Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー【Brain Police Road to 50th Anniversary PANTA(頭脳警察)暴走対談LOFT編】白井良明(ムーンライダーズ)&大久保ノブオ(ポカスカジャン)- 音楽と笑いの融合を目指す"青空ボーイズ"の面々がPANTAのポップな側面に迫る!

音楽と笑いの融合を目指す“青空ボーイズ”の面々がPANTAのポップな側面に迫る!

2018.10.11

由緒正しきボーイズ芸の末裔!?

 
大久保:ボーイズ芸という楽器を使った形態の笑いは、もともと喋くり専門だった人たちが喋りだけじゃ物足りないから楽器を持ったのが始まりなんです。あきれたぼういずも最初は楽器を持ってなかったんですよ。
 
PANTA:ああ、そうなんだ?
 
大久保:ボーイズ芸は一応楽器を持ってるけど、誰かが唄おうとするのを邪魔して突っ込んだりする喋りがメインで、クレージーキャッツみたいにしっかり演奏するコミックバンドとは基本的に違うんですよね。
 
白井:僕らはどっちなんだろう?
 
大久保:どっちもやれますね(笑)。ポカスカジャンもボーイズ芸みたいに「今日も元気にポカスカジャン♪」とかやってますけど、中身はコミックバンドの形態なので。
 
──青空ボーイズはボーイズバラエティ協会に所属するような、由緒正しきボーイズ芸の末裔ということになりますか?(笑)
 
大久保:リーダーの良明さんが下町出身ですからね。いま東京のボーイズ・グループは、モダンカンカン、玉川カルテット、東京ボーイズ、バラクーダ、アンクルベイビーしかいないので、それに続く期待の新星として注目を浴びたりして(笑)。
 
PANTA:あと、浪曲漫才の宮川左近ショーを模した柳町はるさめショーっていうバンドが徳島にいたんだけど、これがすごかったんだよ。ファンキーなリズムにのせて「ダッチョ・ファンク」っていうのをやるんだから(笑)。ああいうのもできるんじゃないかな。
 
──ライブは継続的にやっていく予定なんですか。
 
白井:今の段階で決まっているのは金○と横○だけなんだけど、金○で第1期の終了にして、次から第2期に突入ってことにしようかなと。
 
大久保:それじゃ初日がいきなり楽日じゃないですか(笑)。
 
──まだステージを拝見していないので何とも言えませんが、洋楽のカバーを無邪気にやるという意味では忌野清志郎さんがやっていたタイマーズみたいなニュアンスもありそうですね。
 
白井:今こういう感じで喋ってるのとあまり変わらないと思うよ。あとは各人が楽器を持つってだけで。
 
PANTA:ただ、良明とリハに入るたびに曲が増えてるからね。これでのんちんが入ったら……。
 
白井:R&Bの世界が注入されることになるね。
 
PANTA:のんちんはモータウンも大好きだし、通ずるものがあるから。
 
──社会風刺みたいな歌を披露する予定は?
 
大久保:PANTAさんがメンバーなら、そういう曲の期待感はありますよね。
 
白井:いま出来てる曲でそういうのもあるし、その匂いの曲もあったほうが自然でいいと思ってる。
 
PANTA:何でもやれるよね。コントのネタがあるなら喜んで絡ませてもらいたいしさ。俺は最近、役者もやってるから。
 
──世界のマーティン・スコセッシが認めた役者ですしね(笑)。
 
白井:役者と座長がいれば何でもできるね。ネタは無尽蔵にあるし、今後はメンバーが増殖することもあるかもしれない。ワハハ本舗の役者さんたちと一緒にやれることもあるだろうし、いろんな人たちを巻き込んで作品にできたらいいね。トラヴェリング・ウィルベリーズがやってたことの3倍はできることがあるんじゃないかな。
 
PANTA:俺が青空ボーイズの影響を受けすぎて、頭脳警察のライブが喋りメインになったりしてね。まぁ、その時はその時だな(笑)。
 
このアーティストの関連記事

LIVE INFOライブ情報

Road to 50th Anniversary
ZK Monthly Talk Session『暴走対談LOFT編 vol.3』
少女論 〜少女の美とエロス アリスマトニカからフランスギャル〜
【出演】PANTA(頭脳警察)
【ゲスト】伴田良輔(美術家、作家、写真家、愛猫家)
【司会】椎名宗之(Rooftop編集長)
【日程】2018年10月14日(日)
【時間】OPEN 12:30 / START 13:00
【料金】前売2,000円 / 当日2,500円(ともに税込・要1オーダー500円以上)
*チケットはイープラスにて発売中
【会場&問い合わせ】渋谷 LOFT HEAVEN 03- 6427-4651
haku
lpo