Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビューSMORGAS×Zantö (Rooftop2018年5月号)

2018年は新たなるミュージック・シーンの幕開け。その最先端をゆく2バンドの夢の対談、ここに実現!

2018.05.01

ロックの根源はファック?

柴本もう皆さん10年、20年近くミュージシャン選手なわけですけど、例えば当時のファンの子達とかってさすがに離れちゃってる子もいるだろうし、逆に新しい若いファンがついたりすることもあると思うのですが、そういう時に作る楽曲とかライブの仕方とか、そこに対しては全くブレない感じですか?

SENSHO:お客さんが変わっても楽曲は変わらないと思いますけどね。お客さんとの接し方は変わってくる部分もあるかもしれないけど。

来門SMORGASはまたいろんな楽曲やってるからね。ミクスチャーなんですけどいろんなものに挑戦しているので。

SENSHO:若い世代に向けて何かを作るっていう感覚でもないし、若い子たちと感性は違うだろうけど音楽を通して繋がり合えるだろうと思っているので。

柴本サウンドっていうのはある程度リバイバルがあると思うんですが、リリックとか歌詞とかってその時に思ったことをしたためたり訴えたりとかするじゃないですか。歳を重ねてキャリアが上がってきたりするとまた感じるものも違ってきたりすると思うのですが。

来門そう思うでしょ? それがまた全部ぶっ壊れた時に全て、ファックだ! に戻るんだよ。みんながいるからちゃんといい歌うたおう、って綺麗な歌を歌おうとするけど、それがぶっ壊れるわけですよ。そうするともう、ファーーーーーック! ってなります。ロックの根源はファックですから! そこにまた戻れて嬉しい。

SENSHO:おかえり(笑)。

柴本Zantöはそこのところどうですか?

ナカヤマそうですね…僕は、もうファックは捨て去りましたけど…(笑)。いわゆるミクスチャーって言われているものを怒りでやるのって、ちょっと俺らがやるのはリアリティないなって。画家の山口晃さんが、「絵に何かメッセージ込めてるんですか? ってよく聞かれるんですけど、メッセージがあるんだったらプラカードに書くのが一番いいので、絵は絵です。」って言ってて。音楽もまさにそれだなと思うんですよ。僕が歌詞を書いてるんですけど、あまりメッセージに引っ張られたくもないかなと。

来門 Rage Against The Machineとかはもう政治の怒りとかが前面に出てたけどね。でもそういうのは今の日本ではちょっと難しいよね。もちろんやってる人たちもいると思うんだけど。

 

『CONNECT歌舞伎町』のコンセプト

—今回、『CONNECT歌舞伎MUSIC FESTIVAL』にSMORGASもZantöもご出演いただきます。このような街ぐるみのサーキットフェスについて、演者側である皆さんはどう思いますか?

ナカヤマ誘ってもらって嬉しかったし、俺たちみたいなおっちゃん枠をフィーチャーしてくれてありがとうと…。

SENSHO:まだおっちゃん枠じゃないじゃんー(笑)。

ナカヤマでもやっぱりフェスって、本来は若い子らが明日に向かってやってるものじゃない?

来門いや! だめだ! それじゃだめだ! もう明日はないっていうおじさんたちが大暴れしないと! 死ぬ際! 背水の陣!

一同:(笑)。

ナカヤマそうだね(笑)。でも本来はサーキットじゃなくて、ライブハウスの単発とか自分たちの企画とかでそういう、「死ぬ際生き際」みたいなものを見せるものだけど、サーキットっていうものに呼んでもらって、みんなでよーいどんでやれるのが嬉しいなと。

SENSHO:逆に柴本さんはどんな意図でこのフェスをやってるんですか?

柴本コンセプトは、平たく言うと町興しです。歌舞伎町のなかにライブハウスってたくさんあって、しかも日本のロックシーンを支えているライブハウスがたくさんあって、この音楽というエンターテイメントを、街の資源にしようと。例えば歌舞伎町はゴジラのビルができてから映画の街としての一面を持つようになったし、もちろん風俗もたくさんあって、飲食店もたくさんある。でも、もともと70年〜80年代頃の歌舞伎町はディスコが80軒あったり、LIQUID ROOMがあったり。クラブだったらclub complex CODEっていう2000人くらい入る大きいところがあって、新宿はかつて音楽カルチャーを発信する最前線だったわけです。それが石原都知事以降、残念ながらトーンダウンしちゃっている。競うわけではないですが、シーンの中心が渋谷にいったり下北沢にいったり。振り返ってみれば歌舞伎町は音楽が得意な街だったはずなので、これをもう一度作り直そうよ、ということなんです。果ては、音楽だけにとどまらず、これを一つの切り口として街の発展に貢献することができないかなというのがイベントを主催した意図です。もうひとつは、これは言わばライブハウスのショーケースなんですよ。僕はイベントのオーガナイザーだけどブッキングには一切タッチしていなくて、各ライブハウスに全部お任せしてます。予算は決まっているんですけど、「皆さんが一番かっこいいと思うバンドを呼んでください」ってお願いをしていて。ということは、各ライブハウスが一番プッシュしたいサウンドや、応援したいアーティストが必ずラインナップに入っている。外から見れば、どのライブハウスがどんなサウンドを推しているのかわかるようになっていて、つまりショーケースにもなるんですね。さらに、このイベントを体験してくれたプロモーターやアーティストがもっと歌舞伎町でライブをやろうかなって思ってくれたら、歌舞伎町への新たな投資が生まれるわけです。って、ちょっと堅苦しいこと言っちゃいましたが、内容としては楽しいことやろうぜ! ってことです(笑)。

