Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー鳥居真道(トリプルファイヤー)×張江浩司(ハリエンタル)(Rooftop2018年2月号)

トリプルファイヤー・リズムアナトミー

2018.02.01

二人の中の音楽を聴くポイントとは

—音楽を聴いた時に注目する部分は?

張江:俺は細かくなっている音かもしれないですね。カッティングとかハイハットとか。で、その次に細かくなっている音が聞こえてきて。スネアかバスドラか。聴きたいのはそういう細かい音の関係性ですかね。

鳥居:フレーズの前後関係というか、キックとスネアの間や、その間に他の楽器がどう絡んでいるかとか。リズムの形ですよね。

—やはりリズムは関わる部分もありますね。グルーヴ感というか。

張江:バンドって、めちゃくちゃ良いリズム感を持つドラマーが一人がいたとしても意味がない。最高なドラマーがいても他のメンバーと合わなければ、意味ないというか。バンドでやるんだったら、アンサンブルの問題があって。

鳥居:だから、生かすも殺すもベース次第というところがありますもんね。

張江:ということで、次回のイベントでは各パートを呼んで、アンサンブルの話をさせていただきます。

—最後に、イベントに来ていただけるお客さんに一言お願いします!

鳥居:容赦しないつもりでいます。でもそれは僕らなりのサービス精神ですよ。

張江:わからないことがあればググっていただいて。変にわかりやすくしようとするのもお客さんに失礼なんで、全力で行きます!

 

 

 

 

このアーティストの関連記事

LIVE INFOライブ情報

2018年2月6日(火)

「トリプルファイヤー・リズムアナトミー vol.2」

【出演】鳥居真道(トリプルファイヤー)【司会】張江浩司(ハリエンタル)

【ゲスト】新間功人(1983/トクマルシューゴ etc)、 西田修大(吉田ヨウヘイgroup etc)、シマダボーイ

会場:Naked Loft

OPEN 19:00 / START 19:30

前売2,000円 / 当日2,500円(税込・要1オーダー500円以上)

※前売りチケットはe+にて発売中

haku
lpo