Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー【Brain Police Road to 50th Anniversary PANTA(頭脳警察)暴走対談LOFT編】白井良明(ムーンライダーズ)&大久保ノブオ(ポカスカジャン)- 音楽と笑いの融合を目指す"青空ボーイズ"の面々がPANTAのポップな側面に迫る!

音楽と笑いの融合を目指す“青空ボーイズ”の面々がPANTAのポップな側面に迫る!

2018.10.11

PANTAはロック・スターと言うよりポップ・スター

──PANTAさんと大久保さんの接点は?
 
PANTA:ポカスカジャンは昔から大好きでね。いつもライブに行かせてもらってた。
 
大久保:僕はもちろんPANTAさんのことが一方的に好きでしたけど、フジロックで僕らのステージを観てくださったみたいで、その話を聞いた時はすごく嬉しかったですね。ある時、新宿のゴールデン街を歩いていたら、向こうから慶一さんとPANTAさんがやって来たことがあって。慶一さんとは面識があったんですけど、PANTAさんとは初対面で。慶一さんに挨拶した後にPANTAさんにどう挨拶すれば失礼じゃないのかとか、瞬時に考えましたね。ここはやっぱり直立不動かな? とか(笑)。そしたら、PANTAさんのほうから「あ、ポカスカジャンの人だ!」と言ってくださったんです。「フジロックで観て、すごく好きなんだよ」って。僕らは北朝鮮やドラッグとかのネタをやってますし、頭脳警察のポリシーやDNAをお笑い界に注入してるつもりなんです(笑)。
 
──大久保さんはもともとブルドッグという本格的なロック・バンドをやっていたんですよね。
 
大久保:そうなんです。新宿ロフトや渋谷のラ・ママにも出させてもらったし、中野サンプラザで行なわれたイーストウエストの決勝大会にも進出したんですよ。その時の審査員の一人が良明さんだったんです。
 
白井:僕の他に相倉久人さんとかもいてね。
 
大久保:ライブはけっこう盛り上がったんですけど、結果は落選だったんです。あとで審査員の寸評を読んだら、「日本人がミック・ジャガーの真似をしても格好悪い」と良明さんが僕らにコメントしていて(笑)。
 
白井:やっぱり思ったことは口にするべきだね。だって今やポカスカジャンは国立演芸場花形演芸大賞の大賞を受賞してるんだから。
 
大久保:そのままバンドを続けていてもこのお2人のようにプロになれる力はなかっただろうし、その後にワハハ本舗の舞台を観てバンドをやめたことを考えると、良明さんは僕をお笑いの道に進ませてくれた恩人でもあるんですよ。寸評を読んだ時は頭にきましたけどね(笑)。
 
──この鼎談ではPANTAさんのポップな側面にスポットを当てるのがテーマなんですが、良明さんはPANTAさんのポップな資質を早くから見抜いていたとか。
 
白井:昔、日比谷の野音でムーンライダーズやRCサクセション、エンケン(遠藤賢司)なんかが出るイベントがあって、トリでPANTA & HALが出たんだよ(1979年9月9日に行なわれた『Over The Wave』)。その時のパンちゃんをステージ袖で観て、これはロック・スターと言うよりもむしろポップ・スターだなと思ってね。当時からそう感じていたから、パンちゃんのポップな面をこの青空ボーイズで引き出したい。あと、パンちゃんは「くれない埠頭」というムーンライダーズでも屈指のバラードを唄ってくれてるんだけど、ヘンな話、ムーンライダーズよりもいいんだよね(笑)。
 
PANTA:それは俺も自負してる(笑)。
 
白井:「『くれない埠頭』は俺の歌だ」って言ってるもんね(笑)。
 
大久保:僕らも呼んでもらった、野音でやったムーンライダーズの結成30周年記念ライブでPANTAさんが唄ってましたよね。
 
白井:そう。2006年の4月だったかな。
 
PANTA:あの時は俺、千住劇場で半月のあいだ三田佳子が主演の舞台(唐十郎・作の『秘密の花園』)に出てたんだよ。ムーンライダーズの野音はその舞台の千秋楽で、ライブのリハには出られなかったんだけど、芝居の厳しい世界から解放されたのがもうたまらなく嬉しくてさ。野音ではずっとニコニコしてたよ(笑)。
 
──PANTAさんにとってこの青空ボーイズは、普段やれない音楽をやれる息抜きの場でもあるんですか。
 
PANTA:純粋に楽しいし、この組み合わせならいろんなことができるよねと3人で話してる。のんちんはローリング・ストーンズやサム・クックが好きだし、それは俺との共通項でもあるし。
 
白井:頭脳警察、ムーンライダーズ、ポカスカジャンじゃできないことをやる。それがこのバンドのテーマだね。今は自分たちの青春ソングにフォーカスを当ててるんだけど、すごく楽しい。一応、僕たちが若い頃の音楽を次世代に伝えていこうというねらいもある。
 
大久保:僕の場合、青春ソングと言えば頭脳警察やムーンライダーズだったりするので、お2人のやってきた音楽を次世代に伝えたい気持ちもあります。
 
白井:青春ソングも今はちょっと洋楽にシフトしてるんだよね。
 
PANTA:この3人はいろんな方向に話が飛ぶんだよ。のんちんがガリガリ君のCMソングを唄ってるから、懐かしのCMソングもやってみようとかね。ガリガリ君に引っかけてリガニーズの曲はどうだろう? とか(笑)。

img_0072.jpg
 
このアーティストの関連記事

LIVE INFOライブ情報

Road to 50th Anniversary
ZK Monthly Talk Session『暴走対談LOFT編 vol.3』
少女論 〜少女の美とエロス アリスマトニカからフランスギャル〜
【出演】PANTA(頭脳警察)
【ゲスト】伴田良輔(美術家、作家、写真家、愛猫家)
【司会】椎名宗之(Rooftop編集長)
【日程】2018年10月14日(日)
【時間】OPEN 12:30 / START 13:00
【料金】前売2,000円 / 当日2,500円(ともに税込・要1オーダー500円以上)
*チケットはイープラスにて発売中
【会場&問い合わせ】渋谷 LOFT HEAVEN 03- 6427-4651
haku
lpo
lpo