Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビューTHE COLTS - 宇宙一のパーティー・バンドが体現する"ごった煮ロックンロール・サーカス"の真骨頂

宇宙一のパーティー・バンドが体現する“ごった煮ロックンロール・サーカス”の真骨頂

2018.11.08

モッズとの野音でコルツを解散してもいいと思った

──ところでこの『MORE BASTARD!』が一般発売される頃は、みなさんコルツではなくマックショウのツアーで忙しいんですよね。

KOZZY:うん。だからコルツのツアーを来年もまたやりたいなと思って。あまり良くないアルバムならあきらめもつくんだけど、何だかいいアルバムができちゃったしね。相変わらずコルツをやるのはしんどいなとは思うけど、アルバムも集中してやればまだ作れるなと思ったし。ただ何せコルツは仕込みが大変なんだよ。

TOMMY:メンバーもスタッフもマックショウの倍以上の人間が動くからね。

KOZZY:キャパまでマックショウの倍ってわけにはいかないしね(笑)。ただ、一昨日の野音はコルツとしてやれて本当に良かったと思ってる。これで新作も出さずに、この先の予定も特にないようなら、あの野音がコルツの最後でもいいと思ったくらい。

──そうだったんですか。

KOZZY:さっきも話した通りコルツはスカーフェイスをやるために始めたバンドだったし、これでもうスカーフェイスをやらないということならコルツも解散でいいんじゃないかと思ったんだよ。その後にもしコルツのスケジュールが入っていなければ「今日でコルツは解散します」と口を滑らせていたかもしれない。ここまでやってこれた達成感もあったし、最後の「IT'S ONLY ENTERTAINMENT」まで全9曲、自分たちの持ち味も全部出せたしね。

TOMMY:いろいろ大変だったけど、いいライブだったよね。「DOG DAY AFTERNOON」も初めてライブでやれたし。

KOZZY:まぁ、今はわりと充実した活動をやれているし、無理に終わらせることもないんだろうけどね。

──マックショウを結成したのはコルツの活動が煮詰まったり、当時の音楽業界に対して違和感を覚えたことが大きかったわけじゃないですか。今のコルツはそういう煮詰まりもなく健全にやれていますよね。

KOZZY:マックショウは、自分のやり残したことがないようにするための終活のひとつだよ(笑)。マックショウをやり始める前の2000年、2001年というのは、自分の身の来し方やこの先のことをよく考えていた節目の時期だったね。コルツがメジャーでやってた90年代の終わりは音楽業界も先細りの一途を辿って、自分たちの所属してた会社も潰れたりして、一通りやり尽くした感じがあった。それでアメリカへ行って、自分たちにはまだやれることがあると気づいてマックショウを始めることになるんだけど、いま思えばそれは終活に近い感覚があったよね。所詮は僕もキャロルとビートルズ出身だし、それを今ちゃんとやっておかないと後でできなくなるぞと思った。今のコルツもそんな感じだよ。やり残したことがないようにアルバムを作る、ライブをやる。だからコルツもまた終活のひとつだね(笑)。

──コルツとしてやり残したこととは何なのでしょう?

KOZZY:あとはやっぱり売れることじゃないかな?(笑) まぁ、それはもうチャレンジしないけどね。この先、音楽のマーケットがどうなるのか見当もつかないけど、僕はただいい曲を書いていたいだけだから。ただ誰しも不死身じゃないし、ロックの世界でもレジェンドと呼ばれる人たちが次々と亡くなってるしね。だからやっぱり、これが永遠に続くものではないのだとしたら、今やれることを思いきり全部やっておきたいね。「なぜそんなに働くんですか?」と言われてもさ(笑)。コルツにしてもマックショウにしても、誰かに影響を与えているのを実感するのは単純に嬉しいことだし、とてもやりがいのあることだからね。

アー写.jpg

このアーティストの関連記事

THE COLTS
MORE BASTARD!

2018年11月21日(水)一般発売
SPACE-018 / 価格:3,000円+税
発売元:株式会社スペースエイジ
LABEL:B.A.D RECORDS UNITED

【収録曲】
01. HEY YOU BASTARD!
02. ロザリオ
03. DOG DAY AFTERNOON
04. SPANISH WALKING
05. OLD HABITS DIE HARD
06. PRESSURE DROP
07. WALKIN' IN THE RAIN
08. TRAIN IS COMING
09. LOVE KILLS THE CAT
10. 天国と地獄
11. MAMMA MIA
12. BAD MOON RISING
13. KANEMAWASE
14. IT'S TIME TO GO

KOZZY MACK
HIROSHIMA SONGS

2018年9月26日(水)発売
SPACE-014 / 価格:2,000円+税
発売元:株式会社スペースエイジ
LABEL:B.A.D RECORDS UNITED

【収録曲】
01. 熱帯ドライヴ
02. マイ・ファニー・サマータイム
03. 380
04. ガソリンスタンド
05. 八月のムーンリバー
06. 不思議
07. AS TIMES GO BY
08. 彼女は蒼い月
09. ハイティーン・ガール
10. 100メートルの恋

LIVE INFOライブ情報

THE COLTS出演! 『Luv-Enders' Explosion!』発売記念イベント! 豪華ゲストあり!

Luv-Enders' Explosion! Vol.1

出演:Luv-Enders / THE COLTS

DJ:MIWAKO / TAGO!

2018年11月9日(金)下北沢CLUB QUE

OPEN 18:30 / START 19:00

前売¥3,000 / 当日¥3,500(ともにドリンク代別)

問い合わせ:CLUB QUE 03-5433-250

 

皮ジャンの季節、俺たちの秋。

ザ・マックショウ『ゲットダウン』ツアー、第二節スタート!

ザ・マックショウ・ツアー GET DOWN '93

昭和93年(2018年)

10月27日(土)名古屋E.L.L

11月2日(金)大阪MUSE

11月3日(土)神戸VARIT

11月4日(日)福山INN-OVATION

11月10日(土)静岡SUNASH

11月11日(日)福知山SOUNDRATT

11月16日(金)盛岡CHANGE

11月17日(土)山形SANDINISTA

11月18日(日)福島・いわきSONIC

11月22日(木)広島QUATTRO

11月23日(金・祝)小倉FUSE

 

GET DOWN '93 ツアーファイナル公演

11月25日(日)渋谷WWW

 

復興祈願アンコール公演

12月15日(土)札幌PIGSTY

 

 

 
haku
lpo