Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビューLuv-Enders不朽のロック・クラシックスをキュートでカラフルに昇華させるトーキョー・パワーポップの新星、初のオリジナル楽曲を含む渾身のセカンド・アルバムを発表!

不朽のロック・クラシックスをキュートでカラフルに昇華させるトーキョー・パワーポップの新星、初のオリジナル楽曲を含む渾身のセカンド・アルバムを発表!

2018.09.27

 不朽のロック・クラシックスを色鮮やかなカバーで現代に蘇生させた衝撃のデビュー作『Luv-Enders' Invasion!』から1年、ラヴェンダーズが早くもセカンド・アルバム『Luv-Enders' Explosion!』を完成させた。よりコアでディープな選曲が施されたカバー・アルバムである本作は、前作と同様に森山達也(ザ・モッズ)とKOZZY IWAKAWA(ザ・コルツ、ザ・マックショウ)の共同プロデュースのもと、どの楽曲もカラフルでキュートな極上のポップ・チューンに仕立て上げられている。そして特筆すべきは初のオリジナル楽曲(作曲:森山達也/作詞:AKIRA)が収録されたことで、格段に一体感を増したアンサンブルとともにバンドが着実にスキルアップしたのを感じさせる。ただのカバー・アルバムとは到底片づけられない転換期の重要作なのだが、そんな堅苦しい話は抜きにして、まずは何の先入観もなく聴いてみてほしい。純真で艶やかなAKIRAの歌声とタイトでキレの良いプレイは誰もが等しく楽しめるものだし、ロックの豊かな音楽性と理屈抜きの心地良さを再確認できるはずだ。前作発表後から本作の完成に至る悪戦苦闘の日々をAKIRAに聞いた。(interview:椎名宗之)

みんながやってそうでやってない曲をやる

──ファースト・アルバムを発表して以降、周囲の反応は変わってきましたか。

AKIRA:ライブで共演したバンドの人から「ヴェスパの前でギターを持ってる人ですよね?」とか「ポスターやCDを見たことありますよ」とよく言われるようになりました。その話をきっかけに仲良くなったりもして。音楽をやってる人はもちろん、音楽とは関係のない人からも「CDを聴きました」「インタビューを読みました」と声をかけられるようになったし、徐々に認識されてきたのを感じます。

──ライブもコンスタントに行なっていますが、手応えはいかがですか。

AKIRA:私個人としては、ライブをやるごとに自信がついた反面、自分が思っていた以上に歌が唄えてないんじゃないか? と感じるようにもなったんです。パフォーマンスもまだまだだし。課題点は次のライブでクリアできるように実践して、また新たな改善点が見つかって…の繰り返しですね。でも、何事にも動じない鉄のハートになってきたし(笑)、バンド全体としては去年アルバムを出した頃よりも格段に良くなってきたと思います。

──共演したバンドで特に刺激をもらえた人たちはいますか。

AKIRA:普段はSAやRadio Caroline、ニートビーツやマックショウといった年齢層の高いバンドと対バンすることが多いんですけど、みなさんベテランだから見習うことが多いですね。若い世代だと私はDrop'sが好きで、対バンもさせてもらったんですけど、ラヴェンダーズとは全然タイプが違うのにシンパシーを感じたし、だいぶ刺激をもらいましたね。

space_013 ジャケ写.jpg──今回発表されるセカンド・アルバム『Luv-Enders' Explosion!』ですが、ファーストとセカンドはあえてカバー・アルバムにする構想が当初からあったんですか。

AKIRA:ストーンズやビートルズも最初のアルバムはカバーが多いし、それを意識した感じです。1枚目は結果的に60'sの英国ロック中心のカバーになりましたけど、今回は前回の選曲リストから漏れた曲が多いんです。ライブを重ねてそれなりに経験も積めたし、私自身、今回はこんな感じでいきたいという明確な意識が前回以上にありました。