来門楽しませていただきます!(笑)。

SENSHO:でも呼ばれたってことはね。今ライブハウスが推したい側にいるってことだと思うと嬉しいですね。

メイン|Zantö .jpeg

このアーティストの関連記事

SMORGAS 『NEUBLU』

on sale!!

1.HIT THE GROUND
2.WALK ON WAY
3.IT'S THE SHOW TIME feat Kj , H ZETT M , DJ MASS , 前田サラ
4.GOING TO HIGHER LEVEL
5.DRIVE OF ANGER
6.DESPERADO feat.餓鬼レンジャー
7.EASY RUN 8.POWER OF LOVE feat さかいゆう
9.INTO ENDLESS SUMMER
10.RETURN OF RIDER

Zantö 1st EP [Zantö]

on sale!!

1. LIFE OF ZANTO
2. DON'T THINK DON'T FEEL
3. HEISEI HALLELUJAH

LIVE INFOライブ情報

CONNECT歌舞伎町MUSIC FESTIVAL 2018

2018年5月13日(日)

東京都 新宿BLAZE / 新宿LOFT / 新宿MARZ / 新宿Motion / Marble / 新宿 RUIDO K4 / Zirco Tokyo / 新宿SAMURAI / 新宿ACB HALL / クラブ 愛本店

OPEN 11:00 / START 12:00 / END 22:00(予定)

<出演者>

I Don't Like Mondays. / ANABANTFULLS / アフロマンス / arko lemming / ank / IIVU / yeti let you notice / Yellow Studs / イギリス人 / 石野卓球 / INKYMAP / WoWキツネザル / Amy / Emily likes tennis / 大森靖子 / 音の旅crew / ONIGAWARA / オワリカラ / KAZUHIRO ABO / 彼女 IN THE DISPLAY / KIMONOS / 999999999 / King Gnu / Koochewsen / GOOD ON THE REEL / GOODWARP / GRASAM ANIMAL / CRCK/LCKS / GRAND FAMILY ORCHESTRA / GEZAN / KenKen(DJ) / KOKI(ex. INKT、ex. KAT-TUN) / 壊れかけのテープレコーダーズ / ザ・マスミサイル / 39degrees / The Cheserasera / The Cynical Store / 佐武宇綺9nine) / THE TOKYO / THE TOMBOYS / XANADU YOUTHZ / THE NOVEMBERS / 左右 / ザ・ラヂオカセッツ / THE LITTLE BLACK / Sunrise In My Attache Case / Zanto / SECRET 7 LINE / the shes gone / SHISO / 椎名ぴかりん / SHIT HAPPENING / 新世紀えぴっくすたぁネ申 / SuiseiNoboAz / SUSHIBOYS / STUNNER / STANCE PUNKS / SMORGAS / THREE LIGHTS DOWN KINGS / セクシーパンサー / 絶叫する60度 / SEVENTEEN AGAiN / Sentimental boys / 台風クラブ / Kentaro Takizawa / w.o.d. / DALLJUB STEP CLUB / zwei / DJ Shu-ma / DJゆうたむ / THIS IS JAPAN / DE BESO / deronderonderon / TENDRE / TENDOUJI / TOYBEATS / 突然少年 / トリプルファイヤー / ナードマグネット / 鳴ル銅鑼 / 軟式globe。'12 / Newspeak / Burgundy / バレーボウイズ / 羊文学 / ヒトリエ / 日向文 / ピンクシガレット / 豚乙女 / ベッド・イン / べランパレード / PENGUIN RESEARCH / マイアミパーティ / majiko / MASS OF THE FERMENTING DREGS / MADKID / 松村宗亮 / Muff / 丸省 / MISTY / 密会と耳鳴り / MUGAMICHILL / むぎ(猫) / mekakushe / メメタァ / memento森 / MELT-BANANA / 桃色ドロシー / ユタ州 / YOKOYURE / 弱虫倶楽部 / Large House Satisfaction / RikyU / Re:Turn / RYOHU / Lucie,Too / 0.1gの誤算 / LEGO BIG MORL / ROTH BART BARON / Wanna-Gonna

haku
lpo