Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー塚本功 - 風来のミュージシャン塚本功

風来のミュージシャン塚本功

2018.09.05

 ネタンダーズ、ピラニアンズ、小島麻由美、SLY MONGOOSEなどで活躍しているギタリスト、塚本功。近年は阿佐ヶ谷ロフトAでのセッションイベントが異常な盛り上がりを見せている。阿佐ヶ谷ロフトAのご近所に住まわれているらしい塚本さん。風来のミュージシャン、塚本功さんの私生活に迫ってみました。(interview:山崎尚哉/阿佐ヶ谷ロフトA)

阿佐ヶ谷を日々徘徊

──塚本さんは阿佐ヶ谷在住ですよね? 深夜の阿佐ヶ谷を徘徊している塚本さんの目撃情報が阿佐ヶ谷ロフトA内で多発してます。

塚本:飯をね、夜中に食べることが多くてね。その途中に見られてるんだろうね。あと散歩もよくするしね。阿佐ヶ谷ロフトの看板もちょいちょいチェックしてますよ。どんなイベントやってるかな~って。

──ありがとうございます。泥酔した塚本さんを発見したというかたもいますよ(笑)。

塚本:いやいや、酒をやめて2年半くらいたってるから、ここ最近だったら飲んでないね。酔ってるように見せるのがうまいってことかな(笑)。

──そうだったんですね(笑)。

塚本:一時アル中みたいになってしまって、飲まないとなにも動けないくらいになって。起きたらとにかく濃度の高いやつをクイっとやってね。そっから動き出すみたいな。

──典型的なアル中ですね(笑)。いつからそんな生活になったんですか?

塚本:東京を離れて暮らすようになってツアー活動が増えた時に、東京でライブがあるときはネタンダーズで使ってるスタジオの事務所に居候してたんだけど、その時は誰も止める人もいないし、朝から晩まで飲んで。このままじゃいけないと思って、すっぱりとやめた。ツアー気分の時に飲んでる、とかならいいんだけど、飛行機の中とか、電車の中とか移動中にね。日常に酒が入り込んで来るとだめだね。飲んじゃいけない時間というものが存在しなくなっちゃって。あれはだめだね。友達とかでアル中のやつとかいるけど、すごく気持ちがわかる。アルコールをやめられないのが、そいつの意思とか個性とかではなく、どうにもできなくなっちゃうっていうね。

──その状態でよくスパッとやめられましたね。

塚本:そこはラッキーなことにですね。やめられました。今は何もいらないですけどね。コーヒーはしょっちゅう飲んでるけど、あと甘いものね。たまにやると来るよね。コーラとか飲むとピキピキピキって、あれはあんまよくないみたいだけどね。だから今はもっぱら甘いものはバナナだね! そこのピアゴで買ってね(笑)。

──話しは戻りますが、9月22日(土)に阿佐ヶ谷ロフトAで一緒にやられる吾妻光良さんとも、阿佐ヶ谷徘徊中に偶然会って決まった感じでしたよね。

塚本:そうですね。「あー、吾妻さん、最近、僕よくロフトに出てるんで一緒にやりませんか?」と。是非是非、やりましょうって感じですぐ決まりましたね。

──吾妻さんとは、初めはどこで出会ったんですか?

塚本:たしか、25年くらい前に武蔵大学の学園祭で会ったのが最初かな。スウィンギングバッパーズとピラニアンズの対バンのような。そこからイベントでたまに一緒になることがあって。所沢航空記念公園てところで、バッパーズと塚本功トリオのと、そういう企画もあったり。でも今回のイベントのような吾妻さんソロというのはほぼ聴いたことないから、すごく楽しみだね。

──阿佐ヶ谷ロフトAに初めて出た時のこと覚えてますか?

塚本:新宿ロフトとかはちょいちょい出てたけど…最近だと、モッズメーデーとか。シェルターでは塚本功トリオワンマンとかやらせてもらったりね。阿佐ヶ谷だと、いつだったけな。たしか阿佐ヶ谷ロフトができる前に、リリーフランキーさんのスナックリリーの復活版の時、ネイキッドロフトに呼ばれて横でギターを弾くことになって、リリーさんは僕のことをサンタナって呼んでたんだけど、リリーさんが話しの合間に、「サンタナ、なんか一曲弾いてよ。」って、そんな感じのイベントで、その後ネイキッドロフトのスタッフから阿佐ヶ谷ロフトAが出来るから是非、そちらでなにかやりましょうみたいな感じだっけな。それから僕が企画を持ち込んだりして。

──そこから深夜のBAR企画に繋がるわけですね。

塚本:そう。ソロだと大きいホールでやるには持て余すし、気軽に出来るバースペースで演奏というのが良かった。気軽に、来月もどうですか? みたいな感じで、仕事が少ない時とか、ロフトの深夜が空いてるときとかにちょいちょいやらせてもらってた感じかな。

