Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビューmitsu×Cazqui×風弥〜Kazami〜 Special Interview - 10月31日のハロウィンイベントは、5人の個が解き放たれる!?【完全版】

10月31日のハロウィンイベントは、5人の個が解き放たれる!?

2018.10.11

一緒に共演するメンバーの印象

——この日に一緒に共演されるメンバーさんの中で初対面の方はいらっしゃったりするんですか?

Cazqui:僕はタクミさん(Gt)と多分、お話をしたことがないですね。

mitsu:風弥さんはIvyさん(Ba)が初対面で、自分もしっかりと話すのが初めてだったので、3人の場を実はこの間設けたんです。CazquiくんがIvyさんと他のサポートの現場でよく一緒になってて。

Cazqui:そうなんです。よく一緒になります。

mitsu:それで、今回のベーシストを悩んでた時に、Ivyさんがサポートの現場で弾いているのを観て格好良かったので、「Ivyさん、いいな」って思って、Cazquiくんに「Ivyさん、どうかな?」って聞いたら、「絶対いい!」って。なので、一人一人では初対面はいるんですけど、誰かと誰かは繋がってたりっていうのはありますね。

——この3人以外のメンバーさんへの印象ってどんな感じですか?

mitsu:Cazquiくんは、まだIvyさんしか知らないよね?

Cazqui:そうですね。タクミさん、すごく楽曲の良さを尊重した丁寧なギターを弾かれる方ですよね。ν[NEU]の楽曲の要所に出てくるリードプレイのビブラートニュアンスがすごく綺麗で。ギターと真摯に向き合ってこられた方なんだろうな、という印象を抱いています。

mitsu:性格がすっごい真面目なんです。自分の中のCazquiくんのイメージってギターヒーローだから、好きにやって欲しかったんです。Cazquiくんってギターをちゃんと弾くから、こういうセッションだとしてもリードしなきゃって思ってくれるかもしれないんですけど、むしろCazquiくんが好きにやれるようにって考えた時に、タクミが一番いいかもって思って。実はタクミもCazquiくんが決まってから誘ったんです。だからそのイメージ通りかもしれないです。

Cazqui:ギターという自分のパート一辺倒というわけでもなく、もっと総合的に物を見ていらっしゃる方、と伺ってます。

mitsu:そう。元々、最初は「ギターはオブジェだ」って言ってたくらいで。

風弥:えっ、そうなの?

mitsu:うん。ギターを好きでって言うんじゃなくて、音楽はやってきてたんですけど、ギターを愛してるっていうタイプじゃなかったんですよね、最初は。ただメジャー・デビューが決まった時くらいから、メンバーの中で誰よりも、常に楽器を持って寝てるくらいになって。その時に、タクミは携わり方なのかなって。そのくらい一途というか、素直というか。だからIvyさんやCazquiくんが、ハロウィンで好きにやらかしてくれる中で、一番風弥さんと対になって支えてくれるメンバーかなって思って。イメージですけど。あと自分と同い歳なんで、気を遣わずに出来るっていうのもありますね(笑)。この間、Ivyさんはどうだった? 面白いよね。

風弥:面白い!

mitsu:めっちゃ面白い人だよね。なんか話した時に意外だったんですよ。パフォーマンスは、ベーシストっぽくないなって。ギターヒーローがCazquiくんだとしたら、ベーシストなのにベースヒーローみたいな。ステージングも派手だし、観ててあんまりいないタイプだなって思ったんですよ。「Cazquiくんとやったら、どんな風になるんだろう?」って、俺も未知数だから楽しそうで。

風弥:いい面子なんだよね。

mitsu:全然被りがない気がする。

風弥:俺は、フロントで暴れ回ってくれるの、大好きだから。

Cazqui:俺もIvyさんがサポートで一緒の時は、ある種…、「ギターに全神経を注いでもいいんだ!」っていう考え方になります。いつもIvyさんがステージの下手側で「バーン!」ってやってくださるので、逆に自分が演奏に集中してもバンドのエンタメ感が損なわれないんです。かつてMoranで拝見した頃から、今も変わらず凄いステージングをされているので、「あの人はヘルニアとか大丈夫なんだろうか?」ってずっと思ってます。

一同:(笑)

mitsu:すごいよね(笑)。さっき衣装の話もしましたけど、衣装が派手なのにステージングも派手になって、バランスもあるからそんなのはバンドの時は出来ないじゃないですか。でもそのバランスを壊すのが自分の中で楽しみというか。きれいにまとまることも大事なんですけど、やっぱり音楽ですから、派手を追求してもいいんじゃないかなって。その中にバランスがあるなと思って。なので思いっきり転ぶか、めちゃくちゃ走るかのどっちかでいいなって思ったんです。突出してみようかなって。ただそんな中で風弥さんみたいな人がいると、自分の中では超安心なので。みんなスキルは安心なんですけど、風弥さんってドラマーだけど、さっき言っていたように全楽器やってるから、俺の中では何も分からなくても、「風弥さん、これどう思う?」って聞いた時に、音楽的に風弥さんが正解をすごくいつも導いてくれるんで、ここにCazquiくんとIvyさんが乗ったら、どんな風になるの?っていうのが楽しみでっていうのがあります。

