Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビューmaster+mind presents アクメ始動から1周年を迎えるアクメの未知なる可能性を感じさせる1stフルアルバム『絶唱謳歌』に迫る!!

始動から1周年を迎えるアクメの未知なる可能性を感じさせる1stフルアルバム『絶唱謳歌』に迫る!!

2018.08.02

 1stライブを新宿LOFTで披露したアクメ(Vo.CHISA、Gt.将吾、Ba.RIKITO、Dr.HAL)が、渾身の1stフルアルバムをリリースする。
 このアルバムのリリースを決めた時の想いや、メンバー各々のアルバムに対しての自信を是非感じて欲しい。全曲、作詞者からの曲に対しての想いも語ってもらったので、後日公開のwebRooftopをお楽しみに![interview:河西香織(新宿LOFT)]

全力で臨んだ1stアルバム

----今回のアルバムのコンセプトをお聞きしたいです。

CHISA:アルバムを出そうっていう話が最初にあった時に、RIKITOくんが休んでいて3人で活動していたんですね。「リリースどうする?」みたいなところが3人の中でもあったんですけど、そんな中でリリースするって決めて。コンセプトは、"全力"みたいな感じなんですよね。その時は初ワンマンを控えていて、ワンマンまでにどうにか戻って来れたらいいねっていう話をしながらも、ワンマンの2つの展開は当然考えなきゃいけなくて。で、ファン旅行とかもあった時で、ファン旅行の担当の人からも、「どうするの?」みたいなことをすごい言われてて。そんな中、さらに自分らを追い込むっていうか(笑)。3人でこの状況をいい方向にするためには、もっと頑張んないといけないなっていうのがあって、全部新トラックで。調整をしつつも、ワンマンは4人で立てるだろうって信じてたっていう部分もあるので、ワンマン以降、また新しい展開が出来るように新しいものを詰め込もうっていうのが、最初にあったコンセプトですね。結構僕らはレコーディングするのが早くて、基本どのレコーディングも発売の3ヶ月前くらいにはマスタリングまで終わってて。だからこのアルバムの話をしていたのは相当前なんですけど、そのスパンの中で重なってたっていう部分がありますね。3人で活動してて、初ワンマンを前にしてアルバムを制作していた時期がちょうど重なってたっていうのもあります。 

----アー写はリード曲との関連性を考えたんですか?

CHISA:そうですね、『絶唱謳歌』というリードの曲が和風なので。出来上がった楽曲の中からリードを選ぶ際に、そっちを気にしました。10曲目の『ADVENTURE TIME』っていう曲とどっちかをリード・トラックにしようっていう話があって、どっちがいいかっていうのを話し合いしました。

----もし『絶唱謳歌』ではなく、『ADVENTURE TIME』がリード曲になっていたら...。

CHISA:装いも違ってましたね。なので、結構そういうところを気にして選びました。

HAL:『ADVENTURE TIME』は結構王道な感じなんですよ。で、『絶唱謳歌』は今までやってなかった変なことで、今までみんなの人生、王道を通ってきて失敗をしてきたんで...。

一同:(笑)

HAL:今までやってこなかった、変な方でちょっと挑戦するのはどうだろうっていうので、曲もそうだし、見た目も振り切った感じになりましたね。

----始動の頃から、アクメさんは見た目がすごいインパクトがありますよね。

CHISA:僕らは選曲する際に、もちろん全曲、曲として全員が納得のいくフレーズだったり、メロディだったり、歌詞だったりなんですけど、選んでいる最終的な決め手は、今は、バンドとしてパンチがあるかみたいな。埋もれない曲を出したいなって。やりたくないことをやってるわけじゃないんですけど。このバンドを始めてもう少しで1年経つんですけど、バンドをやってく中で、いろんなバンドがいる中で埋もれたくないなっていう部分があるので、曲とその曲をどういうパッケージでデコレーションして届けるかの方に結構気を使っているというか。まだ王道じゃなくていいかなって。もっと振り幅を増やして最終的にキュッとしようかなっていうか、今は僕らの中での挑戦というか、こういうのも出来るんじゃないかっていう、落ち着くのにはまだ早いかなって。メンバーの中でもそこが知れてない部分というのがあると思うので、やってみてどうかなっていうのを判断しようと思ってて。そういう部分もあって、パンチ重視で選んでます。

 

言葉遊びの『絶唱謳歌』

----今回のリード曲『絶唱謳歌』の歌詞はどんな想いを持って書かれたんですか?

