Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー【Brain Police Road to 50th Anniversary PANTA(頭脳警察)暴走対談LOFT編】白井良明(ムーンライダーズ)&大久保ノブオ(ポカスカジャン)- 音楽と笑いの融合を目指す"青空ボーイズ"の面々がPANTAのポップな側面に迫る!

音楽と笑いの融合を目指す“青空ボーイズ”の面々がPANTAのポップな側面に迫る!

2018.10.11

実はすごく幅広い頭脳警察の音楽性

──こういうバンドをやれること自体、PANTAさんにポップな資質があることの何よりの証明でもありますよね。
 
白井:そうだね。パンちゃんは軽妙洒脱だから。
 
PANTA:昔はパブリックイメージを壊しちゃいけないと思って自粛していたんだけど、今や吉田豪にツイッターでいろんなことを暴露されたりして(笑)、もう素の自分を出してもいいのかなと思ってね。
 
白井:パンちゃんも僕もイカ天で審査員をやったことがあって、その時にパンちゃんが「俺が笑うとスタッフに怒られるんだよ」なんて言ってて、アイドルみたいでかわいそうだなと思ったな。
 
大久保:食事をご一緒して、最後にみんなで写真を撮ろうって時のPANTAさんは自然とキリッとした顔になりますよね。
 
白井:そういうクセがついてるんだろうね。
 
大久保:PANTAさんにはそうあってほしいのもありますけどね、僕ら的には。
 
白井:ディランが『Nashville Skyline』で急に明るくなったじゃない? ああいう感じを青空ボーイズでやれたらいいなと思うんだよね。
 
──今日の撮影も『Nashville Skyline』のジャケット写真がイメージとしてあったそうですね。
 
白井:そうそう。ローアングルで青空をバックに3人が挨拶しているような感じ。
 
PANTA:俺の今日のテーマはウィリー・ネルソンでね。カウボーイハットを被って、この撮影のためにわざわざネルシャツを買ってさ。さすがに三つ編みにはしなかったけど(笑)。俺が懸念してるのは、こんなことをやってるといつかポカスカジャンとの境界線がなくなっちゃうんじゃないかってことなんだけどね(笑)。
 
(Rooftop2018年10月号)
 
大久保:本物のボーイズ芸をやるようになっちゃって(笑)。
 
白井:でもバンド名に“ボーイズ”を入れたのは、のんちんがやってることの一部を取り入れたい思いがあったからなんだよ。
 
PANTA:そうだよね。良明はバンド名を一生懸命考えてたから。
 
大久保:良明さんとやらせてもらう時は、ステージ上でも「何を言ってるんですか!」とかいろいろツッコミを入れるんですよ。だけどPANTAさんに対しては、その壁を超える自信が今のところないですね(笑)。だから良明さんには容赦なくツッコミを入れて、「でもPANTAさんは大丈夫です!」みたいな感じで持っていくのが面白いのかもしれない。
 
白井:なるほど。「なんでパンちゃんばかり立てるんだよ!?」みたいなね。
 
PANTA:そうなると、また笑っちゃいけないキャラになりそうだな(笑)。
 
──大久保さんは、リスナーとして頭脳警察のどんな部分にグッときていましたか。
 
大久保:自分が大学生だった頃は「銃をとれ」みたいに過激な歌を求めてましたよね。ただ今になってみると、たとえばこのあいだ出たライブ盤(『BRAIN POLICE RELAY POINT 2018』)を聴いても、実はすごく幅広い音楽性だったことに気づくんですよ。「いとこの結婚式」はもうちょっと突っ込めばコミックソングに持っていけると思うし(笑)。
 
PANTA:あの曲はコミックソングにできるよね? ぜひやってよ。
 
大久保:歌詞を変えて、「いとこの結婚式 2018」みたいなことにして(笑)。
 
PANTA:「はとこの結婚式」に変えてもいいから(笑)。
 
──良明さんは当時、頭脳警察というバンドをどう捉えていたんですか。
 
白井:僕はその当時、フォークの世界にいたわけ。斉藤哲夫、エンケン、加川良、高田渡……その辺と一緒に全国を回ってたから。なので頭脳警察とは流派が違って、ムーンライダーズに入って初めてロックの世界に染まったんだよ。ただその頃のパンちゃんはすでにソロを始めていたんだよね。PANTA & HALのスタジオを見学したことがあるんだけど、ものすごく微妙な空気だったのは覚えてる(笑)。
 
──慶一さんがプロデュースした『マラッカ』や『1980X』を良明さんがどう聴いていたのか、興味があるのですが。
 
白井:すごく面白い組み合わせだと思った。ガッツのある唄い手であるパンちゃんと、名うてのプロデューサーと謳われた慶一さんが合体して、すごい化学反応が生まれたんじゃないかな。
 
PANTA:当時、俺が慶一に会いに行ってた頃、良明はカル・デ・サック(神宮前にあったカフェ&バー)にはいたの?
 
白井:けっこう入り浸ってたよ。
 
PANTA:良明は慶一との付き合いが以前からあったものだと思ってたし、ロックの世界にどっぷり浸かっていたと思っていたので、ずっとフォークをやっていたと聞いてすごく意外だったんだよね。
 
白井:僕は最初にフォークだったけど、その後はジャズだったんだよ。辛島文雄さんや水橋孝さん、渡辺香津美さんといった人たちのまわりでウロウロしてたんだけど、ある日突然、岡田(徹)くんから電話がかかってきて、「椎名(和夫)くんがムーンライダーズをやめるのでやってくれないか?」と言われたんだよ。
 
大久保:それは知らなかったですね。良明さんはずっとニュー・ウェイブの人だとばかり思ってました。
 
このアーティストの関連記事

LIVE INFOライブ情報

Road to 50th Anniversary
ZK Monthly Talk Session『暴走対談LOFT編 vol.3』
少女論 〜少女の美とエロス アリスマトニカからフランスギャル〜
【出演】PANTA(頭脳警察)
【ゲスト】伴田良輔(美術家、作家、写真家、愛猫家)
【司会】椎名宗之(Rooftop編集長)
【日程】2018年10月14日(日)
【時間】OPEN 12:30 / START 13:00
【料金】前売2,000円 / 当日2,500円(ともに税込・要1オーダー500円以上)
*チケットはイープラスにて発売中
【会場&問い合わせ】渋谷 LOFT HEAVEN 03- 6427-4651
haku
lpo