──マーサ&ザ・ヴァンデラスの「(LOVE IS LIKE A)HEAT WAVE」やウィリー・ディクスンの「I JUST WANT TO MAKE LOVE TO YOU」といった有名曲もありますけど、今回は全体的にだいぶ渋めの選曲ですよね。

AKIRA:ライブで盛り上がってほしいので誰もが知ってる曲を入れてはいるんですけど、みんながやってそうでやってない曲をやりたくて。それでプロデューサーの森山さんとKOZZYさんと話し合いながら選曲しつつ、私が唄いたい曲、私の声に合った曲を決めていったらこういうマニアックな感じになったんです。

──AKIRAさんの言う「みんながやってそうでやってない曲」とは、今回で言えばどの辺りなんですか。

AKIRA:たとえばクラッシュの「HATEFUL」とか。クラッシュをカバーするバンドはいっぱいいるけど、「HATEFUL」をカバーするバンドはあまりいないじゃないですか。私もすごく好きな曲だし、1枚目の時から「クラッシュを唄いたい」とプロデューサー陣にずっと言っていたんですよ。前回は惜しくも漏れたので、今回は絶対に入れたかったんです。唄うのはすごく難しかったんですけどね。

──『LONDON CALLING』の収録曲ならタイトルトラックか「TRAIN IN VAIN」、「DEATH OR GLORY」辺りを好んで取り上げますよね。

AKIRA:実を言うと、「HATEFUL」はノー・ダウトがカバーしてるんですよ。ラヴェンダーズを始める頃からKOZZYさんが「ラヴェンダーズはノー・ダウトっぽい感じにしたい」と話していて、わりとキーワードっぽかったんです。ノー・ダウトみたいに女性ボーカルで、ドラムがパワフルで、みたいな感じがねらいとしてあったんだと思うんですけど。

 

女性のかわいらしさを残しつつ格好いいロックを唄いたい

──ジョー・ジャクソンの「ON YOUR RADIO」をカバーするのも常人の発想じゃないと思いますが(笑)。

AKIRA:音楽に詳しい人からは「ジョー・ジャクソンをやってるの? 渋くない?」と言われますね(笑)。以前、ジョー・ジャクソンの別の曲を唄ってみたことがあったんですけど、すごく難しくて。早口で英語を詰め込んでる感じが私には無理で、ジョー・ジャクソンの曲にはずっと苦手意識があったんです。でもあるときKOZZYさんから「ON YOUR RADIO」を提案されて、ライブでやったら意外と盛り上がったんですよ。評判も良かったので、セカンド・シングルの『I WANNA GO HOME』にカップリングで入れました。

──だけどラヴェンダーズはちゃんと自分たちのものにしていますよね。この「ON YOUR RADIO」は特にキレがあってタイトで、アンサンブルのまとまりもすごく良い。アレンジ面でもプロデューサー陣の助言が多かったんですか。

AKIRA:アレンジの雛型をまずKOZZYさんに考えてもらって、そこから各パートで詰めていく感じなんですけど、今回もだいぶ助けてもらいました。KOZZYさんには朝まで作業に付き合ってもらったことが何度もありましたし。

──今回のアルバムは、1曲目のザ・キャピトルズの「COOL JERK」からしてバンドがこの1年で格段に成長したのを実感できる作品だと思うんです。前作と本作のあいだにラヴェンダーズにいったい何があったのかを伺いたいのですが。

AKIRA:前回は、レコーディングとライブがすでに決まっていて急遽各メンバーにお願いして集まった感じだったんです。それから1年間ずっとライブをやり続けてきたし、ライブの移動中もみんなで話し込んで距離がギュッと縮まったことが大きいと思います。ライブをもっと良くするにはどうすればいいかの話し合いを何度もしたし、それが演奏の一体感にもつながっているのかもしれません。あと今回は、ライブ感を出すために何曲かみんなで一緒に「せーの!」で録ったんですよ。それもあるかもしれませんね。

