Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー【Brain Police Road to 50th Anniversary PANTA(頭脳警察)暴走対談LOFT編】白井良明(ムーンライダーズ)&大久保ノブオ(ポカスカジャン)- 音楽と笑いの融合を目指す"青空ボーイズ"の面々がPANTAのポップな側面に迫る!

音楽と笑いの融合を目指す“青空ボーイズ”の面々がPANTAのポップな側面に迫る!

2018.10.11

目指すは新しい時代の音楽と笑いの融合

 
大久保:僕がリスナーだった時代の音楽って、ボーカルの一本背負い力がすごかったと思うんですよ。アレンジやプロデュースも大事なんだけど、それ以上に唄い手の人間力で音楽が成立する時代だったし、そういう音楽が僕は好きでした。それは決して数値化できないもので、ボーカルの存在感が今よりも際立っていたと思うんです。PANTAさんはその時代の最たるボーカリストですよね。
 
白井:そのポジションにずっといてほしい人だよね。オブジェとして(笑)。
 
大久保:このあいだPANTAさんが僕のソロ・ライブに来てくださって、ワハハ本舗の社長の喰始にPANTAさんを紹介したんですよ。「PANTAさんです」と引き合わせた途端、あのクセのある喰始でさえピタッと動きが止まりましたからね(笑)。
 
白井:怒られると思ったんじゃないなの?(笑) でもパンちゃんにはそうやってドッシリと構えていてほしいな。
 
PANTA:でも俺、実際のところは軽いんだよなぁ……(笑)。
 
白井:いいんだよ。軽くないと一緒にバンドをやれないもん。だけどまわりが軽いイメージを望んでないんだろうね。
 
大久保:PANTAさんの軽さを出すか出さないかで、このバンドの方向性が変わってくるでしょうね。
 
PANTA:ユーモアのセンスを忘れたくないよね。スネークマンショーという金字塔を筆頭に、『内容の無い音楽会』というパロディの傑作を生んだ生福、KERAと慶一がプロデュースしたヤマアラシとその他の変種といった、笑いと音楽を融合させた名ユニットがこれまでにもいたし、桑田佳祐も『音楽寅さん』という番組で笑いを取り入れて面白いことをやっていたけど、それらに対抗できるものを作りたくてしょうがないんだよ。新しい時代の音楽と笑いをミックスさせた作品を作りたい。
 
大久保:普段のPANTAさんはよく笑う方だし、笑いやユーモアに貪欲なんですよね。それがポップさにもつながっていると思うんです。誰に対しても壁を作らないし、僕みたいな若造の芸人にも気さくに話しかけてくれるし。
 
白井:境界が柔らかいんだよね。だからポカスカジャンのやってることを楽しめたり、青空ボーイズみたいなこともできる。
 
──音楽と笑いを融合させることに面白さを見いだすセンスは、たとえばハナ肇とクレージーキャッツからの影響もありますか。
 
PANTA:あると思う。あと、『フライングハイ』とかアメリカのコメディ映画も大好きだしね。
 
白井:クレージーキャッツが影響を受けたスパイク・ジョーンズみたいな冗談音楽は?
 
PANTA:それは通ってない。でもクレージーキャッツは好きだったし、植木等はすごい人だったね。
 
白井:僕も植木等命でね。ビートルズ、ストーンズと並んで植木等と加山雄三は青春時代のスターだった。植木等自身に人を笑わせようとする意識はあまりなくて、その存在自体が面白かったね。何なんだろうね、あの隙間みたいな部分が面白かったのかな。
 
大久保:植木さんの実像は無責任男の対極で、真面目で堅物だったそうですからね。
 
──もともと僧侶の息子でしたしね。
 
PANTA:のんちんはクレージーキャッツの笑いをどう捉えているの?
 
大久保:僕もコミックバンドをやってる人間として大好きですけど、あのセンスは奇跡でしかないと言うか。音楽と笑いのセンスを持った人たちが偶然に集まった奇跡としか思えませんね。それと、ブレーンもすごかったじゃないですか。青島幸男さんや塚田茂さんといった放送作家、プロデューサーの方々がコントを作って、業界全体がバックアップする集大成みたいなところがあった。今の芸人は自分たちでネタを作って、何から何まで自分たちでやらなくちゃいけないけど、昔は周囲のスタッフも一丸となってスターを生み出してましたよね。
 
白井:大きな船をみんなで作る感じと言うか、才能のあるブレーンが才能のある集団のもとへ一気に集まってきたよね。ビートルズはその最たる例で、マネージャーのブライアン・エプスタインやプロデューサーのジョージ・マーティンとか傑出した才能が集まってきた。
 
PANTA:クレージーキャッツに関して言うと、演奏の上手いバンドがわざとふざけたことをやるから腹を抱えて笑えたんだよね。その系譜はビジーフォーまで続いたと思うんだけど、音楽ネタは基本的に演奏力がしっかりしていないと笑えないんだよ。
 
白井:谷啓なんてディキシーランド・ジャズの大家だからね。…じゃあやっぱり、僕らはコミックバンドに向いてるよ(笑)。
 
PANTA:喋りばかりでちっとも演奏しない可能性もあるけどね(笑)。
 
このアーティストの関連記事

LIVE INFOライブ情報

Road to 50th Anniversary
ZK Monthly Talk Session『暴走対談LOFT編 vol.3』
少女論 〜少女の美とエロス アリスマトニカからフランスギャル〜
【出演】PANTA(頭脳警察)
【ゲスト】伴田良輔(美術家、作家、写真家、愛猫家)
【司会】椎名宗之(Rooftop編集長)
【日程】2018年10月14日(日)
【時間】OPEN 12:30 / START 13:00
【料金】前売2,000円 / 当日2,500円(ともに税込・要1オーダー500円以上)
*チケットはイープラスにて発売中
【会場&問い合わせ】渋谷 LOFT HEAVEN 03- 6427-4651
haku
lpo
lpo