Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー密会と耳鳴り(Rooftop2018年3月号)

鋭利なリリックを武器に狂い咲くバイオレンスパンク!

2018.03.01

いまの自分らを全部出せた『NEW』

──楽曲のクオリティも演奏力も高いし、今回のレコーディングはご自身としてもかなり納得のいくものになったのでは?

ちゃこ:いまの自分らは全部出せたと思います。現状これなんや、っていうのは。でも、これがめちゃくちゃサイコーです! これが人生でいちばんだ! みたいな感じではないですね。その意味ではまだまだこれからだと思ってます。

──だけど、無料配布されたオムニバスサンプラー『下北沢SHELTER ガールズコレクション2018』のなかでも存在感はズバ抜けているし、この圧倒的な異色さやトチ狂った感じは大きな武器だと思いますけどね。

ハセ:オムニバスサンプラーを自分らで聴いてもヘンなバンドやと思いますからね(笑)。

──あのオムニバスサンプラーに参加している他のバンドと比べて、自分たちの特性はどんなところだと思いますか。

ちゃこ:曲が圧倒的にかっこいい。自分で言うと恥ずかしいけど(笑)。

ハセ:あと、メロディと歌詞が覚えやすい。

ちゃこ:リフもめっちゃかっこいい。

よね:ガールズ感がないかなって思います。いい意味で。

メル:女のくせにパンクをやるなんてめっちゃおもろいと思いますね。

──パンクといえば、密会と耳鳴りはバイオレンスパンクなる音楽を標榜されているそうで。

ちゃこ:自分たちでずっとバイオレンスパンクを名乗ってやってきたんです。

ハセ:うちらってジャンルで言ったら何やろ? って話になって、「ロックでキャッチーな変態的野性的美少女的No Ladyバンド」とか長い文章を使ってたんですよ(笑)。

ちゃこ:それを一言にするとバイオレンスやろってことになって、バイオレンスパンクを名乗ることにしたんです。ファンのこともバイオレンスキッズって呼ぶことにして。

ライブ写真 ちゃこ ソロ_8838.jpg──いまさらですが、密会と耳鳴りという風変わりなバンド名はどんな経緯で名づけられたんですか。

ちゃこ:その前にやってた失禁少女っていうバンドから大人になった感じや怪しさを出したくて、「密会」っていう言葉をまず選んだんです。「耳鳴り」は語呂の良さですね。

よね:最初は「耳鳴り」がいいと思ってたんですけど、そういうバンドがすでにおったんですよ。でも「密会」もいいし「耳鳴り」もいいから、くっつけようと思って(笑)。

ちゃこ:あと、略したときに「みみみ」って「み」が3つになるんですよ。略したときに言いやすいっていうのがいちばん大きかったです。

──なるほど。そんな風変わりなバンドの名前が徐々に浸透しているのを感じていますか。

ちゃこ:まだまだやなぁって思いますね。まだライブで行けてない所もけっこうあるし、ツアーもほとんど回ったことがないので。このアルバムのツアーで初めて行く所もあって、ホントにここからやなって感じなんですよ。

──目下、いちばんの目標は何ですか。

ちゃこ:ワンマンをソールドアウトしたいですね。

よね:去年はワンマンもどきを大阪でやったんですよ。失禁少女と密会と耳鳴りの2マンっていう形で。それは実質的にワンマンなんやけど2マンにしたので、今年はちゃんとしたワンマンをやりたいですね。

──せっかくのメンバー勢揃いなので、『NEW』の聴きどころをお一人ずつ聞かせていただけますか。

ハセ:いままでのアルバムに入ってないような曲がいっぱい入ってるんで、そこはじっくり聴いて感じてほしいですね。それまでのみみみと『NEW』のみみみの違いを。

よね:いままでの密会と耳鳴りのいいところも残しつつ新しいこともやっているし、むかしからのお客さんも新しいお客さんも聴いて楽しいと思うんですよ。「ぴっぴちゃん」みたいにいままでやってこなかったような曲も入っているので、それをどんなふうに聴いてくれるのか、反応が楽しみです。

メル:ちゃこが書く歌詞って女子の本音の本音やと思うんで、男性はこのアルバムを聴いて学んでほしいし、女性は「そうやな!」って共感してもらえたら嬉しいですね。ライブで盛り上がれる曲を選抜したつもりなんで、ぜひ聴き込んでもらって、ライブで一緒に盛り上がれたらいいなと思います。

ちゃこ:歌詞がいかにも私! って感じなので、私自身を感じてほしいです。あと、今回はコーラスがけっこう入ってるのがいままでと違う部分なので、そこも聴きどころのひとつですね。ずっと守ってきたキャッチーさを残しながら、真っ白なところからバンドを始めたいという気持ちで今回のジャケットをあえて白にしてもらったんですよ。真っ白な気持ちで自分たちとは何者なのか、バイオレンスパンクとは何なのかを突き詰めたアルバムなので、ぜひ聴いてほしいです。

──なるほど。他に何か言い残したことはありますか。

ちゃこ:バンド売れたい。売れて豊胸して整形するのが夢です(笑)。
 


このアーティストの関連記事

NEW

2018年3月14日(水)発売
¥1,852円+税
SHELTER UNITED SHLU-1

【収録曲】
01. チャラ男まじファッキンビッチ
02. バンド売れたい
03. ぴっぴちゃん
04. ドタキャン
05. 君にハレーション
06. またね、なわけないさようなら

LIVE INFOライブ情報

密会と耳鳴り『NEW』Release Tour 〜LOVE CHU NEW♡ 今年こそバンド売れたい〜
4月14日(土)大阪Live House Pangea【with:Unblock / The Chorizo Vibes】
4月21日(土)福山Cable
4月22日(日)高松TOONICE
5月10日(木)仙台FLYING SON【with:指先ノハク】
5月11日(金)盛岡The five morioka【with:指先ノハク】
5月17日(木)福岡LIVE HOUSE Queblick
5月18日(金)小倉FUSE
5月19日(土)岩国club LOUDSTAR
5月25日(金)下北沢SHELTER
6月1日(金)名古屋CLUB Zion【with:指先ノハク】
6月22日(金)大阪Live House Pangea【ファイナル・ワンマン】

雌猫乱心!戦慄の雛祭り
2018年3月2日(金)新宿LOFT
with:キノコホテル / 浜崎容子 / ヒミツノミヤコ / ホノオミカ / 絵恋ちゃんと楽器 / 他

見放題東京2018
3月3日(土)
会場:新宿LOFT / 新宿LOFT BAR / 新宿MARZ / Shinjuku Live House Marble / 新宿Motion / ACB HALL / RUIDO K4 / Zirco Tokyo / 新宿SAMURAI / SHINJUKU HOLIDAY
OPEN 11:30 / START 12:00
全会場自由 ¥3,800 / 入場時ドリンク代別途必要(600円)

haku
lpo