Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー 【Brain Police Road to 50th Anniversary PANTA(頭脳警察)暴走対談LOFT編】第2回 大槻ケンヂ(筋肉少女帯)-「時代はサーカスの象にのって」の最初の一行は僕にとって生きる支えなんです

「時代はサーカスの象にのって」の最初の一行は僕にとって生きる支えなんです

2018.11.09

頭脳警察とティラノザウルス・レックスの類似性

──PANTAさんは筋肉少女帯をちゃんと認識して以降、ライブをよくご覧になっていますよね。

PANTA:皆勤賞ではないけど、渋公とかいろんな所でよくライブを観て楽しませてもらってるよ。何回かゲストで出たよね?

大槻:頭脳警察ではないですけど、PANTAさんには『筋少ちゃん祭り』に出ていただいたことがありました(1992年3月23日、日清パワーステーションで開催された『筋少ちゃん祭りVol.4 〜筋少の大車輪〜』に筋肉警察として出演)。その時は何をやったかなぁ…?

PANTA:たしか俺が「釈迦」を唄ったんじゃなかったっけ?

大槻:ああ、ありましたね。僕、PANTAさんがアリス・クーパーのメイクをしてアリス・クーパーのカバーをやってるのを観たことがあるんですよ。

PANTA:『グラムロック・イースター』(マーク・ボランの命日である9月16日に行なわれているアキマツネオ主催の追悼ライブ)だね。アリス・クーパーのメイクをして、サーベルを持って暴れたやつ。そこまでやるなら来年はKISSをやろうと思ったんだけど、アキマを始め『グラムロック・イースター』のメンバーから猛反発を喰らってね。「KISSはグラム・ロックじゃないでしょ!」って言われて。

大槻:グラム・ロックと言えば、僕はずっと気になってることがあるんです。頭脳警察のギターとパーカッションという編成、PANTAさんのカーリーヘアってマーク・ボランとそっくりじゃないですか。頭脳警察とT.REXの関わりってどういうことなんだろう? と思って。

PANTA:俺はティラノザウルス・レックスの『ユニコーン』ってアルバムが大好きでね。頭脳警察は最初にメンバーが5人いたんだけど、ギターとベースがケンカして、ほぼ同時にやめることになったわけ。その後にもう1人もやめて、俺とTOSHIだけになってしまった。そこでメンバーを探せばいいのに、ティラノザウルス・レックスみたいにギター&ボーカルとパーカッションだけの編成でやってもいいんだと思ったんだよね。それでドラムだったTOSHIに「俺がギターを弾くからお前はボンゴをやれよ」って言ったんだよ。

大槻:なるほど、それでマーク・ボランとミッキー・フィンみたいな編成になったんですね。

PANTA:うん。あとでアキマに聞いたら、ティラノザウルス・レックスも最初は3人だったのが2人になったんだって。俺たちも2人になっちゃったけど、自分としてはフル・バンドのつもりでバンドをやってた。アコースティック・ギターをツインリバーブに突っ込んで、常にボリューム10の大音量でね。

大槻:ティラノザウルス・レックスからの影響がある曲もあるんですか?

PANTA:あると思うよ。ちょっと先の話だけど、毎年恒例の『UNTI X'mas』でアキマと2人でティラノザウルス・レックスをやろうかって話もしてるしね。オーケンも『UNTI X'mas』に出る?

大槻:考えておきます(笑)。話を戻すと、頭脳警察を最初に聴いた時、どんな音楽の影響下にあるんだろう? と思ったんですよ。

PANTA:その意味ではフランク・ザッパかな。マザーズ・オブ・インヴェンションの「Who Are the Brain Police?」という曲があって、“Brain Police”を直訳して頭脳警察というバンド名にしたわけ。ポリスが来日した時にスティングと対談したことがあるんだけど、彼が言うには、ジョージ・オーウェルの『1984年』に“Thought Police”(思想警察)という秘密警察が出てくると。ザッパはそれに影響を受けたんじゃないかと話してたね。

大槻:スティングに会っておられるんですか。実は僕もスティングと対談したことがあるんですよ。まさかのスティングつながりですね(笑)。

PANTA:俺はそのスティングとの対談の時、アンディ・サマーズがその場に来たら帰ろうと思ってたんだけどね。

大槻:何かあったんですか?

PANTA:昔、ちょっとイヤなことがあってね。アニマルズが来日した時、楽屋でエリック・バードンと仲良く話してたの。そこにアンディ・サマーズがやって来て、こっちが「ハロー」って挨拶したのにプイッと横向きやがってさ。人の挨拶を無にしやがって、なんだこの野郎! と思って。

大槻:そうだ、ポリスのアンディ・サマーズって60年代の末期にアニマルズにいたんですよね。エリック・バードンと何の話をしていたんですか?

PANTA:何だろう、マリファナの話かな?(笑)

──暴走対談らしくなってきましたね(笑)。

PANTA:アンディ・サマーズの話をスティングにしたら、彼は一生懸命言い訳をしてくれてさ。「あの時はアンディも騙されて大変だったんだよ」って。ポリスとして来日する時も、飛行機の中で「今度は大丈夫だろうな?」ってものすごくナーバスになっていたらしくて。

──1968年にアニマルズが来日した時、バンドのマネジメントと日本のプロモーターが揉めて、バンドが機材一式を置いて逃げるように帰国したらしいんですよね。アンディはそれで自分のレスポール・ジュニアを失ったことをいつまでも悲しんでいたそうです。

大槻:だけど、スティングに懸命に言い訳をさせるPANTAさんもすごいですよね。世界レベルの話じゃないですか(笑)。

PANTA:スティング自身は世界レベルだけど、言い訳は個人レベルだよ(笑)。

DSCF1831.jpg

このアーティストの関連記事

LIVE INFOライブ情報

【PANTA】
PANTAX'S WORLD Presents
『PANTA & HAL. EXTENDED,』
1st Stage:Album『マラッカ』Complete
2nd Stage:Album『1980X』Complete
11月1日(木)ビルボードライブ大阪
11月3日(土・祝)ビルボードライブ東京
 
PANTA PANTAX'S  WORLD  2018
『BRAIN POLICE RELAY POINT 2018』リリース・ツアー
11月22日(木)名古屋 ell.SIZE
11月23日(金・祝)倉敷 無限舎
11月26日(月)山口 RAGTIME
11月27日(火)京都 西院 OOH-LA-LA
 
『UNTI X'mas 2018』
12月24日(月・祝)渋谷 La.mama
 
【大槻ケンヂ】
『名曲喫茶オーケン』
ゲスト:おおくぼけい(アーバンギャルド)
2018年11月15日(木)阿佐ヶ谷ロフトA
OPEN 18:30 / START 19:00
チケット代:3,000円(税込・ドリンク代別)
問い合わせ:ロフトA 03-5929-3445
 
【筋肉少女帯】
メジャーデビュー30周年記念 オリジナルNew Album『ザ・シサ』リリース・ツアー
11月10日(土)名古屋 CLUB QUATTRO
11月18日(日)梅田CLUB QUATTRO
11月23日(金・祝)渋谷ストリームホール
12月9日(日)マイナビBLITZ 赤坂
 
【大槻ケンヂミステリ文庫】
1月13日(日)大阪 Music Club JANUS
1月14日(祝・月)岡山 Desperado
1月25日(金)名古屋 Electric Lady Land
2月6日(水)東京 duo MUSIC EXCHANGE
イースタンユーズ
ロフトアーカイブス
復刻
haku
lpo
lpo