Cazqui:すごい・・・バンドっぽいですね。

一同:(笑)

mitsu:全然違うとこで誘ったのに、なんかバンドっぽくなったなって思って。そういう流れもあって、実は曲も作ろうかなって思ったり。なのでここからみんな近付いたり、違う話が生まれたら面白いなくらいな感覚です。

風弥:化学反応は面白そうだね。

mitsu:ね。バンドって奇跡的な集まりですけど、常に一緒にいる家族みたいなものだから、ずっとそこで追求していくのが正しいと思うんですね。最優先として。だからこそ全く違う場所の経験って、本当になかなか出来ないんですよ。でも1回ステージを一緒にやっちゃったら、みんな家族みたいな、仲間みたいなものなんで。純粋にそれを広げられたらって思います。

Cazqui:多分…、俺とIvyさんの共通点が、派手で扱いづらい2人ってとこなんです。

一同:(笑)

Cazqui:多分、お互い自分のアイデンティティと、すごく真面目に向き合ってきたタイプで(笑)。

mitsu:エンターテインメントですよね。

Cazqui:そうです、そうです。だから結果的に良さを出そうとすると、「バンドの人」感が出ちゃう(笑)。大体最近のサポートの現場で一緒になるっていうのは、そういうことなのかなって。

mitsu:一昨年が衣装がすごかったんですよ。人数も多かった思いますけど、変な意味じゃなくていつもよりいろんな物が大きく見えて、ステージがパンパンに見えたんですよ。その上でそんな2人だから、うるさそー、楽しそーなんで、騒がしくなるなって。

Cazqui:最近なかなか見ないですからね、そういうバンド。

mitsu:うん。やっぱり見て楽しいも音楽に通ずると思うんで。あと、俺自身が楽しい。俺はセンターなんで、歌ってる時って、メンバーと目を合わせたりはもちろんあるんですけど、フロアが一番目に入るんで、メンバーが飛び込んで来るって実はそこまでないんですよ。でもCazquiくんはすごくあるんです。

一同:(笑)

mitsu:で、Ivyさんはまだ一緒に演ったことがないんですけど、多分そうだろうと思ったんで、単純にそれを知りたかったのもあります。好奇心というか。この間Cazquiくんと一緒にセッションをしたんですけど、Cazquiくんがめちゃ目に飛び込んできて、俺の中ではそれがすごいテンションが上がって。

Cazqui:邪魔になってなくて良かった…(笑)。

mitsu:「これはいいな」って思ったっていうのがあります。

——31日は2人が目に飛び込んで来て、更にテンションが上がりますね。

mitsu:そうですよ。2人が来るから、俺と風弥さんは後ろでケラケラしてられるしってのもあって、余計に楽しみ。風弥さんも派手なドラムを叩くから、タクミがしっかりやってくれるからなって、勝手に押し付けとこうと思ってるんです(笑)。元メンバーなので。

一同:(笑)

mitsu:今回集まってくれたメンバーもそうですけど、俺に関わっている人はみんな、チャレンジ精神があるなって思ってるんですよ。常に何かしら進もうとしてる人じゃなきゃ、“そこ”にいたい人は、多分俺とは合わないんですよね。音楽人って自分の中で人間力って言ってるんですけど、音楽理論がいっぱいあっても、音がいい、上手い、とかそれだけじゃ音楽にならないんですよね。その人に魅力があるかどうか。ってなると自分は変わっていく人、チャレンジして行く人が好きなので。それが結果的に続くのか、続かないのかは分からないですけど、何か変えようとしている人の方が好きですね。ロックだなと思います。

風弥:本当に現状維持は退化の始まりですからね。

一同:(笑)

このアーティストの関連記事

LIVE INFOライブ情報

Halloween Night of DEADMAN’s QUINTET

2018年10月31日(水)新宿LOFT

OPEN 18:30 / START 19:00

前売り 4800円 / 当日 5300円(共にドリンク代600円別)

【出演】

mitsu / Cazqui(NOCTURNAL BLOODLUST)/ タクミ(ex.ν[NEU])/ Ivy(ex.ラッコ)/ 風弥〜Kazami〜(DaizyStripper)

【前売チケット発売中!】

Bチケット:e+

【入場順】

1.     Sチケット(受付終了)

2.     Aチケット(受付終了)

3.     Bチケット(e+)

【協力】

master+mind

【お問い合わせ】

新宿LOFT 03-5272-0382

<master+mind HP>

http://mastermind.seesaa.net/

 

イースタンユーズ
ロフトアーカイブス
復刻
haku
lpo
lpo