Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー空きっ腹に酒(Rooftop2018年4月号)

11年目の空きっ腹に酒が踏み出す新たな一歩!

2018.04.01

 昨年、バンド結成10周年を迎えた空きっ腹に酒。さらなる進化を遂げるため、彼らが選んだのは、自主レーベル「酔犬(スイケン)レーベル」設立。さらに会場限定シングル『酔.ep(スイイーピー)』のリリースとそれに伴うツアーの開催も立て続けに発表。
 自らのプロデュースやマネジメント、そしてライブのブッキングも自分たちですることを選んだ彼ら。11年目も大人しくするつもりは毛頭ない。そんな新生・空きっ腹に酒の第一声をここに![interview:松本尚紀/平松克規(Loft PlusOne West)]

会場限定シングル『酔.ep(スイイーピー)』をリリース!

――会場限定シングル『酔.ep(スイイーピー)』のリリースおめでとうございます。これまでのアルバムとは少し趣の違うタイトルですが、それはなぜなんでしょうか?

幸輝(Vocal):これまでのタイトルは全部ボクがつけてきたし、今回も絶対に自分でタイトルをつけたかったんですけど、今回はシンディが考えて……。

シンディ(Bass):実質ね。

幸輝アルバムは全曲通した印象でタイトルにしてたんですけど、シングルってなると難しかったんです。リード曲をタイトルにするのは、全然面白味がない。じゃあ、その曲の歌詞から取んのかってなったら、他の2つは違う印象の曲やからシングルを表す一言にならない。ボクが勝手に作った日本語って縛りの中で、単語じゃなくてある程度文章になるものってなると、なかなか無くて……。

シンディ:メンバーには明確に喋ってなかったんですけど、ボクはコンセプトを持ってやりたかったんです。11年目の1枚目のシングルで、「酔犬レーベル」っていう名前のレーベルも作った。だから今年の漢字じゃないですけど、「バンドを一文字で表したら何か?」って考えてたんです。空きっ腹に酒は、名前的にも人間的にも酔っ払ってると思って、「酔」っていう一文字が似合うかなと。

――以前のインタビューで、「どの曲をやっても空きっ腹っぽくなってしまう」と仰っていて、それを克服するには「苦手なことをする」と答えていましたよね、今回はなにか苦手なことに挑戦しましたか?

シンディ:ボクら、前の自分たちをアップデートするっていうことが、ちょっと苦手やったんですよ。

西田(Guitar):新しいことばっかりに取り組もうとしちゃってね。

シンディ:そう。でも最初の2曲は、『粋る』のリードトラックのアップグレード版みたいな位置付けだと思うんです。前の自分たちをアップデートできたんで、それはすごい良かったなと。

幸輝こういう話してると、『粋る2』を作ったと勘違いされるんですけど、そうじゃないんですよ。みんなが『粋る』を聴いた時に、「あっ、これ好きやわ」って思ってくれた感覚をもうちょっと成長させたかったんです。だから別物っていったら、別物なんですけどね。

――いのまたさん的に、今回苦労したところはどこですか?

いのまた(Drum):そうですね……。これ、あんまり“あれ”なんですけど、一番“あれ”やったんは。入る曲が完成したのがギリギリ過ぎて、練習期間がないままレコーディングしたことですかね。まぁ、あんまり“あれ”な話なんですけど。

幸輝“あれ”って何やねん。

一同:

シンディ:でも、いのまたがおらへん時に、レコーディングエンジニアが「いのまた、成長したな」って言ってたんです。ボクらはあんまり認めたくないので、「うん」とは言わなかったですけど……。

幸輝というか、ライブで同期を使うようになって、クリック聴きながらドラムを叩くことが増えたから、単純にそれに慣れただけじゃない? ただ、それだけ。

一同:

いのまた:でも今までの作品では、難しいところを「ちょっとここ簡単にしといたろ」ってことを結構してたんです。でも、今回は難しいフレーズを難しいままやってるから、勉強になりましたね。大変やったけど。

幸輝それ、今までの作品ディスやからな。

一同:

いのまた:でも再現できなかったら、意味ないですからね。

――確かに……。

いのまた:ボク、自分の限界を見極める能力が高いんです。

 

このアーティストの関連記事

『酔.ep』

発売中
¥1,000 (税込)
SKLB-0001 | 酔犬レーベル

01.血が走るのがわかった
02.グッドラック飢渇
03.Raw Like Sxxt! feat.森心言

LIVE INFOライブ情報

2018年5月10(木)

空きっ腹に酒「酔.ep」リリースツアー 打ち上げ!?トークライブ!!

会場:ロフトプラスワンウエスト

OPEN 18:30 / START 19:30

前売り ¥2,000 / 当日 ¥2,500(飲食代別)※要1オーダー¥500以上

前売券はライブ会場手売り、e+、ぴあ、ローソン。ロフトプラスワンウエスト電話予約にて4/1(日)10時発売開始!

ロフトプラスワンウエスト電話→0662115592(16~24時)

※ご入場は手売り番号順→各プレイガイド並列番号順→ロフトプラスワンウエスト電話予約→当日の順となります。

【出演】空きっ腹に酒

 

 

空きっ腹に酒 会場限定シングル「 酔.ep 」リリースツアー

■ 3/16 (金) 名古屋 CLUB UPSET open 18:30 / start 19:00 前売り¥2,800 (1ドリンク別) w/パノラマパナマタウン / the twenties

■ 3/23 (金) 新潟 CLUB RIVERST open17:30 / start18:00 前売り¥2,500 (1ドリンク別) w/ プププランド / SPARK!!SOUND!!SHOW!! The Songbards / FORCETICKS / ザ・ジュアンズ

■ 3/24 (土) 秋田 LOUD Affection open17:30 / start18:00 前売り¥2,200 (1ドリンク別) w/ プププランド / The Songbards / tonetone / ヒト×ヒト

■ 3/25 (日) 仙台 FlyingSon open17:30 / start18:00 前売り¥2,200 (1ドリンク別) w/ プププランド / The Songbards / tonetone / 勃発

■ 4/1 (日) 東心斎橋 CONPASS (※SOLD OUT) open18:00 / start18:30 前売り¥2,800 (1ドリンク別) w/ ニガミ17才

■ 4/14 (土) 札幌 Bessie Hall open18:00 / start18:30 前売り¥2,800 (1ドリンク別) w/ THE BOYS&GIRLS / DOUBLE SIZE BEDROOM

■ 4/21 (土) 広島 BACKBEAT open18:00 / start18:30 前売り¥2,800 (1ドリンク別) w/ ベランパレード / フィッシュライフ / 南風とクジラ

■ 4/22 (日) 福岡 UTERO open18:00 / start18:30 前売り¥2,800 (1ドリンク別) w/ ベランパレード /シンガロンパレード / about a ROOM

■ 4/29 (日) 渋谷 TSUTAYA O-nest open18:00 / start18:30 前売り¥2,800 (1ドリンク別) w/ Tempaley / 森心言(Alaska Jam / DALLJUB STEP CLUB)

 
haku
lpo