Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー「寄宿学校のジュリエット」宅野誠起(アニメーション監督)×柴宏和(アニメーションプロデューサー)- 宅野・講談社ラブコメ三部作の集大成

「寄宿学校のジュリエット」
宅野・講談社ラブコメ三部作の集大成

2018.10.05

 『山田くんと7人の魔女』、『恋と嘘』とラブコメアニメの名手のアニメーション監督の宅野誠起さんが、週刊少年マガジンの人気作"寄宿学校のジュリエット"をアニメ化。原作ファン・アニメファンからの期待値も高い今作のアニメ制作のこだわりを伺いました。[interview:柏木聡(LOFT/PLUS ONE)]

難しさというよりは楽しさが強いです

 
――いよいよ放送開始、今回はキャストが豪華だということも含めて、放送前ですがかなり話題になっていますね。
 
柴(宏和):そうですね。宣伝の方が頑張ってくれたこともあって、話題にしていただけてありがたいです。ただ、キャストの皆さんに関しては、宅野作品は毎回豪華な方々に集まっていただけているので、監督6作品目にしてようやく視聴者に届いた形なのかなと思っています。
 
宅野(誠起):今回は女性キャラが多いこともあり、より話題になったのかもしれないですね。
 
――『山田くんと7人の魔女(以下、やまじょ)』以来の多さですね。掲載誌も同じ週刊少年マガジンでジャンルもラブコメですから、原点に戻ってきたということも含め話題になっているのかもしれないですね。
 
宅野監督が『恋と嘘』含めて講談社作品としても3作目なので、宅野・講談社ラブコメ三部作にしようかなと思っています。ホイチョイ三部作みたいな。
 
宅野そうですね(笑)。
 
――マガジンは雑誌全体としてラブコメが多くなっていますが、その中から『寄宿学校のジュリエット(以下、ジュリエット)』をアニメ化することになったのはなぜですか。
 
今回は講談社の立石さんからお話をいただきました。ありがたいですね。宅野さんといえばラブコメという認知度もでたということかもしれませんね。
 
宅野ありがたいことだと思ってます。前作の『恋と嘘』がスタティックで心理描写に力を入れる作品だったこともあり、動きのあるアクション要素の強い作品をやりたいなと思っていたところでした。ヒロインがアイアンクローされたりと、ハチャメチャで毛色の違う作品なので、楽しくやらせていただいています。
 
――今回は寄宿学校が舞台ということで、一般の学園物に比べさらに閉ざされた世界になるので、シチュエーションに変化を起こしにくい面もあるのかなと思いますが。
 
宅野そうですね、舞台変化は起こしにくいですね。ただ、ヨーロッパの上流階級のようなテイストで、もともとの舞台が非現実的な雰囲気がありますし、東洋と西洋の争いの中心に島があるという政治的な対立もあるので、そういった部分で助けられています。あまり政治的な面は強くは出てきていませんけどね。
 
――そこが前に出てくると違う作品になってしまいますからね。
 
宅野実は1話のアバンに対立のことを世界観の説明として入れようかと思って、絵コンテにもしたんですけど尺があまりにもオーバーしてしまうので、カットしました。
 
――作品全体の流れを考えると正しいかなと(笑)。尺が足りなくなるくらい第1話からてんこ盛りなんですね。
 
宅野コメディは展開が早いので短くなることが多いんですけど、ジュリエットはドラマ要素も多いので、むしろ時間が足りない形になりました。
 
――ドラマの部分とは。
 
宅野犬塚露壬雄(以下、犬塚)とジュリエット・ペルシア(以下、ペルシア)2人の語り合いだったり、シャルトリュー・ウェスティア(以下、シャル)のペルシアに対しての思いだったりなど、情感をだした演出も必要となってくるので、そこも大事にしています。
 
――コメディとドラマの切り替えは確かに大変ですね。
 
宅野難しさというよりは楽しさが強いですね、そこが面白いところだと思っています。シナリオの吉岡(たかを)さんも意識して書いてくれて、助けていただいています。
 

最大限魅力を出せるように描ければと思っています

 
――楽しい中で作られているということであれば安心しました。ジュリエットは作品舞台もそうですけど、隠れて付き合っているという部分も昔のラブコメのようですね。
 
確かにそうですね。第1話で告白して2人は付き合っていくけど、周りには隠していますから。今はあまりないですね。
 
宅野さらに一途でぶれない。私は特にそこが気持ちがよくて好きです。例えば、狛井蓮季(以下、蓮季)は犬塚に思いを寄せていますが犬塚はペルシア一筋でぶれない。そこに妙な男気があって古風な昭和の男の要素を見出しています。その部分が高倉健さんや菅原文太さんに通ずると思っています。
 
――(笑)。
 
宅野ライターの吉岡さんが打ち出したんですけど「今回は男が惚れる男を描く」と、そこが芯にあったうえで女性キャラも魅力的に描く。犬塚という男は、男性から見ても嫌な気にならないキャラだと思います。今回は理想としてああいう男がいいなという思いを込めています。
 
――女性キャラクターも魅力的なキャラばかりですが、宅野さんはだれ推しですか。
 
宅野シャルです。
 
――早い(笑)。
 
宅野さんはシャル好きだったんだ。
 
宅野私は昔からああいう風に気丈で強がっている人が好きなんです。強い女性が前進していくのは魅力的だと思います。
 
――ジュリエットはシャルに限らず、全キャラクターがそうですよね。
 
宅野そうですね。ペルシアも剣を振り回して戦いますし、男性キャラも女性キャラも気持ちのいいキャラばかりで。
 
――そこは学園物だと珍しいですね。嫌なキャラ、ライバルというのは物語を展開させる意味でも必要ですから。
 
宅野そこは金田(陽介)先生の人間性が出ているんだと思います。
 
――これだけキャラがいると、かぶってしまったりで埋もれてしまうことがありますが、それがなく各キャラが立っているのも凄いですね。
 
宅野それぞれに魅力的なので、最大限魅力をひき出せるように描ければと思いっています。
 
――ちなみに男性だと誰がお気に入りですか。
 
宅野犬塚ですね。ほかは丸流千鶴とかもいいですね、なぜかジュリ男(ジュリエットの男装キャラ)が気になってしまうところが面白いと思っています。
 
――男装するのも学園物ではあるあるですね。
 
宅野先日、ジュリ男のアフレコがありましたけど、ジュリエット役の茅野愛衣さんには見事に演じ分けていただけました。
 

「寄宿学校のジュリエット」第1巻~第9巻
金田陽介(著)

定価:440円+税  発行:講談社

amazonで購入

小説「寄宿学校のジュリエット」
望月唯一(著) 金田陽介(イラスト・原作)

定価:670円+税  発行:講談社

amazonで購入

LIVE INFOライブ情報

■放送情報
TVアニメ「寄宿学校のジュリエット」
10月5日(金)よりMBS・TBS・BS-TBS「アニメイズム」枠にて放送開始!
 
-staff-
監督:宅野誠起
助監督:臼井文明
シリーズ構成・脚本:吉岡たかを
キャラクターデザイン:森本由布希
音楽:横山克
アニメーション制作:ライデンフィルム
-Cast-
犬塚:小野友樹
ペルシア:茅野愛衣 ほか
 
■イベント
12/15(土)LOFT/PLUS ONEにて「寄宿学校のジュリエット」イベント開催決定!!
詳細は追ってご案内させていただきます。
 
haku
lpo
lpo