Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー血と雫「このメンバーでしかありえない歌、その新境地、そして変わらないもの」

このメンバーでしかありえない歌、その新境地、そして変わらないもの

2018.12.05

異能のドラマー・高橋幾郎

──「永遠の変化の中を彷徨う」は…。

山際:コレは、アナログのシングルで出してるんだよね。

森川:『雲を掴む』の後に、7インチのアナログ盤を限定で出してるんですけど、その曲のリテイク。アレンジはちょっと違いますけど。歌詞も若干違う。

──1stから3rdにかけて、メンバーの音が溶け合ってきたっていうか。その結果として聴きやすくなってきた印象が少しあるんですけど。

森川:うん。

──この曲は、これまでになかったような平易なメロディと優しい発声。結果として、さらに聴きやすさを醸し出してる気がするんですけど。

山際:たぶん圧倒的に“歌モノ”に近付いている感が。1stに較べると。歌が進化してるって感じですかね。

森川:もともと曲が歌メロからなので。アカペラを山際さんに投げてますから。その発展の結果が、作を重ねるに連れて上手い具合に調和してきているような。

──前から言ってましたよね。鼻歌を山際さんに投げて、山際さんがそれにコードを付けて。

森川:そう、山際さんのギターでアレンジして。

山際:今回、鼻歌がわりと…たぶん森川の子どもの頃に聴いてた歌謡曲とかのメロディが、自然に消化されて出てきた部分も大きいかなと思いますね。この曲は歌謡曲っぽい。

──この曲も絶品なギター・ソロが…。

山際:ああ、そうでしたか(笑)。

──そんなもんですか、本人的には。

森川:この曲は、ギターの最後の止むところが僕はすごいっていう気がします。「この切り方!」っていうか。

──高橋幾郎さんのドラムなんですけど。過去の3作に較べると、わりとおとなし目に聴こえるっていうか。

森川:過去も、ライブに較べれば遥かにおとなしいと思いますけど。

山際:ライブは全然違うもんなぁ。

──そうですね。今回のアルバムではわりと、ニュアンスに特化したみたいな印象を受けるんですけど。

森川:幾郎さんはドラマーっていう以前に、幾郎さんとしての感性をすごい出してくる人なんで。曲に参加するにあたって自分は何をするべきかということを、たぶんすごく理解する人だと思うんですよね。だから無理に叩かないところは叩かないし。

山際:あの人は、いま出てる音に対する反応っていうのが一番。

森川:反応に関しては本当に長けてるよね。あの人よりも反応できる人、いないと思う。

──それがあの、ライブでの圧倒的に自由な解釈みたいなモノに…。

山際:そうですね。ライブの独特の空間の中で、凝縮された幾郎さんの表現。

──ハイハットとバスドラとスネアで、リズムを下支えするっていう概念が最初から…。

山際:普通のドラムとは考えないほうがいいですね。スネアも…スネアじゃないですよね(笑)。

森川:スネアじゃないです。なんていうんだろう…太鼓?

山際:太鼓っていうしかない。

森川:スナッピーもなければ、裏の皮も張ってないし。ひっくり返して荷物入れにしてるし。

山際:そうそう、アレで飛行機に乗ってくる!(笑)

森川:裏側も楽器として使ってるし。リムとかボロボロなんですよ、叩いてるから。もう幾郎さんが宿ってると思う、幾郎さんの持ってるあの黒いスネア…。

山際:スタジオにあるスネアとかも今回は使ったりして。既製のね。マスタリングの中村(宗一郎)さんがびっくりしてたもん。「幾郎さん…」

森川:「スナッピー入ってる!」って。

──逆にびっくりする。

山際:そうそう(笑)。

森川:ドラムを叩いてない曲もありますけどね。「この曲はドラムなしで」って言ったら、その一言で決定するというか。その代わりベルとか鈴とか、幾郎さんの考えでやってますけど。アルバムを聴くと、幾郎さんの叩いてない曲が、すごいクッションになってていいんですよね。

──「永遠の変化の中を彷徨う」の後半では、かなりすごいプレイしてますね。

山際:わりとロックな感じのドラムですよね。

森川:手数が多い。

──この曲以外だと、随所で聴けるシンバルワークの繊細さ。

山際:アレはもう、ピカイチですよね。

森川:ハイハットをオープンにした時の使い方…ハイハットの裏を叩くとか、ちょっと一般的なドラマーがやらないようなことを当たり前にやる人なんで。

山際:考えてやってるんじゃなくて、その場で「こうしてみよう」って思い浮かんだことを、やってるように思います。

森川:演奏してるメンバーも常に新鮮というか。

山際:そこが他のドラマーとは大きく違う。

森川:ぜひ今度幾郎さんにインタビューしてみてほしいと思う。

 

このアーティストの関連記事

血と雫 4th Album
『その雫が落ちないことを祈る』

Grand Fish/Lab GFL1211
定価:¥2,500(税込)
2018年12月12日(水)発売

amazonで購入

【収録曲】
1. パトス
2. 世界という女性よ
3. 永遠の変化の中を彷徨う
4 .gitarre instrumental #4
5. 星は静かに
6. 輝きは夜とわたしと貴女のもの

ディスクユニオン限定! ReguRegu DVD『パペトピア』と同時購入でトートバッグ付!

血と雫『その雫が落ちないことを祈る』、ReguRegu『パペトピア』の2作品をまとめてご予約・お買い上げのお客様に、先着で“コラボトートバック”を差し上げます。ReguReguデザイン“血と雫×ReguRegu コラボトートバック”です(ディスクユニオン オリジナル予約特典)。
※サイズ:W36×H37×D11
※特典が無くなり次第終了となります

イースタンユーズ
ロフトアーカイブス
復刻
haku
lpo
lpo