Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビューAA=(Rooftop2018年4月号)

キャリア初のベストアルバムは最新形のAA=

2018.04.01

普段のアルバムツアーでは見れないライブ

 

——上田さんにとって下北沢SHELTERや新宿LOFTってどんな印象がありますか?

上田:新宿LOFTは憧れでしたね、やっぱり。小僧の時から、ここでライブをやりたいって思いはありました。だからやれたときは嬉しかったし、初期の頃はホームのようによくやってました。横浜ではあまりやってなくて、新宿LOFTをメインでやってたぐらいですね。SHELTERは新宿LOFTの持つリアル感が受け継がれているんだけど、よりハードコアだし、下北沢っていう土地柄もあって。なかなかそういうものを感じれる場所は少なくなってきてると思うので、なくてはならない場所じゃないですか。

——トイレも洋式になりましたし。

上田:大ニュースですよ、周りはざわつきました(笑)。おめでとうございます。

——小滝橋の新宿LOFTでの思い出やエピソードが何かあったら教えてください。

上田:お客さんで見に行ったりもしてるし、自分の中では青春のイメージですね。LOFTって思い出すのはやっぱり小滝橋のほうなんで、記憶は消えないですね。アナーキーの茂さんとかスターリンのミチロウさんに会ったのも小滝橋のLOFTですし。自分がライブを始めた当時も小滝橋の記憶ばかりなんで。

——今回のツアーは新宿LOFTのワンマンライブを含む5箇所のツアーで、楽しみにしている人もたくさんいると思います。意気込みを教えてください。

上田:『(re:Rec)』というアルバムを出したので、10年分のAA=をまんべんなくやっていきたいなと思います。普通、アルバムツアーはそのアルバム中心でやりますが、そういう意味では今回はベスト盤なんで、1つのアルバムに縛られることなく自由にやりたい曲をやっていきたいです。なので新鮮ですね。普段のアルバムツアーでは見れない、そんなツアーにしたいと思ってます。

——最後になりますが、今回のベスト盤『(re:Rec)』を待っているファンにメッセージをお願いします。

上田:今の、最新形のAA=がパッケージされてるのでオリジナルを聞いてきた人も新鮮に、ある意味新曲のように聞けるアルバムになっているので楽しんでください。そして一緒に暴れましょうという感じです。
 

ライブ写真2.jpg

このアーティストの関連記事

『(re:Rec)』

発売日:2018年4月4日(水)
品番・価格:VICL-64965
¥3,000(税抜)
内容:CD(1DISK)

01. LOSER
02. 2010 DIGItoTALism
03. posi-JUMPER
04. KILROY WAS HERE
05. WORKING CLASS
06. GREED…
07. Such a beautiful plastic world!!!
08. HUMANITY2
09. ROOTS
10. meVIR
11. sTEP Code
12. The Klock
13. STARRY NIGHT
14. WARWARWAR
15. DREAMER
16. 4 leaf clover
17. ALL ANIMALS ARE EQUAL
18. FREEDOM
19. PEACE!!!

LIVE INFOライブ情報

AA= TOUR OIO 2018

 AA=(Takeshi Ueda and Takayoshi Shirakawa,Minoru Kojima,Nobuaki Kaneko)  

2018年5月2日(水) 新宿LOFT

2018年5月5日(土) 心斎橋JANUS

2018年5月13日(日) 仙台MACANA 

2018年6月8日(金) 福岡LIVEHOUSE 

2018年6月10日(日) 名古屋UPSET 

 
haku
lpo
lpo