CHISA:「絶唱謳歌」という言葉が、もう物語っていたりはするんですけど。僕は結構頭に浮かんだ絵とか色とかを言葉にするっていう方法をよく使うんですね。曲も結構きらびやかな感じなんですけど、そういうすごく壮大な宴会というか、今歌ってること、音を聴いて楽しんでるのをもっと楽しもうぜ、みたいなのの最大級みたいなイメージで、『絶唱謳歌』って付けたんですね。メッセージで言うと、楽しむとかそっちを押し出して書いたんですけど、メッセージというよりは、言葉の使い方を結構いろいろと遊んだというか工夫したので、そういう細かいところを見てくれたら、僕は嬉しいですかね。

----「魑魅魍魎」とか、意味が分からない言葉があって、調べちゃいました(笑)。

将吾:全部ニュアンスだけで、俺もよく分かってないですよ(笑)。

----でも、意味を調べて歌詞を見ていったら、面白いなって思いました。

CHISA:結構自分のことも書いてますね。僕らはバンドマンなんで、2サビの「浮世離れした彼は霞を食うような酔狂な御人」の歌詞は、普通の女の子からしたら、バンドとか音楽とかやってる人は、何を考えてるか分かんないな〜みたいなことです。

HAL:バンドマンから見てお客さんは、「魑魅魍魎」に見えるっていう意味?

CHISA:ではない(笑)。

一同:(笑)

HAL:今日も、魑魅魍魎が集まっとるわ〜って(笑)。

将吾:「魑魅魍魎」も意味分からんし、「浮世離れ」もほとんど分からんから、俺。一から調べんといかんけど、ニュアンスで何となく。読めるけど、意味を知らんやつの詰め合わせやなって(笑)。

RIKITO:ニュアンスやで。

CHISA:言葉遊び的なのが、これは多いですね。

将吾:でもこれはすごいよ! こんな言葉をよく知っとるねって思った。

CHISA:ある種これは、それもありますね。自分しか書けないものって何かなとか。そういう部分でもあるというか。だから結構遊んでるんですよね。2Aの「三毛猫どんの言うことニャ」は「ニャ〜」だから「ニャ」にしようとか。

HAL:それをCHISAくんにはね、1枚の絵で描いて欲しい。

CHISA:あっ、でもそういう絵巻みたいなイメージで書いたんですよね。

将吾:それを描いて物販で、1枚限定の200万円くらいで売りたいよね(笑)。

HAL:「あっ、三毛猫どんだ!」って(笑)。

CHISA:(笑)日本のそういう1枚にバーって描いてあるような絵のイメージで書きましたね。あとバンドにも被ってて、「手にした夢も蜃気楼」とかは、上京して思ってたのと違うとこもあったりとか、そういうのにも被せていろいろ書きました。でも最終的には、日本晴れだったらいいなみたいなことです。

 

1st ALBUM「絶唱謳歌」

2018年8月8日(水)ON SALE!
【初回限定盤】DCCNM-506 ¥3500(tax out)※着せ替え顔ジャケット付1000枚限定
【通常盤】DCCNM-507 ¥3000(tax out)

1. Paradox
2. 絶唱謳歌
3. 罵詈雑言
4. 懐色花火
5. 君の臓器になりたい
6. 金欠マイレージ
7. MELODY(album ver.)
8. アナザーワールド
9. RUN
10. ADVENTURE TIME

LIVE INFOライブ情報

■ アクメ ファーストワンマンツアー「絶唱謳歌」supported by ViSULOG

 10月6日(土)HEAVEN’S ROCK 宇都宮 VJ-2

10月7日(日)仙台 Hook

10月13日(土)神戸 太陽と虎

10月14日(日)名古屋 ell.FITS ALL

10月27日(土)新潟 GOLDEN PIGS BLACK STAGE

10月28日(日)長野 ライブハウスJ

11月3日(土)高松 TOONICE

11月4日(日)心斎橋 Live House Pangea

11月17日(土)広島 BACK BEAT

11月18日(日)福岡 DRUM SON

11月24日(土)渋谷 CLUB QUATTRO

 

haku
lpo
lpo