──「COOL JERK」もKOZZYさんからの提案だったんですか。

AKIRA:そうです。Go-Go'sみたいなポップな曲がほしかったのと、私がGo-Go'sのカバー・バージョンを好きだったのもあって。ただこれも歌が難しくて、どういうノリで唄えばいいのかわからなかったんです。オリジナルっぽさを出せばいいのか、Go-Go'sっぽさを出したほうがいいのか、って部分で。最初、私的には「この曲、要る?」みたいな感じだったんですけど(笑)、いざみんなで音を合わせたらすごく格好良くて。これを1曲目にしたらインパクトもあるんじゃない? って話になったんです。

luvenders メインアー写A.jpg──マディ・ウォーターズやストーンズのカバーで知られる「I JUST WANT TO MAKE LOVE TO YOU」が顕著な例ですが、ラヴェンダーズは激しいビート・ナンバーをポップに聴かせる術やセンスが卓越していると思うんですよ。

AKIRA:「I JUST WANT TO〜」はストライプスっぽくしたかったんですよね。原曲に寄せて渋すぎないようにしたかったと言うか。いつも自分が思っているのは、女性が頑張って男っぽくロックを唄うよりも、女性のかわいらしさを残しつつ格好いいロックを唄いたい、ということなんです。前作はポップでキュートな側面が前面に出ていたと思うんですが、今回のアルバム、特にこの「I JUST WANT TO〜」はラヴェンダーズの違う部分を出せたと思うんです。ちなみにこの曲だけ唯一、デモから歌を直してないんですよ。

──それだけ仮歌が良かったと?

AKIRA:てっきり唄い直すのかと思ったら、「デモよりいい歌は出ないな」とKOZZYさんに言われたんです(笑)。やり直せばもっと上手く唄えたのかもしれないけど、技術よりもその場の勢いや空気感が出てるのを優先させたかったんだと思います。演奏もほぼ一発録りでOKだったし、ライブ感を重視したんですね。

 

このアーティストの関連記事

Luv-Enders' Explosion!

2018年9月26日(水)発売
SPACE-013
価格:2,300円+税
LABEL:GOODFELLAS RECORDS
発売・販売:株式会社スペースエイジ

amazonで購入

iTunesStoreで購入

【収録曲】
01. COOL JERK
02. HOMECOMING
03. I JUST WANT TO MAKE LOVE TO YOU
04. ON YOUR RADIO
05. HATEFUL
06. (LOVE IS LIKE A)HEAT WAVE
07. DO NOTHING
08. GIVE HIM A GREAT BIG KISS
09. SHE'S A WINDUP
10. CUM ON FEEL THE NOIZE
11. I WANNA GO HOME

Luv-Enders' Invasion!

2017年9月20日(水)発売
SPACE-007
価格:2,000円+税
LABEL:Goodfellas Records
発売・販売:株式会社スペースエイジ

amazonで購入

iTunesStoreで購入

【収録曲】
01. Misery
02. Tell Me
03. The End of the World
04. The Kids Are Alright
05. My Mind's Eye
06. The KKK Took My Baby Away
07. Till the End of the Day
08. Lightnin' Bar Blues
09. Because
10. Up Around the Bend

LIVE INFOライブ情報

Luv-Enders 2nd album “Luv-Enders’ Explosion!” 発売記念
“Luv-Enders' Explosion!” 開催決定!

2018年11月9日(金)下北沢CLUB Que
詳細未定 / 最新情報はこちら
問い合わせ:Que 03-3412-9979

ROCK DIZZY UP
2018年10月12日(金)LIVE labo YOYOGI
石橋勲BAND / VIOLETS / Luv-Enders / and more...
OPEN 18:00 / START 18:30
前売¥2,500 / 当日¥3,000
問い合わせ:labo 03-5354-3120
 

haku
lpo