Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビューZantö(Rooftop2018年7月号)

結成1年足らずで既にバンドとしてある程度カタチになり始めているというZantö。イカツい奴らかと思えばどこか愛嬌も感じさせられる、彼ら4人組の素顔に迫る!

2018.07.02

バラバラだと思っていた4人が

──配信でリリースした3曲もアルバムではまた少し形を変えていますね。

塔山Zantöは僕はライブが素敵なバンド、だと思ってるんですが、ライブの素敵さを音源で表現するのって難しいじゃないですか。ライブの素敵さを音源で出すためには、ライブに対しての努力とはまた違うんですよ。もっと色々できることがあるんじゃないかと思って、配信の音源を元に色々考えたりするのも面白かったですね。これは僕が個人的に思ってることなんですけど、そういうバンドの経験みたいなものを、このメンバーでやらせてもらえてるのがすごい贅沢だなって。ジョークですけど、最高のカラオケというか(笑)。別料金払いたいくらいですね。

ナカヤマ:それは体で払ってもらってますからね(笑)。

塔山いやらしい!(笑)

ナカヤマ:バンドってやっぱり人としての相性があるから、それがうまくいかなかったらどれだけバカテクが揃っててもうまくいかないと思うんですけど、この4人はすごくちゃんとバンドになってるな、と思いますね。結構バラバラだと思ってた4人が、以外と1つにまとまるぞと。これでお客さんがもっと僕らに思い入れを持ったら、ひとつのかたまりとしてこのバンドは面白い見え方をしてくるんじゃないかなと思っています。

藤木作曲に関しても自分たちなりのやり方が見えてきて、1日スタジオに入るだけでもずいぶん形になるようになってきましたし。

ナカヤマ:本来、ギタリストに物申すのって結構ハードルが高いんですけど、このバンドにおいては寛茂が1番歳下なので、それで曲がすごく作りやすいのはありますね。

美登:確かに。メインコンポーザーに意見しやすいのは進めやすい。

塔山1年経ってなくてライブと作曲のチームワークがここまで取れてるのはすごいなと思いますね。客観的に見て。

──バンドとしてまとまりつつあるわけですね。

美登:そうですね。関係性としては。音楽的にはまだまだ目指せるところがあると思ってますが。

ナカヤマ:やりたいことはいっぱいあるんですけど、今その土台作りをここからやっていく感じですね。それが今回のアルバムに出てると思います。すごく1stアルバムっぽいアルバムになったなーと。

塔山音源で知ってくれたお客さんにはライブに来て欲しいし、ライブに来てくれてるお客さんにも音源聴いて欲しいです。どっちの良さもあるので。レイジって出だしは念頭にあったけど、4人でやっていくうちにだんだんZantöの音になっていってるんじゃないかな〜と僕は思ってますけど。

ナカヤマ:そうだね、「Zantö」になりつつあるね。今俺らがこの音楽をやれるのは面白いと思いますね。20年前はやってた人たちいたけどほとんど死に絶えたので...

塔山だからまだ今も仁王立ちで立ってる来門さんたちとやれるのはすごく楽しみですね。僕、来門さんに言いたいことあるんですけど、ROSと対バンした時に打ち上げですごい話しかけてきてくれて。めっちゃ良かったよ! みたいな感じで。それで、外人の、バイクのロードレースの選手のなんとかかんとかガブリエル? にめっちゃ似てるよ! そのものだよ! みたいに言って握手とかハグとか求めてくるんですけど、どう考えてもお前の方が外人だろ! と(笑)。その時はありがとうございますとか言ったと思うんですけど、家帰って調べたら思いっきり外人なんですよ。いやいや、どっちかっていうと先輩の方が外人ですよ、と、次のLOFTの対バンの時は伝えたいですね(笑)。ほんと、それだけは言いたい(笑)。

一同:(笑)

フライヤー).jpeg

「僕らの関白宣言」

──7月19日に新宿LOFTで開催されるSMORGASとの対バン「昇るロック」はどんな1日になりそうでしょうか。

ナカヤマ:音源が出て初めての東京のライブで、かつチケット代が1000円っていう設定にしてもらっているので、ありがたいですね。今までのライブともまた違った、ちょっと安っぽい言葉になっちゃうけどネクストステージのライブになるんじゃないかなと思っています。

美登:ほぼレコ発ですからね〜。

塔山しかもSMORGASとはある意味目指しているところが似てるじゃないですか。そことやれるっていうのはすごく敵! って言う意味でもすごく味方! って言う意味でも楽しみなんですよ。目指してるところが似てるからこそ本気でぶつかりたいし一緒にやれるのも嬉しいですね。

藤木アルバムの曲を楽しみにしてきてくれる人もたくさんいると思うんですけど、それだけじゃないぜっていう準備はしてるので、また次に向けて期待してもらえるようなライブに出来ればと思ってます。

美登:僕らなりの関白宣言を皆さん是非、お聴きください。

ナカヤマ:関白宣言て(笑)。関係ないやん(笑)。

塔山関係ないけどなんかいい(笑)。フレーズが(笑)。最後シンペイさんまとめてください。

ナカヤマ:僕らの関白宣言です(笑)。

このアーティストの関連記事

LIVE INFOライブ情報

2018.7.19(木曜日)

新宿LOFT

タワーレコード新宿店&新宿LOFTコラボ企画 『昂るロック』

OPEN 19:00 / START 19:30

ADV¥1000 / DOOR¥未定(DRINK代別¥600)

出演

SMORGAS / Zantö

 

[発売]

PIA・LAWSON・eplus・LOFT・ タワーレコード新宿店

6/9〜 ●Pコード:119-473 / Lコード:76334 

haku
lpo