Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー加奈子 × Nukeme - 禁断の多数決が私の全てじゃない。これからの私をみんなに見てほしい

禁断の多数決が私の全てじゃない。これからの私をみんなに見てほしい

2018.10.26

 禁断の多数決を脱退した加奈子さんが、活動休止を経てアーティストNukemeさんと共にLOFT9 Shibuyaで自己啓発イベントを開催する。脱退から活動再開にいたるまでの心の内を語っていただきました。そして、多彩な活動を繰り広げるNukemeさんとはいったいどんな人物なのか? ざっくばらんにお話を伺ってみました。[interview:本田智也 (LOFT9 Shibuya)]

物事を細かく考えることが好き

——加奈子さんにロフトのトークイベントに出演いただくのは、禁断の多数決での『禁断のお化け屋敷』ぶりですよね。

加奈子:そうですね。去年の7月以来ですね。

——現在、禁断の多数決は脱退されたんですか?

加奈子:はい。今年3月のライブで“第三期”禁断の多数決が解散することになり、私を含め一部のメンバーが脱退することになりました。

——脱退後、音楽活動は休止されていたんですか?

加奈子:また音楽活動を始めたいと思っていたのですが、次にやりたいと考えていることがなかなか進まなくて、実質的に活動休止状態にありました。

——では今回のトークイベントが活動再開の一発目になる感じですか。

加奈子:そうですね。

——自己啓発イベントということですが、今回のイベントを行うことになったいきさつを教えてください。

加奈子:実は去年の1月くらいに自分でイベントをやりたくて動いていたんですけど、実現に至らなかったんです。やりたいことはいろいろあったので、お誘いを頂いて今回のトークイベントをやることになりました。自己啓発イベントは、普段から私がいつも考えていることなんですけど。自分自身が物事を細かく考えることが好きなので、自然とこういった内容になりました。

——日ごろから悩みは多いですか?

加奈子:多いです。いちいち考えちゃうんですよね。あと、普段からインスタライブなどで、ファンの方からお悩み相談を受けることも多くて、私も悩んでいることはたくさんあるし、同じように悩んでいる人たちと集まってお話しようと思ったのも今回のイベントをやろうと思い立ったキッカケです。

——加奈子さんは女性のファンが多いと思うのですが、やはり質問も女性からのものが多いのでしょうか?

Nukeme:匿名のメッセージアプリだから質問者の情報までは分からないよね。

加奈子:そうですね。ただ、質問の内容からして比較的、若い人が多いと思います。

——どういった悩みが多いですか? 恋愛とか、人生とか?

加奈子:恋愛の相談もよくきますが、学校の悩みが一番多いです。就職しなきゃいけないけど、やりたいことがないとか、社会人だけどやりたくない仕事をしているとか。

——わりと人生についての重たい相談ですね。

加奈子:けっこう重たいものがよく来るんですよね。いつも、重たいものから軽いものまで、頂いた相談には全て答えていたんですけど、それを見て、「加奈子ちゃんは何でも答えてくれる」と思われたのか、いろんな相談が来るようになりました。

——前回、禁断の多数決で出演頂いたときに感じたのですが、自由なメンバーが多い中で、イベントの進行とか、お客さんからの質問にも真面目に答えてあげようとしていたり、ファンの期待に応えてあげようという姿勢が見えて、加奈子さんは責任感が強い人だという印象を受けました。

加奈子:それは多分、他のメンバーがそういうことが得意じゃないから、相対的に良く見えただけだと思いますよ。ただ、本当は私ももっと好きにやっても良いのかもしれないけど、こういった活動をしている以上、しっかりしなきゃっていう気持ちはあります。

脱退したからといって活動を辞めることもない

——今回、トークイベントを行うにあたって、真っ先にNukemeさんをパートナーに選ばれた理由はなんですか?

加奈子:Nukemeさんはもともと仲が良くて、何か一緒にできないかなと思ってたんです。けっこう一緒にやりたいこと話してたよね。

Nukeme:うん。事前に進めているプロジェクトがあって、今回のトークイベントもその流れですね。

——お二人の親交はいつからなんですか?

Nukeme:知り合ったのは、マルチネレコーズの「東京」っていうイベントをやってた時だったので、2014年ですね。一緒にやろうっていうそのプロジェクトの話が立ち上がったのは、加奈子ちゃんが禁断の多数決の脱退が決まった頃だった気がするから、去年の1月くらいだっけ?

加奈子:えっと。3月の解散ライブよりは前だったから、12月に私が脱退することが決まった後の1月とか2月とかだった気がする。

Nukeme:ちょうど加奈子ちゃんがこれから何をしようか、って考えている時だったよね。

——活動再開まで時間があったと思いますが、今後も音楽活動を続けていこうと考えていたんですか?

加奈子:もともと、「“第三期”禁断の多数決は解散」って言われただけなので、辞めるつもりはなかったんです。リーダーのほうのきさんがその時考えているイメージに合わせて、第一期、第二期とグループも変わっていくので、今回の第三期解散で私も脱退することになって。

Nukeme:解散総選挙みたいなものだよね。内閣をいったん解散して、また作り変えるっていう。

加奈子:なので、解散後は少し投げやりになっちゃって、もう音楽も全て辞めようって思ってました。でも、禁断の多数決での活動が私の全てじゃないし、音楽は子供の頃からやっていたので脱退したからといって活動を辞めることもないのかなと思うようになりました。それから今後の音楽活動について誰と一緒にやったら面白いだろうって考えてNukemeさんに声を掛けたりしました。

image1.JPG

LIVE INFOライブ情報

11/1(木) 『加奈子とNukemeの「強く生きていくためのお話」』

【出演】加奈子、Nukeme

OPEN 18:00 / START 18:30

前売 ¥1,500 / 当日¥2,000 (税込・要1オーダー500円以上)

前売はe+にて発売中

https://www.loft-prj.co.jp/schedule/loft9/101296

haku
lpo