんですけど、GOKIGENYA Garageというライブ・バーでドラマーの有泉一さんとよく会うようになったんです。八代亜紀さんの『夜のアルバム』とかでドラムを叩いてる人なんですけど。その有泉さんがGOKIGENYA Garageでドラムスクールをやっていて、「YUEちゃんを日本一のドラマーにしてあげるよ」と言うわけです。それで「YUEちゃん、行ってきなよ」と背中を押して、自分は関係ないつもりだったんですけど、有泉さんから「SUSIEも来なさい」と電話があったんですよ。「これからは2人で通いなさい」って。有泉さんはベースリズムクリニックっていうのもやっているので、私もやることになったんです。

──どれくらいレッスンを受けたんですか。

SUSIE:2012年から始めて今も週一でやっているので、もう7年目になりますね。「中学生になったね」なんて言われてます(笑)。私たちのレベルにバンドのボトムが合わないように、自分たちのクオリティをとにかく上げるしかないと思ってリズムを勉強し直したんですけど、それなりの効果は出てきたと思いますね。去年(2017年)の7月にやった外道のワンマンでまたオープニング・アクトをやらせてもらって、そこで今のマネージャーに「外道のメンバーと会わない?」と誘われて、同じ頃にそうるさんがYUEちゃんに「FIXの3人と呑みたい」と連絡をくれたんです。

 

このアーティストの関連記事

Heaven knows

2018年11月21日(水)発売
TECH-30530
定価:¥2,778+税
サウンド・プロデュース:そうる透
加納秀人・そうる透・松本慎二(外道)が参加

amazonで購入

【収録曲】
01. Clone butterfly
02. Cloud sky
03. 雪解けの日
04. 孤独の月
05. Special car
06. PARKS
07. 幻
08. 晴れた朝に君と手をつないで
09. メモリー
10. 風の街
11. 片手で生まれた猫 たまじの唄

LIVE INFOライブ情報

FIX アコースティック・ライブ
2018年12月28日(金)大岡山Goodstock Tokyo
OPEN 18:00 / START 19:00
前売¥3,000 / 当日¥3,500(税込・ドリンク代別途)
問い合わせ:Goodstock Tokyo 03-6451-7396

ZXWEST SPECIAL LIVE
【出演】
Munenoleere's SEVENTHEVEN
田園地帯
カマガミンズ
FIX
外道
2018年12月30日(日)ZX WEST CHIBA
OPEN 17:00 / START 17:30
前売¥3,000 / 当日¥3,500(税込・ドリンク代別途)
問い合わせ:ZX WEST CHIBA 043-247-1009

2019新春 外道ファミリー正月特別公演
『初詣の後は外道詣』

【出演】
外道[加納秀人 / 松本慎一 / ロジャー高橋 / 石黒彰]
ATOMIC POODLE[加納秀人 / 五十嵐公太 / 満園庄太郎]
FIX[TAKU / SUSIE / YUE]
2019年1月3日(木)原宿クロコダイル
OPEN 18:00 / START 19:30
前売¥5,000 / 当日¥5,500(共に消費税別・飲食代別)
問い合わせ:クロコダイル 03-3499-5205

FIXデビュー・アルバム『Heaven Knows』リリース記念ライブ
【出演】FIX
2019年1月19日(土)ネイキッドロフト
OPEN 18:00 / START 19:00
前売¥3,000 / 当日¥3,500(共に飲食代別・1オーダー¥500以上必要)
問い合わせ:ネイキッドロフト 03-3205-1556

3+3+3+3+3 on 2/24
【出演】
田中一郎バンドPSI[田中一郎 / 松本慎二 / ぴのり]
ATM有って良かったバンド[ACE NAKAYA / 松本慎二 / 高木太郎]
THE KIDS[桐明孝侍 / 服部蛍 / 西川貴博]
FIX[TAKU / SUSIE / YUE]
APES[TAMA / JUNPEI / YAN-G]
2019年2月24日(日)高円寺ShowBoat
OPEN 16:00 / START 16:30
前売¥4,000 / 当日¥4,500(共にドリンク代別)
問い合わせ:ShowBoat 03-3337-5745

6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