Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー999999999(Rooftop2018年6月号)

できることを自然にやると自然にミクスチャーになっていく

2018.06.01

バンドの目標

 

——今後のバンドの目標とかある?

RYOCHI俺が最初、皆に掲げたのはFUJI ROCKに出たいってのと海外でやりたいってことですね。もちろんそれを達成したら終わりってわけじゃなくて、FUJI ROCKとか海外でやれるバンドになるってことです。終着点でなくそこを通過できるようなバンドになること。

——この前のライブSMORGASの来門君もノリノリで見てたよね。

RYOCHI来門さんは初めてSMORGASのPVを見たときから、良い意味で何も変わってないですよね。

YAMAUCHIそれぞれ目標は違うと思うんですけど、個人としては、長く続けたいなってことですね。このバンドを長く続けてく中でどう変化してくかってのは興味があるし、生活とバンドを長く両立していきたいです。

RYOCHI僕らは、仕事をやってるのは悪い意味じゃなく武器だと思いますね。

UC僕は自分で音楽の会社をやってるんですけど、若いころからずっと、プレイヤーでやっていきたいってことは思っていて。それから裏方に回って音楽を作ってたんですけど、今プレイヤー熱が強くて、このバンドをきっかけに自分でやってる音楽は人に任せて、プレイヤーとしてバンドでやっていきたいなと。

VOLT恥ずかしくなりますけど、まだ自分は何もわからないんで…。

RYOCHI照れてるねぇ(笑)。

VOLTバリバリ照れますよ(笑) 。…モデルとかいろいろやってる分、舐められたくないです。

RYOCHIそれは皆、共通してるかも知れませんね。結局そういうシンプルな動機って一番強いですもんね。

——ロックってそういうものが一番大事だよね。

RYOCHI皆が言った目標が仮に達成できなくても、俺たち最高だとか舐められたくねぇってのを思っていればそれだけでも良いかも知れないですね。

——Rooftop読者に何か一言あれば、VOLT君。

VOLT…。

YAMAUCHIまた照れちゃって(笑)。

RYOCHI『9vement』って999999999とmovementをダジャレ半分で付けたんですけど、俺らが有名になりたいというよりは、周りにいる奴らと全員でめちゃくちゃできたらなと思います。

——こういう時代だからハードコアでもパンクでも何か仕掛けられる時代だからね、是非ライブにも来てほしいよね。

YAMAUCHI:僕らの強みはライブなので、是非現場に来てもらって僕らがどういうバンドなのか知ってもらうのが一番ですね。

RYOCHIそれで皆で『9vement』できたら最高です。


999999999
are
vocal.VOLT
guiter.UC
bass.RYOCHI
drum.YAMAUCHI
haku
lpo