伝説のセッションイベントの誕生

──9月12日(水)に奇妙礼太郎さんとのイベントがありますが、ロフト以外でも定期的に一緒にやられてますよね? 奇妙礼太郎さんとの出会いはどんな感じだったんですか。

塚本:最初に一緒にやったのは福岡のイベントで、僕が一人でソロライブとか、BGMとかやらせてもらってる店の企画の野外イベントが初かな。そこの主人の発案で、塚本さんと奇妙さんのデュオとかいいんじゃないか。奇妙くんにはみんな注目してたからね。その前だと下北のサーキットイベントに出たときに、僕がブギを演奏してたら下で踊りまくってたのが奇妙くんだったみたいだね。それからだんだん、奇妙くんとどうですか? っていろいろなライブハウスに声をかけてもらって、少しづつ増えていった感じかな。奇妙くんは簡単に人と打ち解けるような人じゃないし、初めて会った時はどうも、じゃあ適当にやりましょう、ぐらいのそんときは一言二言の会話しかしなかったけど、実際演奏したら本番は楽しくて。あと、奇妙くんのトラベルスイング楽団が福岡のBEAT STATIONという400人キャパの箱でやってた時に、奇妙くんが手ぶらでギターなしで歌っていて。そのとき僕がこっそり客席から入っていってね、ギターを勝手にとって弾いた時があって。えらく迷惑だっただろうな~(笑)。まぁ、そのまま続いていった感じですかね。

ISAO TSUKAMOTO Strollin’ down in New Orleans.

──塚本功ニューオリンズ渡米プロジェクトが動いているようですが

塚本:2016年に『Arches』というソロギターアルバムを出しまして。そこに収録されてるChaiという曲のMVを撮ったんですよ。YouTubeにあげたら再生回数がすごい伸びてるぞって話になって、流通でお願いしていたスペースシャワーに調べてもらったら、アメリカですごい観られてるぞ、と。向こうの掲示板かなんかで話題になったみたいだね。そんならアメリカに行くしかないじゃないですか!(笑) と周りの身内だけで盛り上がってたんだけど、どうしたらいいかわからなくてね。そのまま一年が経って、今年フジロックに出たIzakaya Bandのギタリスト井上大地くんが、その話に乗ってくれて。大地くんは渡米経験があるし。ちょうどその頃、アダム・レヴィというノラ・ジョーンズとかと一緒にやってるギタリストと大地くんがイベントをやるという話がありまして。大地くんがアダムに、「イサオ・ツカモトを知ってるか?」と尋ねられたとかで、僕もそのイベントに出ることになったんですよ。そこで繋がって、嬉しいことにアダム・レヴィから、「塚本さんアメリカで一緒にやりませんか?」とか言ってもらったりね。僕は台湾と上海くらいしか行ったことないからね。そこで井上大地くん含む有志の人が数人で募金集め等動いてくれて、とりあえず往復分の渡航費用等が捻出されましてね。11月から行ってきます。

──えっ! ではしばらく日本には帰らないということですか?

塚本:いやいや、一ヶ月くらいですよ。何せ観光ビザなんで、表立った音楽活動も出来ないですし…。まぁ帰って来れないっていう可能性もありますけどね(笑)。

──それはやめてください!(笑)

ファンとの近い繋がり

──近年、ローカルミュージシャンとのイベントが増えているようですね。

塚本:近頃は、ライブハウスとか音楽業界以外の、普通の飲み屋さんでライブをすることが増えたんですけど。店主であったり、店の常連さんであったり、1リスナーという人と、イベントを考えて作ったりする。音楽業界やプロのミュージシャンとの繋がりのある人たちには思いつかない発想、完全に客目線のイベントとか、普通のミュージシャンだったらやるわけないじゃんっていうイベントとかも試しにやってみたりしてね。今回のニューオリンズに渡航させるみたいな感じで、塚本を使って何かやってみたいという人と試行錯誤しながら企画してみることで、いろいろなことを発見したり、学んだりするのがすごく楽しいんだよね。

──是非これからも阿佐ヶ谷ロフトAで客目線のイベントを企画していきましょう! よろしくお願いいたします。

塚本:こちらこそよろしくお願いいたします。

 
(Rooftop2018年9月号)
このアーティストの関連記事

塚本功
「Arches」

TINK-0005
定価¥2,000+税

LIVE INFOライブ情報

2018年9月12日(水)

奇妙礼太郎×塚本功 LIVE ふたりのビッグショーVOL.3

OPEN 18:30 / START 19:30

前売¥3,500 / 当日¥4000(共に飲食代別。ご入場時に別途1ドリンク代¥500をお支払いください)

※前売Sold Out!!当日券の販売はございません。

【出演】奇妙礼太郎、塚本功

 

2018年9月22日(土)

塚本功presents vol2 塚本功&吾妻光良

OPEN 18:30 / START 19:30

前売¥3,200 / 当日¥3,700(※飲食代別)

前売はe+にて発売中!!

【出演】

塚本功

吾妻光良(The Swinging Bop

haku
lpo